障子戸は初心者でもいける?由布岳の西峰登山ルート

記事の内容

由布岳の西峰登山を紹介します!

  • 中央登山口の駐車場は無料
  • シーズン中の日曜は、早朝でも混み気味
  • 西峰山頂まで、約2時間
  • 障子戸は初心者でもいける、でも高い。
  • 温泉は夢想園がおすすめ。
  • 雲海も山頂からの展望もサイコー

チコってる、トリぞーです。

この記事は、由布岳の西峰へチャレンジしたい方にむけた内容です。

  • 由布岳の駐車場ってどこ?
  • 駐車場のこみ具合は?
  • 西峰頂上までかかる時間は?
  • いちばんの難所ってどこ?
  • 下山後のおすすめ温泉ってある?
  • 雲海がみれる条件は?

これらの疑問に応えます。

今回は大分の名峰、由布岳。

紅葉の季節でもあり、すごくにぎわってました。

雲海をみることができる山でもありますよ

雲海サイコー

目次

由布岳とは?

由布岳は大分県由布市にある、標高1,583mの活火山です。

山ぜんたいが、阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。

山頂は、西峰東峰に分かれており、

円錐形をしていることから、豊後富士とも呼ばれています。

由布院盆地では、どこからでも由布岳を望むことができ、

別府湾からも、鶴見岳の後に由布岳を望むことができます。

湯布院の街は盆地になっており、条件がそろうと、

由布岳から雲海をみることができます

中央登山口

由布岳には3つの登山口があります。

  • 中央登山口
  • 東登山口
  • 西登山口

今回は中央登山口からの登山。

中央登山口は由布市街から、県道11号線を別府方向にすすむとありますよ。

東登山口には駐車場はなく、路肩への駐車となります。

西登山口は、湯布駅から歩いて20分くらい。

駐車場

中央登山口には、30台くらいの無料駐車場があります

この日は、紅葉の季節。

日曜日ということもあり、朝7時前で10台以上の車がとまっていました

下山した12時ごろになると、駐車場は満車。

無料駐車場のむかえには、有料駐車場もあります

一般車は500円くらい。

トイレ

中央登山口にはトイレがあります。

見ためはキレイですが、なかはゴミの放置が目立ちました。

登山する人でも、ゴミをポイ捨てするんですかね…。

由布岳登山ルート

登山届けをだして、いざ由布岳登山スタート。

まずは、草原地帯を道にそってすすみます。

15分くらい歩くと、はじめてのわかれ道。

左の道を選びました。

理由はこっちの方が、由布市街を見わたせそうだったから。

由布市街はモヤがかかっていたので、雲海の可能性がありました。

わかれ道を左にすすむこと3分、さらにわかれ道。

ここも由布市街が見えそうな、合野越方面へ。

20分ほどすすむと、西登山口からの登山道と合流します。

由布岳からの雲海

西登山口との合流地点から、30分。

雲海をみることができました

こんなにはっきり雲海を見るのは初めて。

雲海をみるには、以下の条件が必要です。

季節:春や秋

時間帯:夜明け前~早朝

場所:山間部や盆地

気象条件
  • 湿度がたかい
  • 放射冷却がある
  • 無風状態
  • 快晴
  • 前夜との気温差がある

条件をみると、雲海を見るってなかなか大変…。

だからこそ価値があるんですけどね。

選んだ登山ルートには、雲海をみることができる場所がいくつかありました

時間帯は8時くらい。

8時くらいまでが、雲海が見れる限界って感じです。

山頂に着いたときには、雲海はなくなっていました。

雲海を見るにはタイミングも大切ですね。

岩場

中央登山口から登山を開始して約1時間

道に岩が多くなってきました。

はじめての難所。

大きな岩です。

高さは140cmくらいですが、シニア登山者もサクッと登っていました

シニア登山者がスゴイのかも

登るときは注意してください。

岩をクリアすると、めざす山頂が見えてきます。

多分あれだと思う

西峰・東峰

中央登山口からスタートして、約2時間

めざす山頂はすぐそこな感じ。

ここを登ると山頂!

と思いましたが、忘れていました。

由布岳の山頂は、西峰東峰に分かれています。

情報によると、西峰のほうが険しい

もちろん西峰へ向かいます。

西峰登山ルート

余裕ぶっこきで西峰を目指しましたが…

ドーンと行くてをさえぎる岩壁

まぁ、想定内…

岩壁をクリアし、山頂はすぐそこ!

なんじゃこりゃ…

これがウワサに聞く、障子戸です

障子戸

由布岳・西峰登山最大の難所、障子戸

少し尻込みしましたが、鎖があるのでとりあえず登ってみます。

はんぶん登ると、鎖は横へと伸びている。

足場はかなりせまい。

まさか、ここを行くわけでは…。

笑えなくなってきた…。

をしのぎ、

下で休憩しているお姉さんに、助けを求めました。

鎖をもってトラーバースだよ

と、とらばーす?

あぁ…よこに行って

やっぱり横に行くのね…

足場を確認してゆっくり進むと、思いのほかすんなり行けました

ただ、高さがあるので怖かったです。

初心者というより、

高いところが苦手な人は、キビしかもしれません。

西峰山頂はすぐそこ

最大の難所である障子戸をクリアし、山頂はすぐそこ。

しかし、その後もちょっとした難所はいくつかありました

西峰の山頂

いろんな難所をクリアして、ようやく山頂へ到着。

中央登山口からスタートして、2時間10分かかりました。

山頂は少しひらけた場所。

苦労して登ったこともあり、山頂からの展望はサイコー。

もぉ、雲海は晴れていました。

にぎり飯とコーヒーでゆっくり景色を楽しみ、

先ほどのお姉さんに、改めてお礼を言って下山です。

日帰り温泉

由布岳登山のあとはやっぱりアレですよね。

そぉです、湯布院温泉です。

おすすめは日帰り温泉ができる、夢想園

湯舟がめっちゃ広い。

なんといっても、さっきまで登っていた由布岳をドカーンと見ることができます。

温泉につかりながら登山を思いかえし、帰宅後の宴につなげる癒しの時間です。

まとめ

今回は大分県由布市にある、由布岳登山を紹介しました

  • 中央登山口から山頂まで、約2時間
  • シーズン中の日曜は、7時前でもやや混み気味
  • 障子戸は初心者でもいけるが、高さがある
  • 雲海、山頂の展望ともサイコー
  • 登山後の温泉は、夢想園がおすすめ

下山して駐車場にもどったときにはお昼の12時

山頂でゆっくりしたので、往復で約5時間かかりました

登山者にはシニア層の方もいて、そこまで難しくないのかもしれません。

しかし、西峰は予想より険しかったです

今回は行っていませんが東峰は難易度は低いとのことなので、

不安な方は東峰をおすすめします。

温泉のあとは道の駅で地ビールと大分の刺身を購入。

自宅で打ち上げをしました。

サイコー!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる