ハイラックス特化!最適なエンジンオイルと交換タイミング

記事の内容
  • エンジンオイルはトヨタキャッスルDL-1の1択
  • 安いオイルは安い理由がある
  • 私のオイル交換の頻度は5,000km超えたら
  • オイル交換はディーラーがおすすめ
  • 自分で交換はコスパが悪い

こんにちは、ビールボーイです。

この記事は、ハイラックスのオイル交換に疑問がある方に向けた内容です。

  • どのオイルがいいの?
  • 交換するタイミングは?
  • どこで交換するとコスパがいい?

これらの疑問に応えます!

なぜなら、ずっとハイラックスに乗ってきて、コスパの良さを実感しているからです!

最後まで記事を読むと、納得な価格でハイラックスの寿命が伸びますよ!

奥さま

コスパにはうるさいもんな〜

長くハイラックスに乗るためです!

目次

ハイラックスのエンジンオイルは1択!

車のエンジンオイルは種類が多く、どれがいいか迷いますよね。

ハイラックスに長く乗るなら、トヨタキャッスル DL-1です

エンジンの性能は、推奨オイルが前提。

カタログに載っている燃費などは、推奨オイルを使う必要があるのです。

オイル交換はエンジンの寿命を延ばす

エンジンオイルの交換は、エンジンの寿命を延ばす上で非常に重要です。

エンジンオイルはエンジン内部の摩擦を減らし、冷却することでエンジンの性能を維持。

しかし、運転するとオイルは汚れ、性能が低下します。

そのため、定期的なオイル交換が必要となるのです。

定期的にオイル交換を行うこと、エンジン内部の部品が適切に潤滑され、余計な摩耗を防げます。

オイル交換を怠るとエンジンの性能が低下し、故障につながることも。

オイル交換はエンジンの寿命を延ばすために、非常に重要。

定期的なオイル交換はエンジンの効率を保ち、トラブルを防ぐための基本的なメンテナンスと言えるでしょう。

安いオイルには理由がある

安いエンジンオイルには、安い理由があります。

エンジンオイルの価格は、中身によって決まるからです。

車販売店などで、「オイル交換ずっと無料!」を見かけますよね。

あれは、安いオイルを使うから。

ディーラー曰く、ずっと無料のオイルは、本当にヒドイとのこと

ディーラー

内緒だよ〜

ハイラックスに長く乗るためには、やはり推奨オイルがいいですね。

オイルはトヨタキャッスル DL-1で決まり

ハイラックスの取扱説明書には、推奨するエンジンオイルが載っています。

ハイラックスに長く乗るなら、トヨタキャッスDL-1を使いましょう

トヨタが推奨するオイルを使うことで、エンジン性能が保証され、寿命も長くなります。

違うエンジンオイルを使う場合は、JASO規格DL-1に合致したオイルにしましょう。

目標はこのマークです。

ハイラックスに推奨されるエンジンオイルのマーク

0W-30とは?

ハイラックスを新車で買うと、エンジンオイルはDL-1 0W-30です。

0W-30は、低温時と高温時の粘度を示しています。

Wはウィンター(冬)のW。

低温時の粘度を示し、0W・5W・10Wなどがあります。

0W5W10W
マイナス35℃までOKマイナス30℃までOKマイナス25℃までOK

後方の30は、高温時の粘度。

30は温度ではなく、100℃でどれくらい固いかを示します。

数字が大きくなるほど、性能がいいオイル。

20・30・40・50などがあります。

日本なので、0Wは必要ないかもしれません

ディーラーでは0W-30しかないので、ずっと同じオイルですが…

ハイラックスのオイル交換の頻度は?

エンジンオイルの交換は、非常に大切なメンテナンスです。

しかし、どんなタイミングで交換すればいいのか?

よく言われる交換タイミングは以下です。

  • 3,000kmごと
  • 5,000kmごと
  • 6ヶ月ごと

エンジンオイルの交換は、車種や環境、オーナーの好みで様々。

私はいろんな条件を含め、5,000kmを超えたら交換しています

小まめな方かも

ハイラックスの取扱説明書

ハイラックスには、取扱説明書があります。

取扱説明書が推奨している交換頻度は、なんと20,000kmごと。

これは、純正オイルの成分が合成油だからでしょう

エンジンオイルの成分は鉱物油と合成油があります。

一般的に鉱物油は価格が安く、性能はイマイチ。

合成油は価格が高い分、性能がいいのです。

それぞれの交換の目安
  • 鉱物油:3,000〜5,000km(6ヶ月以内)
  • 合成油:10,000〜15,000km(12ヶ月以内)
  • 部分合成油:鉱物油と合成油の間

間の部分合成油もあるよ

トヨタキャッスルは鉱物油?合成油?

トヨタキャッスルDL-1の成分は、おそらく部分合成油でしょう。

実は、調べてもハッキリしない…

トヨタキャッスルの成分は、トヨタが発表している安全性データシートに載っています。

これによると、トヨタキャッスル DL-1の成分は鉱物油。

トヨタ自動車が発表しているトヨタキャッスルDL-1の安全データシート
公式HPより引用
奥さま

もー鉱物油やん!

しかし、取扱説明書では20,000kmごとの交換。

これは合成油の頻度です。

だとすると間をとって、部分合成油なのかなと思います。

近々聞いときます…

私が考えるオイルの交換頻度

エンジンオイルの交換頻度は、車種やオーナーによってマチマチ。

私が考えるハイラックスのオイル交換は、5,000kmを超えたらです

理由は4つ。

  • 部分合成油の範囲である5,000km
  • 半年点検がある
  • 街乗りと山越えの両方がある
  • より長くハイラックスに乗りたい

できるだけハイラックスに乗りたいので、交換は範囲のスタート地点。

財布事情もかねて、5,000kmを超えて次にディーラーに行くタイミングですね。

部分合成油の交換範囲

部分合成油の交換範囲は、鉱物油と合成油の間でしょう。

鉱物油が3,000〜5,000km。

合成油が10,000〜15,000km。

上記から、部分合成油の交換範囲は5,000〜10,000kmになります

ハイラックスの事を考えて、範囲のスタート地点である5,000kmで交換しています。

半年点検がある

ハイラックスは1年に1回の車検。

なので半年に1回、任意の点検があります。

エンジンオイルの交換期限は6〜12ヶ月。

ちょうど、半年点検とオイル交換のタイミングが重なります

街乗りと山越えがある

エンジンオイルは走る環境によって、交換のタイミングが変わってきます。

エンジンに負担がかかる走行だと、オイルの汚れも早いですもんね。

街乗りなど、頻繁にエンジンの始動を行うと、エンジンに負担がかかります。

また坂道で、アクセルをふみ込んだり、エンジンブレーキを使うとそれなりの負荷に。

この2つにより、オイル交換は範囲のスタート地点にしています

より長くハイラックスに乗りたい

私は出来るだけ長く、ハイラックスに乗りたいです。

もぉ車は買いたくない。

一般的にディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンより寿命が長いです。

私が通っているディーラーでは、70万kmを走ったランクルがいました。

トヨタが推奨するオイル交換より、小まめに交換することで、エンジンの寿命はより長くなると思います

ハイラックスにずっと乗るぞ!

ハイラックスのオイル交換はどこでする?

オイルが決まり、交換頻度も分かりました。

最後は、交換する場所です。

オイル交換の場所は、主に3つ。

オイル交換ができる場所
  • 車を買ったディーラー
  • カー用品店(オートバックス)
  • 自分で交換

私のおすすめは、車を買ったディーラーです

詳しい料金表がこちら。

トヨタキャッスル DL-1 7L7,812円
ガスケット(ボルト)88円
技術料(工賃)1,320円
合計9,220円

ディーラーのオイル交換の費用は、工賃含め9,220円

決して安くないですが、これからもディーラーでオイル交換をしていきます。

ガスケットとは、パッキンがついたボルト。

劣化するとオイル漏れの原因になります。

ハイラックスのエンジンオイルのガスケット

毎回交換しています

ディーラーはサービスがいい

私はハイラックスを買ってから、ずっとディーラーでオイル交換をしています。

ディーラーは高いイメージがあるでしょうが、メリットも多い。

ディーラーで交換するメリット
  • 工賃が意外と安い
  • 謎の割引がある
  • サービスがすごい

工賃が意外と安い

オイル交換の費用に、工賃があります。

私がオイル交換をしているディーラーの工賃は、1,320円

そんなに高くありません。

謎の割引がある

ディーラーでオイル交換をすると、謎の割引があります。

1度聞きましたが、ハッキリとした説明はありません笑

私のオイル交換の頻度は、だいたい半年に1回です。

ちょうど6ヶ月点検と被るんですよね。

点検費用は4,400円。

普通はオイル交換費+点検費で、13,620円です。

しかし、毎回ここから7,000〜8,000円の割引

詳細はよく分かりませんが、ありがたい限りです。

ほんと謎

サービスがすごい

ディーラーでオイル交換をすると、サービスがすごいです。

新車で購入するって、すごいことなんだと実感。

具体的なサービスがこちら。

  • 無料でワイパー交換
  • 無料でアドブルーの補充
  • めちゃいいティッシュをいつもくれる
  • 世に出ないハイラックス情報をくれる
  • ムリなお願いを聞いてくれる

ムリなお願いとは、車の故障の対応です。

出張中に、奥さまから電話がありました。

奥さま

アカン!車が動かんで!

奥さまのコンテのバッテリーが、スーパの駐車場で死んだのです。

さらに、どの保険に入っているか忘れる始末。

一か八かでディーラーの担当に電話すると、すぐに助けに行ってくれました。

車関連は信頼が大切。

少々高くても、メンテナンスはやっぱりディーラーがおすすめです

担当は店長になりました

オートバックスは安い?

オートバックスなどのカー用品店は、ディーラーより安いイメージがあります。

しかし、実際はそんなに変わらないのでは、と思っています。

オートバックスで交換したことがありませんが、差額は1,000円強くらいでしょう

1,000円くらいなら断然ディーラー派

工賃は200円の違い

オートバックスのオイル交換にかかる工賃は、1,100円〜。

ディーラーの工賃は、1,320円です。

あんまり変わんない

オイル本体の価格の違い

オートバックスでオイル交換をしたことがないので、オイル本体の価格は分かりません。

しかしオイル本体の価格も、1,000円くらいしか変わらないかもしれません

ディーラーのオイル本体価格は、7Lで7,812円。

アマゾンでは20Lで17,000円で買えます。

7Lにすると、5,950円になります。

ディーラーとアマゾンの差額は1,862円。

いくらオートバックスでも、アマゾンより安いことはないでしょう。

オートバックスのオイル本体価格を、ディーラーとアマゾンの間を取ると7,000円。

ディーラーとオートバックスの差は、1,000円以下だと思います。

今度聞いてみよっかな

自分で交換はおすすめしない

工賃がかかるからと、自分で交換するのはおすすめしません。

ハイラックスのオイル交換は、めちゃくちゃ大変だからです

オイル交換はまず、古いオイルを捨てるところからです。

ハイラックスのエンジンオイルは7L。

これがハイラックスの底から、ドバドバ出てきます。

2Lのボトルが3本半…

ハイラックスのオイル交換で古いオイルを出している写真

業者ならハイラックスを上にあげ、専用の容器で受け止めます。

車体を上げずに、受け止めるのは大変。

ハイラックスを自分でジャッキアップするのは危険です。

オイルをこぼすと、専用の薬剤で掃除しなければいけません。

キレイに取り出せても、オイルを捨てるのも大変。

布に染み込ませて捨てるか、スタンドに持ち込む必要があります。

奥さま

どんだけ布いるかって!

オイル交換の工賃は、ディーラーでも1,320円。

自分で交換は、コスパが悪いですね

まとめ

今回はハイラックスのオイル交換について紹介しました。

  • エンジンオイルはトヨタキャッスルDL-1の1択
  • 安いオイルは安い理由がある
  • 私のオイル交換の頻度は5,000km超えたら
  • オイル交換はディーラーがおすすめ
  • 自分で交換はコスパが悪い

オイル交換の頻度は、オーナーによって好みがあるでしょう。

しかし、オイルの種類はトヨタキャッスルがいいと思います。

これからもしっかりメンテナンスして、少しでも長くハイラックスに乗りましょう!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次