ハイラックスの荷台で寝たい人へ!入門編テントと実際の感想

ハイラックス荷台でテント泊
記事の内容

ハイラックスの荷台テント泊を紹介します!

  • 荷台開口部をたおしてスペースを確保
  • モンターナ1人用テントが置ける
  • 安いテントだと寝れない
  • 2つの問題
  • ハイラックス専用のテントがある

ディアゴスティーニは語りかけてくる、トリぞーです。

この記事はハイラックスの荷台で、

テント泊を考えている方に向けた内容です。

  • ハイラックスの荷台でテント泊できる?
  • テントは何がいいの?
  • 荷台テント泊の実際は?

これらの疑問に応えます。

ハイラックス乗りが1度は考える、荷台でテント泊。

今回は考えるだけじゃなく、

実際にハイラックスの荷台でテント泊をしてきました!

1人用テントで荷台に寝るには、覚悟が必要。

軽い気持ちだと、挫折するかも…

とりあえず、入門編として安く挑戦したい方はぜひ参考に!

やりがいあり!

2度目の荷台テント泊を追記しました。

目次

ハイラックスの荷台サイズ

ノーマルのハイラックスの荷台

ハイラックスの特徴といえば、

たくさんの荷物が積める大きな荷台ですね。

ピックアップトラックと呼ばれ、見た目もトラックのよう。

貨物車となります

ハイラックスの荷台サイズは以下となります。

公式WEBカタログでのハイラックス荷台の寸法

公式WEBカタログより。

  • 奥行き:156.5cm
  • 最小幅:110.5cm
  • 最大幅:156.5cm
  • 開口幅:138cm
  • 荷台高:48cm

あれ、意外とせまい?

そうなんです。

ハイラックスの荷台は、思ったよりせまい

参考に、軽トラックの荷台サイズがコチラ。

ダイハツ HIJET
  • 奥行き:194cm
  • 荷台幅:141cm
  • 荷台高:28.5cm

軽トラックとくらべると、その差はハッキリ。

特に奥行き。

ハイラックスの荷台に寝るには、

身長156cm以下の人に限られます

奥さま

私もはみ出るで!

寝るスペースを確保

ハイラックス荷台の奥行きは156.5cm。

このままでは寝れません。

そこで、開口部をたおしました。

荷台高がプラスされ、荷台の奥行きは204.5cm

開口部をたおすと、荷台で寝ることができます

荷台におけるテント

夜にライトをつけたテント

奥行き204cmが確保できたので、

荷台におけるテントを探しました。

見つけたテントがコチラ。

モンターナ1人用テント
  • 奥行き:195cm
  • 幅:95cm
  • 高さ:90cm

奥行きは何とかいける長さ。

幅も、荷台の最小幅110.5cm以内におさまっています。

ハイラックスの荷台におけるテントは、

モンターナ1人用テントがベストだと思います

荷台テント泊の入門編としてオススメ

サイズと価格がベスト!

2人用テントになると、幅がオーバーします。

トノカバーがなければ、高さは関係ありませんね。

荷台テント泊の実際

ハイラックスの荷台の上でテント泊

実際に荷台でテント泊を経験しました。

結果をいうと、安いテントで快適に寝るのは難しい

以下の条件でも、荷台テント泊をしてみたいって方は挑戦してみて下さい!

荷台テント泊の心得
  • どこでも寝れる
  • とにかく安く挑戦したい

荷台テント泊で伝えたいことはたくさんありますが、

もっとも伝えたいことは、眠れないってこと

ハイラックスは、荷台のデコボコが手強い。

銀マット+厚さ2cmのマットでは、

デコボコが気になって眠れませんでした。

テントにしか頭が向かなかった…

ハイラックスの荷台テント泊では、コットが重要です。

むしろテントより、コットにこだわった方がいいかも…

コットがあれば、

ハイラックスの荷台テント泊を心から楽しめます

後述しますが、コットがあっても別の問題が出ました。

モンターナ1人用テントで快適に寝るのは、難しいと思います。

安いし入門編ってことで…

コットがあっても問題あり

ハイラックスの荷台に置いたテントの内部

コットを持参して、2度目の荷台テント泊に挑戦しました。

コットがあると、荷台のデコボコは解決します。

しかし、新たな問題が発生。

コットで高さが出たぶん、テント側面に頭がガッツリ当たります

身長は170cmです

持参したコットはDOD。

面積はモンターナ1人用テントにピッタリ。

高さは低めですが、頭が気になりました。

DODコットのサイズ
  • 高さ:15.5cm
  • 縦:183cm
  • 横:72cm
  • 重量:2.6kg

シンデレラフィット!

テントの出入口

ハイラックスの荷台テント泊につかったテントの出入口

モンターナ1人用テントの出入口は、

荷台の開口部となります。

荷台は幅がギリギリなので、

側方に出入口があると、不便かなと思いました。

開口部に出入口がある場合、ふみ台があると助かります

結露

ハイラックスの荷台に置いたテント内の結露

モンターナ1人用テントは、アウターテントがありません。

気温12℃でも、結露が発生しました

濡れて困るモノは車内へ

ポールの端を保護

ハイラックスの荷台の上でテント泊

テントを組み立てると、ポールの端がむきだし。

地面だと関係ありませんが、荷台だとキズがつきます。

今回は、ポールの端にキッチンペーパーをまいて保護

こんな時は、ベッドライナーがあると便利ですね。

ノーマル荷台はツラいぜ

ゆれる車体

1回目の荷台テント泊は、奥さまもついてきました。

奥さま

つれてけー!

私が荷台のテント、奥さまが助手席で就寝。

テントに入って数分、車体がすごく揺れるんです。

寝相悪すぎだろ…

こっちは荷台のデコボコで眠れず、

くわえて、ゆれる車体。

ほぼ寝た気がせずに朝を迎えました。

次の日、奥さまの第一声にビックリ。

奥さま

寝相悪すぎー!

ハイラックスは軽く寝返るだけで、

すごく揺れることが分かりました

車内泊+荷台泊は、おすすめできません。

荷台泊のみは大丈夫

宴はサイコー

ハイラックス荷台テント泊の食事風景

ハイラックスの荷台テント泊は、快適ではありません。

でも、宴の雰囲気はサイコーです。

ハイラックスの横に簡単なテーブルとイスをおいて、

自分だけの空間。

そばでハイラックスがガッチリ守ってくれる感が頼もしい。

個人的には、ガッツリ準備したキャンプより好きかも

奥さま

意味わかんない!

好みは人それぞれ

荷台テント泊を快適にするには

清潔なアメニティ

これまで、ハイラックス荷台のテント泊を紹介しました。

しかし、どうしても快適に荷台テント泊を楽しみたい方はいるでしょう。

奥さま

ハイラックスで快適に寝たい!

快適に荷台でテント泊をするには、

2つの問題をクリアする必要があります。

荷台テント泊の問題
  • テント側面が低い
  • 結露がすごい

テント側面が低い

ハイラックスの荷台に置いたテント

モンターナ1人用テントでは、テント側面が低いので、

コットをおくと側面に頭が当たります

ハイラックス専用のテント

テントの側面が高いと、コットをおいても気になりません。(off1.jpより引用)

結露がすごい

モンターナ1人用テントは1層なので、結露に弱いです。

テントはインナーとアウトがーがある、2層がいいでしょう

テントの選び方

荷台におくテント選ぶときは、

2つの問題をクリアできているかに注目して下さい

テント選びのポイント
  • テント側面の高さは十分か?
  • テントは2層か?

2つのポイントにくわえ、コットが入ると快適に寝ることができます。

また、ハイラックスには専用のテントもあります。

価格は3万〜5万と高価ですが、荷台で快適に寝ることができるでしょう。

まとめ

今回はハイラックスの荷台テント泊を紹介しました。

  • ハイラックスの荷台は、意外とせまい
  • テントをおくには、荷台開口部をたおす
  • 安くするにはモンターナ1人用テント
  • 問題は2つ、テントの高さと結露
  • 快適に寝るにはハイラックス専用のテント

2度の荷台テント泊のを経験して、問題が2つあるとわかりました。

手取り早く解決するには、ハイラックス専用テントがおすすめ。

自分でテントを探すときは、2つの問題を意識して選んでください!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次