【チャークロス】アパートのベランダで自作!道具と工程を紹介します!

アウトドア
記事の内容

アパートのベランダでチャークロスを作ったので紹介します!

・費用は110円。ほとんど家にあるもの使いました。

・カセットコンロでつくれます。

煙に注意が必要!

最近した贅沢はピザ1枚喰い、トリぞーです。

 

今回はアパートのベランダでも作れるチャークロスを紹介します!

アパートだけどチャークロス作れる?

どんな注意点がある?

こんな方はぜひ参考にしてみてください!

 

キャンプのときは夏でも焚火をするのですが、その火をどうやって起こすかにこだわりが出てきました。

今まではまず炭に火をつけて、そこからマキを投入。

炭に火がつく過程が好きで、焚き火はおまけみたいな感じでした。

 

しかし、だんだんと焚火自体が好きになり、今では火おこしからしっかりしたいと思うように…

そこで知ったチャークロス

今回はそのチャークロスを自宅アパートのベランダで自作してみました

 

 

アパートのベランダでチャークロスが作れるか?

 

チャークロスとは綿100%の布を炭化したもので、ちょっとした火花でも火をつけることが出来ます。

ファイヤースターター(火打ち石)での火おこしにすごく便利です。

 

そんなチャークロス、作り方はカンタン

よくキャンプの焚火につっこんで自作する方法をみます。

 

でもキャンプで作るのなら、チャークロスを使うのはその次のキャンプから。

そんなの待てません。

 

ということで自宅アパートのベランダでチャークロスを作りました。

結果は、作れるには作れますが、に注意です!

 

 

 

ベランダでの自作に必要な道具

 

準備した道具は写真のとおり。

必要な道具

・フタつきの缶

・ハサミ

・ハンマー

・ペグ

・アルミホイル

・カセットコンロ

 

自作のために買ったのはフタ付き缶だけ。110円!

あとは家にあるものでです。

 

ちなみにまん中にあるヘンな陶器は使いません

なぜここに写っているのかもナゾ…

 

ロウソクと木材は使えませんでした。

木材の上にロウソクを置いて缶を焼いたんですけど、火力が足りず。

ロウソクの代わりにカセットコンロを使いました。

 

 

材料

 

チャークロスの材料は綿100%の布。

100%じゃないとダメなのかと聞かれると、分かりません…

今回はつかい古した手袋にしました。

 

 

ベランダで自作開始

 

道具と材料がそろったので、さっそく作っていくことに。

場所は自宅アパートのベランダ

しかし、あとあと大変なことに

 

 

缶のフタに穴をあける

 

まずは缶のフタにを開けます。

Sponsored Links

ちなみに缶の素材はブリキ

 

ペグとハンマーをつかってイッパツであきます。

缶はずっと使うので、穴のまわりの危ないところもハンマーでかるく叩いて、いい感じにします。

 

 

布を入れる

 

次に手袋を適当な大きさに切ります。

たくさん作ろうと欲張って小さく切ってしまいました

指のところはめんどくさくなってそのまま缶に入れます。

 

 

完成したチャークロスで火おこしをしましたが、これくらいの大きさでも十分です

 

ロウソクで失敗

成功したものはガスコンロで焼きましたが、失敗ものせます。

布を入れて缶を焼くんですが、はじめは木材とロウソクで釜戸をつくりました。

 

 

このときは、工夫して玄人感でてるーって気分良かったんですが、

 

火力が全く足りない

なぜでロウソクでいけるって思ったんでしょうね…

 

ネットでは缶を焚火の中に入れてつくっていましたが、ここはアパートのベランダ

そこで使用したのがカセットコンロ

 

 

カセットコンロで焼く

 

缶が小さいのでゴトクをおいています。

直火式のエスプレッソマシンに付いてきたやつ

 

 

カセットコンロに缶をおいて火をつけます。

火力はMAX

すぐに穴から煙が出てきました

(写真では分かりにくいですが。)

 

 

穴からでる煙がでてこなくなったら完成

と、思いきやアクシデント発生

 

思いのほか、大量の煙が出てきました

焦って写真が撮れないほど…

 

アパートのベランダだとリアル苦情がくるレベルです

と言いますか、消防車呼ばれるかもとも思いました…

 

とっさに火を消しましたが、煙が止まらないのでアルミホイルで包みました

本当は煙がでなくなるまで焼いて、その後アルミホイルで包んで冷えるまで待ちます

 

 

ベランダでチャークロス完成

缶が冷えるまで待ち、フタを開けます。

 

おー!!それっぽい!

 

中には黒ではなく茶色くなっているものも

これは熱し不足によるものだそうです

予想以上の煙で焼きが足りなかったんですね。

 

ベランダで火花を飛ばしてみると、本当に小さな火花でも着火しました

成功です。

 

 

まとめ

今回はアパートのベランダでのチャークロス自作を紹介しました。

まとめ

・アパートのベランダでは煙に注意

・缶は買ったけど、家にあるもので十分作れる。

・火力はカセットコンロでいける!

 

1回作ってしまえば、次回からキャンプの焚火で作れるので煙の心配もいりませんね。

ありがとうございました!

 

 

 

Sponsored Links

コメント