ハイラックスの車検費用を半減!ユーザー車検完全ガイド

記事の内容
  • ユーザー車検だと費用が半額!
  • 最安で27,700円で車検が可能
  • ユーザー車検の総額は37,140円
  • ユーザー車検の内容を詳しく紹介

こんにちは、ビールボーイです。

この記事は、ハイラックスの車検費に悩んでいる方に向けた内容です。

  • ハイラックスの車検費が高い…
  • 安くする方法ある?
  • ユーザー車検の方法を詳しく知りたい!

これらの疑問・要望に応えます。

なぜなら新車でハイラックスを買って6年、ずっとユーザー車検をしているからです!

記事を最後まで読むと、ハイラックスの維持費削減になりますよ!

女性でもできるで!

車検は人件費が高いんだよね

税金等は年数によって変化します。

目次

ユーザー車検でコスト削減!

ハイラックスに乗る上で、避けて通れないのが車検です。

一般的に車検は、ディーラーやカー用品店に依頼します。

しかし、業者に依頼すると、高額な費用がかかることが多い。

そんな中、コストを削減する方法の1つが「ユーザー車検」です

ハイラックスの車検は、1年に1回

できるだけ費用を抑えていきたいですね。

ユーザー車検の基礎知識

ユーザー車検は、自分で車の車検を行う方法です。

一般的な車検と比べ、コストが節約でき、車の理解を深める機会にもなります。

ユーザー車検に成功するには、車検の流れや必要な準備を頭に入れときましょう。

難しそうに感じますが、車に詳しくない方でも簡単にできますよ

ユーザー車検の大まかな流れ
  1. 車検の予約をする
  2. 車を点検する
  3. 必要な書類を準備する
  4. 車検を受ける

車検には、予約が必要です。

ネットで予約ができます。

車の点検は自分で行っても大丈夫。

自信がない方は、点検だけ業者に頼みましょう。

私もディーラーに頼んでます

書類の準備も簡単です。

事前に準備する書類は少なく、多くは当日に車検場で準備します。

最後に、車を自分でレーンに通して完了です。

ここが緊張する場面ではありますね。

大丈夫だけどね

ユーザー車検はコスト以外にもメリット

ユーザー車検のメリットは、やはりコスト削減です。

でも、もう1つ大きなメリットがあります。

それは、自分で乗って車検に持っていける

一見、デメリットに見えますが、これはメリットです。

私はよく知らない人に、自分のハイラックスを運転して欲しくありません

どんな荒い運転をするか、分からないですもんね。

汗とか気になっちゃう…

ユーザー車検にかかる費用

ユーザー車検にかかる費用を紹介します。

ユーザー車検の費用は、27,700円

費用は税金と手数料。

修理やパーツ交換が必要な場合は、別途費用がかかります

ユーザー車検費用料金
車検手数料2,600円
自賠責保険料16,900円
自動車重量税8,200円
合計27,700円
点検費等を含まない

ユーザー車検は最も安くて、27,700円で済みます。

通常はここに、点検費やオイル交換費用が含まれます。

通常かかるユーザー車検の費用

ハイラックスのユーザー車検は、最安だと27,700円。

通常は、ここらから点検費等が加わります。

私はディーラーで点検等をしています。

6年目のハイラックスで、ユーザー車検の総額は36,040円でした

ユーザー車検費の総額料金
税金・手数料27,700円
書類代行費1,100円
点検4,400円
オイル交換11,650円
割引−7,620円
合計37,140円

書類代行費は後で説明するで!

いつもの謎値引きです

業者に頼むと車検費用は2倍

ユーザー車検を行うと、しっかりメンテナンスをしても4万円以下です。

車検を全て業者に頼むと、いくらかかるのか?

初めての車検で、ディーラーに見積もりを出してもらいました。

車検費用は、10万円弱

車検の半分は手間賃なんですね。

ディーラーも正直に言ってくれました。

ディーラー

できるならユーザー車検がいいよ

ユーザー車検:ネット予約の方法

ユーザー車検は、まずネットで予約します。

アカウントが必要なので、登録しましょう。

車検証を準備してね

STEP
予約をクリック
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

予約をクリックします。

STEP
継続検査にチェック
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

チェックを入れます。

初めての車検でも、継続検査です

新規検査は、納車前に行う車検です。

STEP
中型車にチェック
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

ハイラックスなので、中型車にチェックを入れます。

ステップ3まで済むと、次へをクリック。

STEP
検査場を選択
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

検査場を選択します。

原則はどこでもできたような…

STEP
希望する日を選択
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

希望する日にちと、時間帯を選択します。

時間帯は、当日の混み具合で変化します。

できれば朝一がおすすめ。10時過ぎると混んできます。

STEP
車台番号を入力
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

車台番号を入力します。

番号は車検証に載っていますよ。

QRコードでも入力できますが、したことありません。

STEP
名前・電話番号を入力
自動車検査インターネット予約システムの予約画面

名前・電話番号を入力します。

遵守事項にチェックを入れ、確認をクリックして車検を予約。

予約完了まで確認しましょう

ハイラックスを点検する

ユーザー車検の前に、ハイラックスを点検しましょう。

点検の方法は、3つあります。

ハイラックスの点検方法
  • 自分で点検
  • 業者で点検
  • 点検しない

自分で点検

自分で点検ができれば、車検費のコストが抑えられます。

しかし、素人にはハードルが高いかも。

もし車検に通らなかったら、手間がかかります。

いくらコストが抑えられても、休みが1日減るのはイヤですよね。

私はできません!

業者で点検

点検のみを、業者に頼む方法もあります。

車検が通らなかった場合、もう1度車検に通す手間がエグい。

点検に自信がない方は、点検だけでも業者に頼む方がいいでしょう。

参考として、ディーラーでも点検費は4,400円です。

手間を考えると業者かな…

おすすめはディーラーで点検

私はディーラーで点検をしてもらっています。

ディーラーは高いイメージがありますが、実際はそうでもありません。

点検だけと言っても、一緒にオイル交換等をするのが通常。

点検だけだと4,400円かかりますが、コミコミだと割引が効きます

ある年は点検・オイル交換・アドブルー補充・ワイパー交換で、22,957円

しかし、割引が−12,457円

全部コミコミで、10,500円でした

もはやアドブルーとワイパーは無料です

点検しない

点検しない、という選択肢もあります。

乗用車の車検は、2年に1回。

なので、ハイラックスの点検も、2年に1回で大丈夫かなとの考えです。

ハイラックスの車検が毎年なのは、貨物車だから。

貨物車は重い荷物をたくさん積むことが前提なので、車検も毎年なのです。

一般的にハイラックスは、乗用車として乗りますよね。

普通に乗るなら、点検も2年に1回でいいのかな

車検に通れば、安全が保証されますもんね。

私は毎年点検していますが…

車検の通らないリスクがヤバい

ユーザー車検に必要な書類

ユーザー車検なので、検査に必要な書類は自分で準備します。

しかし、まったく大変じゃありません。

事前に準備する書類は少なく、ほとんどが当日に車検場で準備できます

事前に準備する書類

事前に準備する書類
  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険

通常は3つとも、車検証と一緒に保管されています。

この3つは受け取ったらすぐに、車検証と一緒に保管が基本。

書類ってめんどくさい

車検証

車検証は、準備するほどでもないですね。

常に車に載っているでしょう。

自動車税納税証明書

以前は必要でしたが、現在はオンラインで納税が確認できるので、原則は不要となりました。

しかし、念のタメ準備しましょう。

自動車税は基本的に、5月末までに納税します。

納税時の書類を、車検証と一緒に保管しましょう。

自賠責保険

事前に準備する自賠責保険の書類は、古いモノです。

令和6年2月に車検を受けるなら、期限が令和6年2月までの自賠責保険の証明書となります

これも車検証と一緒に保管しましょう。

当日に準備できる書類

当日に準備できる書類
  • 自賠責保険(新しいモノ)
  • 点検整備記録簿
  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 手数料納付書

当日に、車検場で準備できる書類です。

通常は窓口にあるので、必要事項を記入し、税金等を納めます。

自分で準備したことない…

行政書士事務所に代行してもらう

車検場には、行政書士事務所が入っています。

私は当日に準備する書類は、すべて行政書士事務所にお願いしています

予約は必要ありません。

いきなり事務所に入って、「車検の書類をお願いします」と伝えます。

その場で、自賠責保料と重量税を支払います。

15分くらいで書類が完成。

手数料は、別途1,100円かかります。

ユーザー車検で1番気を使うのが、書類の準備。

1,100円かかりますが、代行してもらう方がおすすめです。

ユーザー車検を詳しく紹介!

車検の予約、車の点検、必要な書類がそろったら、ユーザー車検の実践です。

できるだけ詳しく紹介します。

初めてでも大丈夫ですよ。

ユーザー車検の流れ
  1. 行政書士事務所で代行
  2. 窓口で受付をする
  3. レーンを通す
  4. 受付で書類を提出
  5. 車検証を受け取り終了

行政書士事務所で代行

福岡運輸局にはる行政書士事務所

まずは車検の受付の前に、行政書士事務所で書類を作ってもらいましょう。

時間は15分くらいで終わります。

手数料や税金も、ここで払います。

行政書士事務所はいくつかありますが、入り口から近いところに行っています。

手数料の違いがあるのかは不明!

代行だとお金はここだけですよ

窓口で受付をする

代行で作ってもらった書類一式を、車検場の窓口に出します。

ユーザー車検申請と書かれたトレイに入れるだけ。

分からない場合は、窓口のスタッフに聞きましょう。

スタッフのチェックが終わると、車検を通すレーンに並びます。

レーンが分からなかったら聞こうな

書類はクリップ等でまとめて提出しましょう

車検のレーンに通す

福岡運輸局の車検レーン

ここがユーザー車検のメインです。

一般の車検は、マルチの列に並びます。

ユーザー車検のポイントは、スタッフに「初めてです」と伝えること

順番が近づくと、スタッフに声をかけられます。

その際に、初めてであることを伝えましょう。

ベテランのスタッフが一緒にレーンを通ってくれるので、安心できます。

車検場側からしても、初めての場合は言ってほしいと思います。

車検は流作業なので、1人がつまると、後もつまってきて大変だから。

毎回初めてだと言っています!

STEP
書類をスタッフに渡す

順番が近づくとスタッフがくるので、書類を渡しましょう。

STEP
外回り検査

次にスタッフの指示に従い、車を操作します。

ウィンカー、ブレーキランプなど。

指示のスピードが早いので、落ち着いて操作しましょう。

フォグライトがどこか分かりませんでした。

ボンネットも自分で開けます。

スタッフの点検が終わると、自分で閉めます。

STEP
排出ガス検査

誘導に従い、車を止め外に出ます。

機械で排出ガスの検査。

特にすることはありません。

STEP
ブレーキ検査

指示に従い、ブレーキを操作します。

ポイントは、思いっきりブレーキを踏むこと

サイドブレーキも両手で力いっぱい引いて下さい。

電光掲示板に◯が出ると合格です。

STEP
スピードメーター検査

実際のスピードと、メーターに誤差がないかの検査です。

自分でアクセルをふみ、40km/hまで加速します。

40km/hになったらパッシングで合図。

STEP
ヘッドライト検査

光量と光軸の検査です。

指示に従い、ライトをつけます。

意外と×になりますが、検査は何回かあるので大丈夫。

1回でも◯が出ると合格です。

ヘッドライト検査は業者が点検してても、まれに不合格になるとのこと。

その際は車検場近くの業者に持っていきましょう。

近くの業者も調べておくといいですね。

同じ日に車検が通せますよ

STEP
下回り検査

最後に車の下を検査して終了です。

書類をスタッフに渡しましょう。

最近の書類は、機械でピッだけかもしれません。

窓口に書類を提出する

レーンと通したら、また窓口に書類を提出します。

スタッフが確認し、新しい車検証が発行されます。

最近の車検証は小さくなりました

まとめ

今回はハイラックスのユーザー車検を紹介しました!

  • ユーザー車検だと費用が半額!
  • 最安で27,700円で車検が可能
  • 6年目の車検費の総額は37,140円
  • 車検レーンでは「初めてです」と伝えよう

ユーザー車検は意外と簡単にできます。

ハイラックスは車検が1年に1回なので、ユーザー車検でコストを削減するのもおすすめです!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次