ハイラックスにかかる税金のすべて!維持費の把握と買い替えの参考

記事の内容

ハイラックスの税金について詳しく紹介!

  • ハイラックスは自家用貨客兼用車
  • 自動車税は16,000円
  • 重量税は7,500円(要確認)
  • 環境性能割は104,700円(要確認)
  • 消費税は388,200円(購入時)
  • エコカー減税は対象
  • グリーン化特例は対象外
  • 自賠責保険料は20,370円/12ヶ月
  • 維持費は3ナンバーより1ナンバーが安い
  • 11年、18年以降の増税は参考程度に

泳げないから溺れない、トリぞーです。

この記事は、ハイラックスにかかる税金を知りたい方に向けた内容です。

  • ハイラックスの税金を詳しく知りたい!
  • エコカー減税ってよく分からん…
  • 1ナンバーは維持費が安いって本当?

これらの疑問、要望を解決します!

なぜなら、実際にハイラックスに5年乗って、かかった税金を記録しているからです!

この記事は、ハイラックスにかかる税金を詳しく紹介しています。

最後まで読んで頂けると、年間維持費の把握や買い替え時の参考になりますよ

奥さま

どんだけ税金あるんやー!

ハイラックスは安い方かな?

目次

ハイラックスが分類される車種は?

新型ハイラックスは1ナンバーの貨物車です。

1ナンバーは普通貨物車に分類され、自動車税は最大積載量で決まります。

最大積載量自動車税(自家用)
〜1t8,000円
1t超〜2t11,500円
2t超〜3t16,000円
3t超〜4t20,500円
4t超〜5t25,500円
5t超〜6t30,000円
6t超〜7t35,000円
7t超〜8t40,500円
チューリッヒHPより

ハイラックスの最大積載量は500kg。

もっとも軽い最大積載量です。

奥さま

自動車税8,000円やん!

違うんだよね…

ハイラックスは自家用貨客兼用車

新車のハイラックス

ハイラックスは後部座席に3人乗れる、5人乗りの貨物車です。

普通貨物車に分類されますが、さらに自家用貨客兼用車に該当。

最大乗車定員が4人以上だと貨客兼用車になるため、5人乗りのハイラックスは自家用貨客兼用車となります

自家用貨客兼用車の自動車税は、最大積載量総排気量で決まります。

ハイラックスにかかる税金

税金

ハイラックスは貨物車なので、乗用車とは税金が異なります。

ハイラックスにかかる税金は主に3つ。

ハイラックスにかかる税金
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車税環境性能割
奥さま

購入時は消費税もかかるでー!

ここでは割愛

ハイラックスの自動車税

自動車税:16,000円/年

自家用貨客兼用車であるハイラックスの自動車税は、最大積載量と総排気量に応じて決まります。

最大積載量
総排気量
自動車税(自家用貨客兼用車)
〜1t
1.0L超〜1.5L
14,300円
〜1t
1.5L超〜
16,000円
1t超〜2t
1.5L超〜
19,500円

ハイラックスの最大積載量は500kg、総排気量は2,393ccで約2.4Lです。

よって、ハイラックスの自動車税は16,000円となります。

ハイラックスの自動車重量税

自動車重量税:12,300円/年

1ナンバーの自動車重量税は車両総重量で決まります。

貨物車なので、荷物を積むことが前提だからですね。

乗用車の場合は車両重量、軽自動車の場合は一律となります。

奥さま

重い車は道路を傷める税やでー!

よく考えるよね〜

ハイラックスの車両重量は2.08t、車両総重量は2.8tです。

55kg×5人+最大積載量500kg+2.08t

車両総重量車齢13年未満
〜1t3,300円/年
〜2t6,600円/年
〜2.5t9,900円/年
〜3t12,300円/年
〜4t16,400円/年
〜5t20,500円/年
〜6t24,600円/年
〜7t28,700円/年
〜8t32,800円/年
奥さま

エコカー減税あるでー!

重量税は疑問があるので後述します!

ハイラックスの自動車税環境性能割(旧自動車取得税)

ハイラックスの自動車環境性能割:104,700円(Zグレード購入時の目安)

自動車税環境性能割(以下、環境性能割)とは、車を購入する時に払う税金です。

以前は自動車取得税がありました。

奥さま

買う行為に税金かけてるでー!

この税金はどこにいくのやら…

環境性能割は、排出ガス基準や燃費達成基準などに応じて決まります。

ハイラックスは基準に達成していないので、取得価格の3%が課税

取得価格=課税標準基準額+オプション価格

スクロールできます
区分電気自動車等2030年基準
85%達成
2030年基準
75%達成
2030年基準
60%達成
左記以外
自家用の登録非課税非課税1%2%3%

課税標準基準額は、車両価格の90%が目安。

ハイラックスZグレードでは車両価格388万円の90%、349万円が課税標準基準額です。

オプションをつけないと、取得価格も349万円。

環境性能割は3%なので、104,700円が課税されます

基準が変わったので要確認

ハイラックスの免税・減税

ハイラックスの環境性能基準の表示

ハイラックスに関係する免税や減税は、エコカー減税のみです

グリーン化特例や環境性能割の免税・減税はありません。

奥さま

基準が変わってるで!

詳細は販売店でも確認を!

ハイラックスのエコカー減税

エコカー減税とは環境に優れた車に対して、新車購入時の自動車重量税を減免する制度です。

ハイラックスはクリーンディーゼル車なので、エコカー減税が適応されます。

ハイラックスでは新車購入時と、2年後の初回継続車検の重量税が免除

2回目の継続車検から7,500円が課税されました。

ハイラックスの重量税は7,500円/年?

ハイラックスの新車価格の料金表
引用:https://toyota.jp/hilux/ecocar/

自動車重量税を調べると、どのサイトも1ナンバー3t以下は12,300円/年でした。

しかし、3回継続車検を行っても、今だに支払う重量税は7,500円

エコカー減税は購入時と初回の継続車検のみの適応だと思います。

2回目、3回目の継続車検で重量税7,500円ということは、今後も7,500円なのか?

トヨタHPでもエコカー減税15,000円とあります。

2年分の重量税なので、やはり重量税は7,500円だと思います。

分かり次第追って報告します!(200X風)

グリーン化特例は対象外に

ハイラックスの新車価格の料金表
引用:https://toyota.jp/hilux/ecocar/

グリーン化特例とは環境性能のいい車を購入・所有した場合に、自動車税が減税されます。

しかし、2021年4月1日以降、クリーンディーゼル車はグリーン化特例の対象から除外されています

2021年4月1日以降、2023年3月31日までの間に新規取得し、翌年の自動車税が概ね75%軽減される特例措置は、電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリット車、天然ガス自動車に限定され、クリーンディーゼル車は対象から除外されました。(自家用車の場合)

チューリッヒ保険
奥さま

ディーゼルの肩身が狭くなったで!

ショックでかちゃん…

ハイラックスの自動車環境性能割は非課税だった

私がハイラックスを購入した2018年は、自動車環境性能割が非課税でした。

クリーンディーゼル車は、電気自動車に分類されていたからです。

しかし、2021年5月1日からクリーンディーゼル車は除外されました

クリーンディーゼル車は2021年4月30日まで、電気自動車等に分類されていましたが、2021年5月から除外されました。激変緩和措置として2023年4月30日までは、2020年度基準を達成していれば非課税となります。

自動車税環境性能割-ソニー損保

トヨタHPでは現在も環境性能割が非課税になっています。

もしかすると、ハイラックスは2020年度基準を達成してるかもしれません。

分かり次第追って報告します!

ハイラックスにかかる自賠責保険

手の上に乗ったエコカー

自賠責保険は必ず入る保険です。

ハイラックスは貨物車なので、最大積載量で自賠責保険料が決まります。

しかし、サイトによって自賠責保険料がバラバラ。

スクロールできます
自賠責保険料(12ヶ月)サイトAサイトBサイトC
普通貨物車(最大積載量2t以下)23,970円20,370円19,120円

私が実際に払っている自賠責保険は、20,370円/12ヶ月です

地域で違うのか?

ハイラックスを新車で購入した場合の税金と保険料

束になったアメリカ1ドル札

ハイラックスを新車で購入した場合、5つ料金が追加されます。

購入時の税金と保険
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自動車環境性能割
  • 消費税
  • 自賠責保険

ハイラックスZグレードを購入する場合(2022年12月現在)

ハイラックスZグレードの車両価格は388万2,000円

新車で購入した場合の税金と保険料の目安が以下です。

税金と保険追加料金
自動車税(12ヶ月)16,000円
自動車重量税0円(エコカー減税)
環境性能割104,700円
消費税388,200円
自賠責保険(24ヶ月)40,740円
合計549,640円
※自賠責保険は12ヶ月を2倍しています
奥さま

値引きしないとえげつないでー!

あくまでも目安として!

ハイラックスはいつまでに買うのがお得?

ハイラックスに関係する減税はエコカー減税のみです。

2022年12月現在では、エコカー減税の期間が延長され、2023年12月末までの予定。

その後も、減税対象車の基準を引き上げながら、2026年4月までは延長する方針です。

ハイラックスは2023年までに買うと、エコカー減税により22,500円お得です

2024年以降は基準がわからないので、ハイラックスは対象車から除外されるかもしれません

ハイラックスが3ナンバーだったら維持費はどうなる?

天秤でお金と時間の比較

ハイラックスが仮に3ナンバーとして、1ナンバーとの維持費を比較しました。

税金だけ見ると、1ナンバーの方が41,650円安くなります

車検費を含めても、2年間の維持費は1ナンバーの方が13,523円安くなりました

スクロールできます
ハイラックスの維持費比較1ナンバー3ナンバー
2年間の税金、保険料、車検費227,294円240,817円
2年間の重量税、自賠責を加味
奥さま

車検費用は安くできるでー!

税金は安くできない!

ハイラックスが3ナンバーだった時の税金比較

ハイラックスが仮に3ナンバーだったら、年間の税金はどれくらい変わるのか?

表にしました。

税金と保険1ナンバー3ナンバー
自動車税16,000円45,000円
重量税7,500円25,000円
自賠責保険20,370円15,520円
合計43,870円85,520円

もしハイラックスが3ナンバーだと、年間の税金・保険料が85,520円になります。

1ナンバーの方が41,650円安い

奥さま

2倍やでー!

車検は1年に1回だけど…

ハイラックスが3ナンバーだった時の車検費比較

1ナンバーと3ナンバーのハイラックス車検費用の比較がこちら。

スクロールできます
ハイラックスの車検費1ナンバー3ナンバー
2年間の車検費用195,294円150,817円
2年間の重量税、自賠責を加味

車検費だけ見ると、1ナンバーの車検は2年に2回あるので44,477円高い

車検費用は安くできるしね

ハイラックスの車検費はユーザー車検で安くできる

ハイラックスの車検費は、ユーザー車検で通すと安くできます。

3回目の継続車検の費用は39,270円でした

ハイラックスをユーザー車検で通すと、2年間の維持費が110,540円になります。

スクロールできます
ハイラックスの維持費比較ディーラー車検ユーザー車検
2年間の税金、保険料、車検費227,294円110,540円
2年間の重量税、自賠責を加味

ユーザー車検で通すことで、2年間で116,754円の節約ができます

奥さま

ユーザー車検1択やでー!

絶対おすすめ!

ハイラックスに乗り続けると税金はどうなる?

車の税金はずっと一定ではなく、登録から13年・18年で税金が増加します。

しかし、ディーゼル車の場合、13年ではなく11年で増税

増税額を調べたところ、ハッキリしないので乗用車を参考にしました。

乗用車と貨物車に違いがあるのか不明なので、参考程度の表になります。

スクロールできます
ハイラックスの税金/年11年未満11年以降18年以降
自動車税16,000円18,400円18,400円
重量税7,500円10,400円11,400円

自動車税は11年以降で15%の増税としています。

18年以降の増税率が分かりませんでした。

増税しないのかな…

重量税は11年以降に39%の増税、18年以降は53%の増税としています。

分かり次第、追記します!

まとめ

今回はハイラックスの税金について紹介しました。

  • ハイラックスは自家用貨客兼用車
  • 自動車税は16,000円
  • 重量税は7,500円(要確認)
  • 環境性能割は104,700円(要確認)
  • 消費税は388,200円(購入時)
  • エコカー減税は対象
  • グリーン化特例は対象外
  • 自賠責保険料は20,370円
  • 維持費は1ナンバーが安い
  • 11年、18年以降の増税は追って報告!

税金は安くならないし、絶対必要になる費用なので、しっかり把握してハイラックスを検討して下さい!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次