成績はイマイチ?菅原道真が社会人になるまでの歴史

人生の計画
記事の内容

菅原道真の誕生から、社会人になるまでを紹介します!

  • 親ガチャは成功、性格はガリ勉タイプ
  • 高校時代にややつまづくが、無事進学
  • 就職先は、政府の官僚

乾燥にはホホバオイル、トリぞーです。

この記事は、菅原道真の歴史に興味がある人に向けた内容です。

  • 菅原道真の幼少期は?
  • 実際、頭いいの?
  • 最初はどんな仕事についたの?

これらの疑問に応えます。

ブラタモリの太宰府SPがきっかけで、太宰府の歴史に興味が出てきました

太宰府といったら学問の神様、菅原道真。

前回は菅原道真の、3つの顔を紹介しました。

今回菅原道真の誕生から、社会人となるまでの話。

何回かにわけて、菅原道真の生涯を分かりやすく紹介していきます。

めっちゃ波乱万丈な生涯ですよ

目次

菅原道真の誕生

人生の計画

承和12年(845)6月25日、

菅原道真は、父・是善(これよし)の第3子として誕生しました。

母は伴(ばん)の娘とされ、名前は定かではありません。

伴は少納言として、天皇の秘書をしていたすごい人。

娘である道真の母も、才女であったといわれています。

道真には兄が2人いましたが、どちらも早くに亡くなりました。

一人っ子になった道真も、幼いころから病弱だったのです。

そんな道真に、母は愛情をたっぷりそそぎ、教育も熱心におこないました。

道真の家系は、文章道(もんじょどう)の才能にあふれていました。

文章道とは、中国の漢文や歴史を研究する学問です

親ガチャ成功ってやつですね

道真少年は才能と教育環境を武器に、めちゃくちゃ勉強します。

もうガリ勉です

少年時代から優秀

階段を駆け上る外国の少女

貞観元年(859)道真少年は、加冠(かかん)に任命されます。

加冠とは、元服する者に冠をかぶせる役目。

元服とは、今でいう成人式です。

道真は新成人に、冠をかぶせていたんですね。

成人式といっても、今みたいにダレでも式に出れるわけではありません

元服が一般的になるのは、室町時代からです

室町時代から、500年も前の成人式なんて、

限られた人しか参加できませんでした。

限られた成人に冠をかぶせるなんて、さらに限られた人。

それが道真少年だったのです。

大学受験はギリギリ合格?

積み上げられた7冊の本

18才になったガリ勉の道真少年。

少年から青年になった道真は、官吏任用試験に合格し、

文章生(ぶんじょうしょう)となりました。

官吏(かんり)とは、今でいう官僚、

文章生は、大学生のことです。

道真少年は、18才で官僚を育成する大学生となったのです

官吏任用試験は年齢制限があり、受験資格として13才〜16才まででした。

しかし、道真青年の時代には、年齢制限が撤廃されます。

成人式である元服は、はやい人で11才。

昔は、今より大人とみなされる年齢が低いイメージ

18才で文章生となった道真は、

メチャ天才!というワケではなかったのでしょうか?

実際に、試験もギリギリで合格したとの説もあります

成績優秀で大学院まで進学

勉強する外国の少女

道真青年はさらに勉学にはげみ、23才のとき、

君、成績優秀!

と認められ、文章得業生(もんじょうとくごうしょう)となりました。

文章得業生とは、官僚の国家試験最上位である、

方略試(ほうりゃくし)の受験資格をえることができます。

大学院生みたいなものでしょうか

方略試は、官僚になる最高の国家試験。

道真青年はさらに、正六位下の位を授けられました。

正六位下の位とは、今でいう大臣の下につく、次官くらいの地位だとおもいます

道真、エリート社会人へ

本の上に座る小さな男性の人形

道真青年は、26才で方略試に合格します。

方略試は難関試験であり、3年に1人合格するくらいの難しさ

さすが学業の神様です。

官僚になった道真は、少内記の仕事につきます。

少内記とは、天皇の意思を表示する文章を考える仕事。

道真青年は、立派な社会人となったのです。

まとめ

今回は菅原道真の誕生から、社会人になるまでま紹介しました。

  • 頭のいい家系に生まれ、子ども時代はガリ勉君
  • 高校生にあたる年代の成績は、イマイチだったかもしれない
  • 大学生以降は成績優秀、天皇にかかわる仕事につく

官吏任用試験では、やや危ないところもありましたが、

母親の愛情と教育で、道をふみ外すことなく、優秀な成績で官僚まで成長しました。

しかし、社会人となった道真は、社会の荒波にもまれることになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる