【新車購入】ハイラックス購入価格・値引き内容を公開!紹介がポイント!

ハイラックス
記事の内容
記事の内容

新型ハイラックスの値引き交渉を紹介します!

・購入価格の実際は?

・いくら値引きできるの?

・すべては紹介からはじまります。

ハイラックス以外の新車購入でも参考になります。

あんこの美味しさが分かり始める、トリぞーです。

 

2017年から日本で販売されたトヨタ・新型ハイラックスの購入価格、値引き内容を紹介します。

ハイラックスって実際はいくら?

どんな値引きができるの?

と思っている方はぜひ!

ハイラックスじゃなくても新車購入の参考にどうぞ!

 

※内容は新型ハイラックスの中でも初期モデルのものとなります。

 

 

新型HILUX ハイラックス

 

新型ハイラックスは2015年にタイ、オーストラリアで販売開始となり、日本では2017年より販売開始となりました。

2017年以降、日本で新車として販売されている唯一のピックアップトラックです。

 

全長は5,335mm全幅1,855mm全高1,800mm

幅はとくに大きいと思わなかったのですが、とにかく長い

種類にもよりますが、ハイエースより長い

 

グレードは2種類、ZグレードとXグレードがあります。

カラーはどちらも「白・赤・シルバー・青・黒」があります。

 

それぞれの車体価格を紹介します。

車体価格のみなので、ここから税金等が追加されます。

 

Zグレード

Zグレードの車体価格は3,742,200円

装備は以下があります。

装備

・LEDヘッドライト、フォグライト
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートエアコン
・スマートエントリー&スタートシステム
・6:4分割チップアップリヤシート   

 

Xグレード

Xグレードの車体価格は¥3,267,000

装備は以下があります。

装備

・ハロゲンヘッドライト、フォグランプ
・マニュアルエアコン
・ワイヤレスキー
・一体チップアップリヤシート

 

 

新車購入価格

 

Zグレードの購入価格はトータル、4,105,904円。(値引き前)

400万円をこえます…。

 

販売店で目ん玉飛び出るかと思いました。

友人から「乗り出し価格は??」との質問に、

「乗り出し価格ってなに??」と聞き返すレベルだったので。

 

内訳はこんな感じ。

内訳

・車体価格   3,742,200円

・消費税       195,480円(税率おかしいけど)

・税金、保険料    168,224円

              合計:4,105,904円

 

いったん持ち帰り、自分流の見積もりを出すことに。

その合計金額は¥3,500,000 。

そして交渉の末、¥3,550,000 となりました。

         

                          

紹介が大切!

 

ここから購入価格が決まる値引き交渉に入ります

結論からいうと、値引きでいちばん大切なことは紹介です

 

友人・知人、ダレからでもいいので、店長を紹介してもらうのがベスト。

わたしの場合は嫁友人が販売店の事務をしており、近い販売店の店長を紹介してもらいました。

 

新車購入でもっとも値引きが効くのが車体価格からです

しかし、ハイラックスは台数も少なく競合するライバル車がないため、車体価格の値引きがあまりありません。

そこを紹介ということで、トヨタ社員より多い値引きをしてもらいました。(店長いわく)

 

        

値引き交渉

 

値引き交渉の結果、3,550,000円でハイラックスを購入することになりました。

555,904円の値引きです

その内容を紹介します。

 

車体価格

 

いろんなサイトで勉強した結果、

車体価格の値引きは10%引きできたら合格とありました

Zグレードでいうと目標値引きは-374,220円となります。

 

結果をいうと、この金額の値引きはできませんでした。

ハイラックスはライバル車がないらしく、-200,000円が限界とのこと

 

10%の値引きができるはず!との直接スタッフに伝え、

紹介ということもあり、車体価格から¥280,000円値引きすることができました。

Sponsored Links

トヨタ社員より多い値引率だそうです。

80,000円は店長を紹介してもらったことが重要だったと思います

 

 

税金・保険料等

 

税金・保険料等は交渉して値引きできるものではありません

しかし、この中には代行費用とつくものがあります。

いろんな手続きを自分で行うことで、費用をおさえることができます。

 

車庫証明手続代行費用納車費用がこれに当たります。

車庫証明代行費用は、自分で車庫証明の書類を作成・申請します。

 

納車費用は納車時、自宅に届けてもらうのではなく、販売店へ車をとりに行く

これで合計23,000円の値引きとなります

 

 

下取車査定料

 

これまで乗っていた車は20万㎞走っている軽自動車。

下取価格はもっとも安い金額がすでに決まっており、これが出せる限界だと言われました

 

ということは、査定する必要はないってこと。

交渉の末、-10,000円の値引き

 

 

付属品

 

車体価格のなかには、付属品というものがあります。

おもな付属品として、サイドバイザーカーナビフロアマット

 

サイドバイザーとは窓の上についている、雨が入らないようにするカバー。

これって付属品だったんですね…知りませんでした。

価格は55,000円

 

サイドバイザーが付属品と知り、街ゆく車を観察しました。

すると、高級な車ほどサイドバイザーはついてません。

 

サイドバイザーがない方がカッコよく見えてきて、見積もりからはずしました。

ここで注意点

 

スタッフいわく、サイドバイザーがないと雨の日にハンドルをきったら、どえらいことになるそうです。

購入して2年たちますが、サイドバイザーがなくて困ったことはありません

サイドバイザーは購入後でも取り付けることができます。

 

カーナビは知り合いが安いのをつけてくれるので、見積もりからはずしました。

カーナビ(モニター)をつけないとバックモニターが機能しません

ハイラックスにバックモニターは必須だと思います

 

フロアマットは購入しました。

 

 

ベッドライナー

 

付属品の中にはベッドライナーというものがあります。

ベッドライナーをつけることで、塗装まる出しの荷台をキズから防ぐことができます。

 

これも見積もりからはずしたのですが、後日スタッフから話を聞いたので紹介します。

 

 

その他

 

見積もり内容ではないですが、納車時ガソリン満タン希望ナンバー費用無料がありました。

代車2ヶ月以上無料(通常は1ヶ月程度)ってのも。

 

ガソリンに関してはハイラックスは軽油となるのでレギュラーよりは低価格になります。

しかし、燃費はそんなに良くありません。

ここがハイラックス購入にたいしてネックになる方が多いと思います

 

確かに良くはありませんが、決して悪いワケでもありません

 

 

おわりに

今回は新型ハイラックスの購入価格、値引き交渉を紹介しました。

まとめ

・店長を紹介してもらうことが大切。

・販売価格は4,105,904円

・値引き後の販売価格は3,550,000円

56万円の値引きができる

 

車は高価なぶん、いろんな方法で価格を下げることができます。

それにはやはり紹介が大切だと思います。

 

契約後はいろんな人に自慢しました。

30年乗りますよ!!と話すと「ガソリン車に乗ったら罰金!みたいな時代が来るかもね」

と言われ、黙り込んでしまいました。

 

ちなみに納車は早くても8ヶ月後です。※2018年現在

 

 

Sponsored Links

コメント