太平洋戦争|アメリカは日本より大きかった?台湾幼少時代の体験談

戦争
記事の内容

・学校では教えてくれない、太平洋戦争の体験を紹介します!

アメリカは日本より大きかった!?

・小学生が日本兵の看病、パパイヤがあれば大したこない!

NHKがわりと好き、トリぞーです。

 

前回、知り合いのおばぁから学校では教えてくれない太平洋戦争の話を聞いたので紹介しました。

 

 

今回も新たに当時の話を聞くことができました。

この記事ではおばぁに聞いた、学校では教えてくれない太平洋戦争の体験談を紹介します

 

日本だった台湾

 

 

おばぁは知り合いの80代の方。

太平洋戦争のとき、小学生だったおばぁは台湾に住んでいました。

 

台湾は日清戦争あとの下関条約により、1895年から日本が統治することになりました

台湾は昔、日本だったんですね。

 

日本で一番高い山はみなさんご存知、富士山。

しかし、台湾を統治したことにより、

日本で一番高い山は富士山ではなく、台湾にある新高山(にいたかやま)という山でした

 

名前の由来は日本の新しい最高峰の山ということで、明治天皇により新高山と命名。

現在は玉山と呼ばれ、標高は3,952mです。

 

有名な真珠湾攻撃の暗号電文。

ニイタカヤマノボレ

 

これは、日本最高峰の山に登れという言葉が、真珠湾への攻撃命令の暗号になったのです

この暗号は長崎県佐世保市に現存している針尾送信所から送られたとも言われています。

現在も三本の高い電波塔を見ることができます。

 

少し話がそれましたが、

おばぁは台湾で幼少期をすごし、台湾で太平洋戦争を生き抜いてきました。

 

 

アメリカは日本より大きかった

 

 

前回に引きつづき、おばぁから貴重な戦争体験の話をききました。

学校では決して教えてくれない話。

Sponsored Links

 

アメリカを初めて地図で見たときはびっくりした。

と、おばぁは言いました。

 

小学生のころに太平洋戦争を経験したおばぁは、高校生になって初めてアメリカを地図で見ました。

アメリカってこんなに大きいの?」

これが第一印象だったそうです。

 

太平洋戦争のころ、学校では地図を使った授業がありませんでした

地図がなかったのか、あえて地図を見せなかったのかは分かりません。

 

学校で地図を見ることがなかったでの、アメリカは日本より小さい国だと思っていたそうです

そういう教育だったのか、おばぁが勝手にそう思い込んだのかは聞くことができませんでした。

 

こんな国に日本が勝てるわけない

太平洋戦争時代、一般国民はアメリカの大きさを知っていたのか?

すごく気になるところです。

 

おばぁは当時から幼いながらも、

「なんで日本より小さい国なのに、たくさん飛行機が飛んで来るんだろう」

「なんでこんなにケガをした日本兵がたくんさんいるんだろう」

と思っていたそうです。

 

 

学校で日本兵の看病

 

おばぁが住んでいた台湾の南方には、たくさんの負傷兵が治療を受けていました。

当時の生活は弁当を持って学校へ登校。

机を外に出し、負傷兵の部屋となった教室で1日中、日本兵の看病の手伝いをしたそうです

 

汚れた包帯を洗ってほしたり、食料として山にパパイヤをとりに行ったり。

当時はそれが当たり前だったとのこと。

パパイヤが好きだったおばぁは、こんな生活が楽しくもあったと教えてくれました。

 

 

まとめ

今回も知り合いのおばぁから太平洋戦争時代の体験談を聞くことができました。

まとめ

・太平洋戦争のころ、学校でアメリカの大きさを教えていなかったかもしれない。

・台湾では学校で日本兵の看病をしていた。

 

地図でアメリカを見て、大きさにビックリしたとの話もさることながら、

ケガした日本兵をずっと看病していて、

それでも楽しいこともあったよって教えてくれたときは衝撃でした。

 

日本兵の看病なんて、パパイヤ食べられれば大したことない。

小学生の子供がそう思うのです。

裏をかえせば、当時の食糧難も浮かびますね。

 

戦争の歴史においては何が正しいのか、何が間違いなのかはっきりしないこともあります。

これからも自分で調べて、聞いて、戦争の歴史を学びたいと思います。

Sponsored Links

コメント