エンジン始動不可?ハイラックスのアドブルー補充ガイド

記事の内容
  • アドブルーないとエンジンが始動しない
  • 補充頻度は1〜2年に1回
  • 補充はディーラーがおすすめ
  • カー用品店のアドブルーは高め
  • 自分で補充はリスクが高い

こんにちは、ビールボーイです。

この記事は、ハイラックスのアドブルーについて詳しく知りたい方に向けた内容です。

  • アドブルーの補充頻度は?
  • どこで補充するのがいい?
  • 自分で補充したらダメ?

これらの疑問に応えます!

なぜなら、ハイラックスの維持費にかなり気を使っているから!

最後まで読むと、ハイラックスの維持費削減になりますよ!

奥さま

ディーゼル車特有やな

エンジンかからなくなるかも…

目次

ハイラックスに必須!アドブルーとは?

ハイラックスに必須のハイグレードアドブルー

アドブルーとはディーゼルエンジンの排ガスを、クリーンにする液体です。

通常、ディーゼルエンジンの排ガスには、有害な窒素酸化物が含まれています。

アドブルーは窒素酸化物を水と窒素に分けて、クリーンなガスにできるのです。

なので、ハイラックスにもアドブルーは必須なんですね。

アドブルーの補充頻度

アドブルーの補充頻度は、車の使用条件や走行状況によって異なります。

通常、1,000km走行すると、1Lのアドブルーを消費。

13,000km走ると、タンクは空になります。

アドブルーがなくなると、エンジンがかかりません。

注意しましょう!

実際にハイラックスを運転すると、補充頻度はかなり少ない印象。

6万km走りましたが、補充したのは2〜3回くらいです

めったに補充しないイメージ

アドブルーの警告が!必要な対処法

ハイラックスのアドブルーを補充する注意表示

アドルブルーの残量が減ると、警告メッセージが出ます。

警告メッセージは、走行可能距離によって4種類。

  • 6,000km
  • 2,000km
  • 800km
  • エンジン始動不可

6,000km以内に補充

AdBlueが減ってきて、最初に出る警告メッセージです。

AdBlueを6000km以内に補充してください

このメッセージが出ても、まだ6,000km走れます。

まったく慌てる必要がなく、自分のタイミングで補充しましょう。

2,000km以内に補充

走行可能距離が2,000kmになると、次の警告メッセージが出ます。

AdBlue 残量が少なくなっています

AdBlueを2000km以内に補充してください

2,000km以内になると、警告灯も点灯。

ハイラックスが軽油満タンで、800kmくら走ります。

まだ余裕がありますが、早めの補充がおすすめです。

800km以内に補充

走行可能距離が800km以下になると、次の警告メッセージが出ます。

AdBlue 残量が少なくなっています

あと800kmで再始動不可

AdBlue を補充して下さい

今までは〜以内にでしたが、そんな猶予はありませんね。

800km以内だと、次の給油でエンジンを切ったら再始動できないかも

すぐにAdBlueを補充しましょう。

エンジン始動不可

AdBlueがわずかになると、エンジンは始動しません。

最後の警告メッセージが以下です。

AdBlue 残量が少なくなっています

エンジン再始動不可

AdBlueを補充してください

ただちにAdBlueを補充する状況です。

絶対にエンジンは切らず、AdBlueを補充しましょう。

エンジンが始動しない場合、5L以上の補充で始動します。

AdBlueはどこで補充する?3つの候補

警告メッセージが出たら、AdBlueを補充しましょう。

主に、3つの補充方法があります。

AdBlueの補充方法
  • ディーラー
  • カー用品店
  • 自分で補充

おすすめはディーラーで補充

私はいつも、ディーラーでAdBlueを補充しています。

なぜなら、オイル交換と一緒に補充すると割引が効くから

AdBlueの最初の警告は、6,000km以内で補充。

エンジンオイルは5,000kmごとに交換しているので、同じタイミングでも問題ありません。

割引が効きすぎて、タダと思ってしまうほど

1度AdBlueの補充だけ行ったことがあります。

費用は5,170円

ディーラーAdBlue 10L工賃合計
AdBlueの補充3,520円1,650円5,170円
ディーラー

10L入ったんで5,170円で〜す

金かかるんか…

ディーラーのAdBlueは、1Lで352円

工賃はオイル交換より高く、1,650円でした。

AdBlueの価格は、カー用品店より安いです。

カー用品店で補充

AdBlueは、カー用品店でも販売しています。

オートバックスにありました。

オートバックスのAdBlueは、スタンダードで2,398円(5L)。

ハイグレードは、2,880円(5L)です。

なんと、ディーラーより高い。

オートバックススタンダードハイグレードディーラー
AdBlue 1Lあたりの価格479円576円352円

オートバックスの工賃は不明です。

オイル交換も200円くらいの差なので、オートバックスも1,500円くらいじゃないでしょうか。

奥さま

これならディーラーやな

割引あるしね

自分で補充はリスクが多い

AdBlueを、自分で補充する方法もあります。

自分で補充は、おすすめできません

自分で補充する意味は、工賃の削減でしょう。

しかし、AdBlueの補充は多くて1〜2年に1回。

1,500円の工賃を浮かすには、リスクが多いです。

自分で補充するリスク
  • 塗装部分につくと損傷する
  • エンジンルーム内にこぼすと部品の損傷
  • 保管に気をつかう

AdBlueが付くと、白い結晶のようになります。

これがエンジンルームに付くと、よくなさそう

ハイラックスのアドブルーが白い結晶になった写真

ディーラーでキレイにしてもらいました

それでも自分で補充したい!

リスクがあっても、自分で補充したい変態な方へ。

補充方法を紹介します。

ますAdBlueは、ISO 22241-1に準拠したモノを使用して下さい。

JIS K 2247-1も使用できます。

STEP
エンジンを切って、ボンネットを開ける

車は平坦な場所に停めます。

STEP
補給口を開け補充

こぼれないように、ゆっくり補充して下さい。

AdBlueのタンク容量は13.8Lです

キャップは音がなるまで閉めます。

音が鳴らない場合、開ける閉めるをくり返して下さい。

STEP
エンジンの始動を確認

警告灯、警告メッセージが消えたことも確認します。

補充後は、エンジンの始動が遅い場合があります。

AdBlueの保管方法

AdBlueは正しい保管方法を守らないと、車両の損傷につながります。

また、成分が変わり、異臭の発生になることも

AdBlueの保管方法
  • 容器を密閉する
  • 直射日光を避ける
  • 換気のいい冷暗所に保管する

保管期間は、温度によって違います。

保管温度保管期限
10℃以下36ヶ月
25℃以下18ヶ月
30℃以下12ヶ月
35℃以下6ヶ月
ハイグレードの場合

36℃以上は保管に適していません。

まとめ

今回はハイラックスのアドブルーを紹介しました!

  • アドブルーないとエンジンが始動しない
  • 補充頻度は1〜2年に1回
  • 補充はディーラーがおすすめ
  • カー用品店のアドブルーは高め
  • 自分で補充はリスクが高い

アドブルーに関しては、警告メッセージがに従えば大丈夫。

1回の費用はやや高めですが、ハイラックスの車検より頻度は少ないです。

これからもしっかりメンテナンスして、ハイラックスに乗り続けます!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次