【ユーザー車検】ハイラックスの車検費はいくら?|書類・車検工程|

ハイラックス
記事の内容

ハイラックスのユーザー車検を紹介します!

・車検費は39,270円

・どんな書類が必要か?

・初めてでも大丈夫!車検工程を詳しく説明します。

夜景が地形が基本、トリぞーです。

 

今回はハイラックスのユーザー車検を紹介します!

新車を購入して最初の車検内容です。

 

ハイラックスのユーザー車検はいくらかかるの?

初めてだから不安…

こんな方はぜひ参考にしてみてください!

 

場所は福岡運輸支局

車検の流れはどこもそう変わりはないと思います。

 

ユーザー車検費用

 

ハイラックスの初回ユーザー車検費用は39,270円でした。

ディーラーに見積もりを出してもらったところ、97,647円

 

 

ユーザー車検の方が58,377円の節約になりました。

内訳はこちら。

内訳

・ディーラー点検費用 16,000円

・自賠責保険料      20,370円

・印紙代           1,800円

・代書屋手数料          1,100円

重量税はエコカー免税のため免除でした。

2回目の車検から重量税が7,500円かかります。

 

 

 

ディーラー点検費用

 

ユーザー車検の前に、ディーラーで点検をしてもらいました。

しかし、かならず業者で点検をしてもらう必要はなく、自分で出来るのであればOK

 

でも車検を通らなかったら面倒くさいし、自分でできない人が多いと思います。

費用はオイル交換込みで16,000円

 

点検後にディーラーから分解整備記録簿という書類をもらいます。

チェック項目とディーラーのハンコが押してあるんですが、車検でこの書類は必須ではありません

車検では、点検整備記録簿という書類が窓口にあるので、分解整備記録簿を参考に自分で記入します

(記入自体必要ない場合も。)

 

 

必要書類

 

 

ユーザー車検は書類の準備がメンドくさいとディーラーからいわれました。

実際はめっちゃ簡単

 

事前に必要な書類は2つ

事前に準備する書類

・車検証

・自動車納税証明書

・前回の自賠責保険証明書

 

車検証は車に置いてあると思うので、準備するほどでもないですね。

自動車税は毎年5月くらいに支払います。

そのときの控えでもらう自動車税納税証明書は車検書と一緒に保管していてください。

 

自動車税の支払いが車検日の3週間以上前だと、自動車税納税証明書は必要ありません

ですが、念のため車検証と一緒に保管です。

 

当日準備できる書類は5つ

当日に準備できる書類

・自賠責保険証明書

・自動車重量税納付書

・自動車検査票

・継続検査申請書

・点検整備記録簿

 

自賠責保険証明書、自動車重量税納付書は当日の車検場で更新できます。

自賠責保険は事前に更新してもOKですよ。

 

自動車検査票継続検査申請書点検整備記録は窓口でもらいます。

どれもナンバー、車台番号、総走行距離、住所、名前、の記入や印紙を貼り付けるくらい。

当日準備できる書類は次に説明する代書屋で準備してもらうことができます。

 

 

 

代書屋

 

当日に必要な書類を準備してくれる代書屋というものがあります

今回は車検場の敷地内にある行政書士事務所でお願いしました。

 

行政書士事務所っと聞くとちょと尻込みしますが、予約も必要ありません

車検当日に訪問して、ユーザー車検の書類作成をお願いしたいとのですが…

と、たずねると15分くらいで準備してくれます。

自賠責保険証明書、自動車重量税納付書もここで更新できます

 

車検証と更新前の自賠責保険証明書をわたすと、

自動車検査票継続検査申請書自動車重量税納付書点検整備記録簿の作成をしてもらい、一式クリップで留めて受け取ります。

Sponsored Links

 

このときに自賠責保険料の20,370円

検査費用(印紙代)1,800円

書類を作成してもらった手数料として1,100円(税込)を支払います。

1,100円で必要な書類を準備してくれるので、オススメです

 

 

 

書類を窓口へ

 

書類がそろうと、車検場の窓口へ持っていきます。

 

 

黄色い申請箱と書かれた箱に書類一式を入れます

特に整理券とかは取りません。

書類に不備がないことを職員が確認すると、いよいよ車を車検に通します。

 

 

 

車検工程

 

ユーザー車検は自分で車に乗ってレーンを通します。

窓口でコース番号を言われますので、そのコースに並びます。

 

 

順番を待っている間はドキドキ。

周りは業者なのか、みんなツナギの作業服ばっかり。

自分で点検をしている人もいて、落ち着きませんでした。

 

順番がまわってくると、窓をあけ自動車検査票をわたします。

そして指示に従って車を操作。

 

ウインカーを右左、ライトをつけたり消したり、車まわりをハンマーでカンカン。

「フォグライトつけて〜」と言われましたが、

普段フォグライトをつける習慣がなく、フォグライトってどこですか?と聞くしまつ。

 

さらには「ボンネット開けて〜」と言われて、

開けたことないよと思いながら、こーですかねー?と様子を伺いながらなんとか。

開けたら自分で閉めます。

ライト類や排気ガス、ボンネットの中をチェックすると次に進みます

 

職員の指示にしたがって前進し、停車させると次はライト光量や光軸の検査。

次にアクセルを踏んで時速40kmを保持します。

これは実際の速度とスピードメーターの表示の誤差検査。

メーターが時速40kmになるとパッシングをして合図を送ります。

 

次はブレーキの検査。

電光掲示板にブレーキの表示が出るので、フットブレーキを踏み込みます。

これは大丈夫だったのですが、次に出た表示が「駐車ブレーキ」。

 

?と思っていると、職員が「サイドブレーキだよ〜」と。

言われた通りサイドブレーキを引くと、なんと×の表示。

 

え?まじ?車検通らない?と不安になりましたが、

職員から「強く引いて!両手で!」

力いっぱい引くとが出ました。

 

こんなにサイドブレーキって引くものなのか…

確かに、サイドブレーキを戻すの忘れてアクセル踏んでも普通に進むしね。

 

最後に車体の底を点検するので、そのときもブレーキ類を操作します。

これで車検は終了。

無事車検を通すことが出来ました

 

 

 

車検証交付

 

車検が終わると、書類を持って最初の窓口に行きます。

ユーザー申請」と書いてある赤い箱にすべての書類を出します。

書類はクリップやファイルでまとめた方が親切。

 

 

職員が書類をチェックし、新しい車検証をもらって車検終了。

最後に職員から「自分で点検したんですが?」と聞かれましたが、ディーラーからもらった分解整備記録簿を見せると大丈夫でした。

 

 

まとめ

今回はハイラックスのユーザー車検を紹介しました。

まとめ

・ユーザー車検費用(初回)は39,279円

・必要な書類は代書屋で楽チン。

車検内容は職員がやさしく教えてくれる

ユーザー車検はムズかしくてメンドくさい!いう印象がありますが、

めちゃくちゃ簡単でした!

初めてだとレーンで戸惑うかもしれませんが、職員がやさしく教えてくれます。

こんなところで怒られるわけないですもんね。

 

必要な書類は代書屋をつかうのがオススメです

失敗するとしたら書類関係だけだと思うので。

 

ハイラックスは貨物車で毎年車検なので、ユーザー車検で節約したいと思います!

ありがとうございました!!

Sponsored Links

コメント