車検費用は4万円以内!ハイラックスのユーザー車検を詳しく解説

束になったアメリカ1ドル札
記事の内容

ハイラックスのユーザー車検の内容を紹介します!

  • ハイラックスの車検費用は39,270円
  • 必要な書類は簡単に準備できる
  • 初めてでも大丈夫!ユーザー車検の流れを詳しく説明

夜景は地形が基本、トリぞーです。

この記事は、ハイラックスの車検を安くしたい方に向けた内容です。

  • ハイラックスの車検っていくらかかるの?
  • できれば安くすませたい…
  • ユーザー車検ってムズかしそう…

ハイラックスが欲しいけど、車検が年1回…。

車検費がどれくらいするか、不安な方も多いと思います。

車検費用をおさえるには自分で車検を通す、ユーザー車検がおすすめ!

車検1回あたり、6万円の節約になることも。

ハイラックスの実際にかかる車検費と、

初めてでも簡単、ユーザー車検の流れを詳しく紹介しています!

場所は福岡運輸支局

どこの車検場でも大きな違いはありませんよ

目次

ユーザー車検とは?

整備工場内に並べられた車

車を車検に通すとき、多くの人が車屋さんに頼んているでしょう。

車検は都道府県内にある車検場に車を持って行き、

レーンでいろんな点検に合格し、ようやく車検証が発行されます。

知らないだけで、けっこう手間がかかっているんですね。

その手間を自分で行うのが、ユーザー車検

ユーザー車検とは、自分で車検を通すことを言います。

人件費も車検費に含まれているので、

自分で車検を通すと、車検費用を安くすることができます

ハイラックスのユーザー車検費用

束になったアメリカ1ドル札

ハイラックスの車検は年に1回。

2年に1回である乗用車の車検と比べると、

単純に費用が2倍になります。

できるだけ車検費用は抑えたいですね

ディーラーで見積もりを出してもらうと、車検費用は97,647円でした。

奥さま

乗用車の車検だったら20万やで!

しかし、ユーザー車検で実際にかかった車検費用は39,270円でした

自分で車検を通すと、6万円近い節約になります。

ユーザー車検費用(初回)の内訳はこちら。

  • ディーラー点検費用 16,000円
  • 自賠責保険     20,370円
  • 印紙代        1,800円
  • 代書屋手数用     1,100円

初回の重量税は、エコカー免税のため免除。

2回目の車検から、重量税が7,500円かかります。

ディーラー点検費用とは?

整備工場内に並べられた車

ユーザー車検といっても、点検は車屋にしてもらいます。

しかし、車屋の点検は必須ではありません。

自分でできればOK

でも、車検が通らなかったらメンドくさいし、

この記事を読んでいる人だと、自分で点検はハードル高いかな?

私はボンネットを開けるのにも苦労しました

点検費用は、オイル交換込みで16,000円

点検後に分解整備記録簿という書類をもらいます。

チェック項目とディーラーのハンコが押してありますが、この書類も必須ではありません。

車検では、点検整備記録簿という書類が窓口にあります

必要があれば、分解記録簿を参考に記入して下さい。

記入したことありません

2回目のユーザー車検では、ディーラー点検をしませんでした。

乗用車なら2年に1回の車検、ハイラックスも通勤や趣味だけなので点検は2年に1回でいいかなと。

結果は無事、車検を通すことができました。

時間を節約するには

ユーザー車検で注意すべきことは時間です。

自分で車検を通すので、できるだけ時間も節約したい。

車検場は昼前になると、レーンに並ぶ車で行列ができます。

車検にかかる時間は約1時間。

時間を節約した人は、9時には車検場に着くようにしましょう

また、夏場になるとスタッフの休憩時間があります。

10時すぎに、15分くらいレーンが止まりました。

休憩による行列を避けるためにも、

10時までに車検を終えたいですね。

エンジンを切った状態で休憩に入られると地獄です。

飲み物を持参して車から出るようにしましょう。

必要ならエンジンをかけてもいいと思います。

各車検場で多少の違いはあるでしょう。

ユーザー車検の予約

テーブルに置かれたスマートフォン

点検が無事おわり、実際に車検場に行く前に予約を入れます。

車検は車検証の満期より、1ヶ月前から受けることができます。

「車検 予約」と検索して、

自動車検査インターネット予約システムから予約。

新規アカウトを作成して、必要事項を入力します。

検査種別

車検のインターネット予約システム

車検種別は、継続検査を選びます。

新車で購入して初めての車検でも、継続検査になりますよ

検査車種選択

車検のインターネット予約システム

ハイラックスは1ナンバーなので、

中型/大型車を選びます。

普通車じゃないよ!

車台番号の入力

車検のインターネット予約システム

車検証を見て、車台番号を入力します。

スマホからの予約だと、

車検証の下にあるQRコードから一発で入力できそう。

日時の選択

車検のインターネット予約システム

実際に車検場に持っていく日時を決めます。

1〜4ラウンドまでありますが、目安って感じ。

いつも朝イチで行きますが、それでも並びますね。

ユーザー車検で必要な書類

サイコロを囲んで会議をする3人の人形

ユーザー車検は書類の準備がメンドくさいと、ディーラーからいわれました。

実際のところ、めっちゃカンタン

事前に準備が必要な書類は、3つです。

  • 車検証
  • 自動車納税証明書
  • 前回の自賠責保険証明書

車検証は車にのせてると思うので、準備するほどでもないですね。

自動車税は、毎年5月くらいに支払います。

控えでもらう、自動車納税証明書を車検証と一緒に保管してください。

自動車税の支払いが車検日の3週間以上前だと、自動車税納税証明書は必要ありません。

ですが、念のため車検証といっしょに保管です。

車検の当日に準備できる書類は、5つ。

  • 今回の自賠責保険証明書
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車検査票
  • 継続検査申請書
  • 点検整備記録簿

今回の自賠責保険は、事前に更新してもOKですよ。

自動車重量税納付書は、2回目の車検から必要となります。

自動車検査票継続検査申請書点検整備記録は車検場窓口でもらいます。

どれもナンバー、車台番号、総走行距離、住所、氏名の記入や印紙を貼りつけるくらい。

当日に準備できる書類は、

次に説明する代書屋で準備してもらえます。

代書屋

車検場内の行政書士事務所

当日に必要な書類を準備してくれる、代書屋というものがあります。

今回は車検場の敷地内にある、行政書士事務所でお願いしました。

行政書士事務所って聞くと、ちょと尻ごみしますが予約も必要ありません。

車検当日に訪問して、ユーザー車検の書類作成をお願いしたいのですが……

と、たずねると15分くらいで準備してくれます。

行政書士事務所で今回の自賠責保険、自動車重量税が更新できます

車検証と前回の自賠責保険証明書をわたすと、

自動車検査票継続検査申請書点検整備記録簿の作成もしてもらい、一式クリップでとめて受けとります。

このときに自賠責保険料の20,370円

検査費用(印紙代)1,800円

書類作成の手数料として1,100円(税込)を支払います。

1,100円で必要な書類を準備してくれるので、おすすめですよ

2回目のユーザ車検から、重量税7,500円も追加で支払います。

奥さま

手数料は目安やで!

自賠責保険料や印紙代は毎年少し変化します

書類を窓口へ

九州運輸局福岡運輸支局の玄関

書類がそろうと、車検場の窓口へ持っていきます。

九州運輸局福岡運輸支局の申請窓口

黄色い申請箱と書かれた箱に、書類一式を入れます

整理券とかは取りません。

書類に不備がないことをスタッフが確認すると、いよいよ車検に通します。

車検工程

九州運輸局福岡運輸支局の車検場

ユーザー車検は、自分で車にのってレーンを通します。

窓口でコース番号を言われるので、そのコースに並びます。

3回目の車検ではコースの指示はありませんでした。

マルチとあるレーンに並びましょう。

順番をまっている間はドキドキ。

まわりは業者なのか、みんなツナギの作業服ばっかりなんですよ。

自分で点検をしている人もいて、落ちつきませんでした。

順番がまわってくると、窓をあけ自動車検査票をわたします。

検査項目は5つ、指示にしたがって車を操作します。

検査項目
  • 車まわりの点検
  • 排気量の測定
  • ライト光量、光軸
  • 速度検査
  • ブレーキ検査

車まわりの点検

車検スタッフの指示で、車を操作します。

ウインカーを右左、ライトをつけたり消したり。

タイヤまわりをハンマーでカンカン。(スタッフがします)

フォグライトつけて〜

といわれましたが、

普段フォグライトをつける習慣がない……

フォグライトってどこですか?と聞くしまつです。

ボンネットあけて〜

開けたことないよと思いながら、

こーですかねー?と様子をうかがいながらなんとか。

もちろん、あけたら自分で閉めます。

この時に、初めて自分で車検を通すとスタッフに伝えましょう。

ベテランのおじさんスタッフが最後まで付きそってくれます。

排気量の測定

車の排気量を測定します。

指示があるので、スタッフの指示にしたがって外に出ましょう。

スタッフがアクセルをふかします。

ライト光量・光軸

スタッフの指示にしたがって前進し、停車させると、

次はライト光量や光軸の検査。

ライト光量・光軸検査がクセ者で、点検していてもNG(×)が出る場合があります。

NGがでたときは、近くの車屋で調整してもらうと、

その日のうちに車検を通すことができます。

1回の検査料で3回まで通せます。

車検場近くの車屋を調べとくと、いいかも。

2回目のユーザー車検では事前の点検をしておらず、NG(×)がでました。

検査は何回かくり返すので、1回でもOK(○)が出るとクリア。

ヒヤヒヤものですね…。

速度検査

アクセルをふんで、時速40kmを保ちます。

実際の速度とスピードメーターの誤差検査ですね。

メーターが時速40kmになったら、パッシングをして合図を送ります

ブレーキ検査

次はブレーキの検査。

電光掲示板にブレーキの表示が出るので、フットブレーキをふみ込みます。

これは大丈夫だったのですが、次に出た表示が「駐車ブレーキ」

?と思っていると、

サイドブレーキだよ〜

言われた通りサイドブレーキを引くと、なんと×の表示。

え?まじ?車検通らない?と不安になりましたが、

つよく引いて!両手で!

力いっぱい引くとが出ました

こんなにサイドブレーキって引くものなのか…。

サイドブレーキをもどし忘れてアクセルふんでも、普通にうごくしね。

最後に車体の底を点検するので、そのときもブレーキ類を操作します。

ハンドルが勝手に動くので、触れないようにしましょう。

これで車検は終了。

無事車検を通すことができました

車検証交付

九州運輸局福岡運輸支局の窓口

車検がおわると、書類を持ってはじめの窓口に行きます。

ユーザー申請」と書いてある、赤い箱にすべての書類を出します。

書類はクリップやファイルでまとめた方が親切。

スタッフが書類をチェックし、新しい車検証をもらって車検終了。

最後に「自分で点検したんですが?」とスタッフから聞かれましたが、

ディーラーからもらった分解整備記録簿を見せると大丈夫でした。

2回目のユーザー車検では、事前の整備をしていませんでしたが、

点検整備記録簿に記入してくださいね〜の一言で終わりました。

3回目は触れられもせず…。

まとめ

今回はハイラックスのユーザー車検を紹介しました。

  • ユーザー車検費用(初回)は39,270円。
  • 必要な書類は代書屋で楽チン。
  • 車検内容はスタッフがやさしく教えてくれる!

ユーザー車検はムズかしくてメンドくさい!いう印象がありますが、めちゃくちゃ簡単でした!

初めてだとレーンで戸惑うかもしれませんが、スタッフがやさしく教えてくれますよ。

こんなところで怒られるわけないですもんね。

必要な書類は代書屋をつかうのがオススメです

失敗するとしたら書類関係だけだと思うので。

ハイラックスは貨物車で毎年車検なので、ユーザー車検で節約したいと思います!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次