【ハイラックス】非正規で十分!ベッドライナーで荷台を守ろう!

記事の内容
  • ノーマル荷台はキズと汚れがすごい
  • ベッドライナーで荷台をキズと汚れから守る
  • 正規品でもデメリットがある
  • おすすめは非正規ベッドライナー
  • カスタム未定の方は特におすすめ!

こんにちは、ビールボーイです。

この記事は、今後のカスタムが未定の方に向けた内容です。

  • 荷台のキズと汚れが気になる
  • まだどんなカスタムにするか検討中…
  • とりあえず荷台を守りたい…
  • おすすめのベッドライナーってある?

これらの疑問・要望に応えます!

なぜなら、私もとりあえず付けたベッドライナーで満足しているからです!

最後まで記事を読むと、後悔しないカスタムのスタートにつながりますよ

奥さま

ノーマルがカッコいいって言ってたよな?

好みは変わります!

目次

ノーマル荷台の現実

ハイラックスの特徴は、なんと言っても広い荷台。

荷物がたくさの積めて、キャンプなどのアウトドアにはうってつけです。

しかし、ハイラックスの荷台は車体と同じ塗装。

ノーマルだと、キズや汚れであっという間に軽トラ状態です

ハイラックスの荷台のキズ

カスタムをしていないハイラックスの荷台の傷

荷台に積む荷物は、重いモノや固いモノがほとんど。

キャンプ道具なんて、まさに代表的な荷物です。

ハイラックスの荷台にキャンプ道具を積んだ写真
これでも必ずキズだらけ

荷台がノーマルだと、どんなに気をつけていても必ずキズがつきます

すべり止めマットや箱、防水袋に入れても、必ずです。

ハイラックスの荷台の汚れ

ハイラックスのノーマル荷台は、本当にすぐ汚れます。

黄砂がつく、なんてレベルじゃありません。

葉っぱやゴミなど、外にあるものは何でも持ち帰ります

アサリの殻はびっくりした…

洗車した次の日のハイラックスの荷台の汚れ具合

写真は、洗車した次の日です。

一晩で、もー汚れてる。

ハイラックスの荷台は、溝や凹凸が多いので、汚れを落とすのも大変です

ベッドライナーでキズと汚れから守る

ハイラックスの荷台に取り付けたトヨタ正規品のベッドライナー

ベッドライナーとは、ハイラックスの荷台をキズや汚れから守るマットです。

ベッドライナーをつけると、キズや汚れが気になりません

ハイラックスには、いろんなベッドライナーがあります。

トヨタ正規品から、どこのメーカーか分からないモノまで。

正直、悩みますよね。

ここでは、正規品ベッドライナーのデメリットを紹介します。

ベッドライナーのデメリット

いろんな種類がある、ハイラックスのベッドライナー。

正規品を選ぶのが、確実だと思いますか?

しかし、トヨタ正規品でもデメリットがあります。

実際に展示品を見て、私が感じたデメリットがこちら。

正規品ベッドライナーのデメリット
  • つけたら取れない
  • 価格が高い
  • 隙間ができる
  • 水抜きの穴がふさがる

ディーラーの展示会で聞いてきました

つけたら取れない

正規品のベッドライナーは、1度つけると取れません。

正規品の施工は、接着剤でガッツりつけるからです。

ハイラックスのカスタムって無限大。

今は良くても、今後は違うカスタムをしたくなるかも

1度つけたら取れないって、かなりのデメリットだと思います。

正規品は高い

トヨタの正規品は、やっぱり高額です。

ベッドライナーの本体価格だけで、10万2,300円

ハイラックスのトヨタ正規品ベッドライナー
公式HPより

本体価格なので、工賃が別途かかります。

気軽にポンと買える価格じゃないですね。

隙間ができる

ハイラックスの正規ベッドライナーにできる隙間

正規品のベッドライナーでも、かなり隙間があります。

写真はトヨタディーラーの展示品なので、しっかり施工。

荷台は溝や凹凸が多いので、隙間なく取り付けるのはムリなのかも。

表面上の傷・汚れが防げます。

しかし、隙間からゴミや雨が入り、車体とベッドライナーの間はどうなるか分からない

取り外せませんしね。

錆びても確認できない…

水抜きの穴がふさがる

ハイラックスの荷台には、雨がたまらないように水抜きの穴があります。

しかし、ベッドライナーをつけると、穴がふさがります。

ディーラーに確認すると、雨はたまらないとのこと。

ベッドライナーの下に傾斜をつけ、リヤゲートの方に流れるそうです。

後日調べたところ、普通に雨が溜まっている写真(外部リンク)を発見

やっぱり雨は溜まりそうですね。

おすすめのベッドライナー

正規品のベッドライナーでも、デメリットがあります。

でも、ノーマルのままだと傷や汚れは果てしない。

そこで、私がおすすめするベッドライナーを紹介します。

ネットで買えて、家に届く非正規のベッドライナー。

もしかしたら、今は営業所に取りに行かないといけないもしれません。

取りにいくのが面倒臭い方は、こちらのベッドライナーは家に届くかも。

私が購入したモノではありません。

おすすめ理由は以下です。

おすすめする理由
  • 安い
  • 自分で簡単に取り付け可能
  • 取り外しが可能

まだどんなカスタムにするか、未定の方。

とりあえず荷台を保護したい方は、非正規ベッドライナー1択です!

買ってよかった!

とにかく安い

非正規品なので、とにかく安い。

触った感じ、正規品との違いも分かりません。

2年ほど使っていますが、特に不満もなし。

取り付けが簡単

荷台への取り付けも、簡単にできます。

荷台にカパッとはめ込むだけ。

奥さま

なかなか重いで!

奥さま1人じゃキツイかな〜

取り外しができる

簡単に取り付けられるので、取り外しもできます。

荷台との間に隙間ができるので、外すとやっぱり汚れてます。

掃除ができるので、ありがたいですね

実際にベッドライナーをつけてみた

実際に、おすすめベッドライナーをつけてみました。

2年ほどたちますが、満足してます。

ネットで注文、家に届く

自宅に届いたハイラックスのベッドライナーの写真

ベッドライナーは、折りたたんだ状態で届きます。

狭いわが家でも、何とか受け取れました笑

箱から出す

ハイラックスのベッドライナー

箱から出すと、こんな感じ。

素材はプラスチックです。

ゴムのベッドライナーもありますが、荷物を積むときはスベった方がいいかなと思い、プラスチックを選びました

スベらない方がいい人は、ゴムがいいかもですね。

荷台に取り付け

ハイラックスの非正規ベッドライナー

非正規品のベッドライナーでも、荷台にキレイにはまります。

折りたたんだ状態で届くので、馴染むのに少し時間がかかりますが。

ハイラックスの非正規ベッドライナー

荷台後方はこんな感じ。

サイズは問題なし。

ただ、少し浮くので、気になる方もいるかも…

ハイラックスの非正規ベッドライナー

荷台前方のスミは、少しはまりづらい。

ここはご愛嬌です。

ハイラックスの非正規ベッドライナーの隙間

荷台前方の写真です。

凹凸との間に隙間があります。

水抜き穴はなし

非正規品のベッドライナーも、水抜き穴はありません

トノカバーがないと、荷台に雨が溜まります。

ベッドライナーと荷台との間に隙間があるので、正規品よりは溜まらないかな

まとめ

今回はハイラックスの非正規ベッドライナーを紹介しました。

  • ノーマル荷台はキズと汚れがすごい
  • ベッドライナーで荷台をキズと汚れから守る
  • 正規品でもデメリットがある
  • おすすめは非正規ベッドライナー

今後、どんなカスタムにするか未定の方、とりあえず付ける方にはおすすめです。

私の場合、買った時はノーマルだからこそカッコいいと思っていました。

しかし、今は趣味に合わせてガンガンにカスタムしたいと思っています。

好みは変わるので、後悔のないようハイラックス生活を楽しんで行きましょう!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次