なぜ菅原道真は太宰府へ左遷となったのか?昌泰の変

砂場で遊ぶ子供
記事の内容

昌泰の変を分かりやすく紹介します!

  • 道真の出世に、藤原時平があせる
  • 時平が醍醐天皇にウソをつく
  • 醍醐天皇がダマされ、道真は左遷

パンケーキ食べたい♩パンケーキ食べたい♩トリぞーです。

この記事は、昌泰の変について知りたい方に向けた内容です。

  • 昌泰の変を簡単に知りたい
  • 誰が悪いの?
  • どんなウソだったの?
  • 道真はどうなるの?

これらの疑問に応えます。

前回は菅原道真の出世や、まわりの嫉妬心を紹介しました。

菅原道真の出世に焦った藤原家が、天皇にウソとつきます。

道真が太宰府へ左遷される、昌泰の変ですね。

人の嫉妬って怖い…

目次

藤原時平の陰謀

善悪の両面を現した仮面

順調に出世していった菅原道真。

同じくして出世コースにいる藤原時平(ときひら)。

道真は学者出身としては稀な、大臣の位です。

道真の影響をうけた門下生たちも、

朝廷内の官人として、重要な位置をしめていました。

道真派多すぎぃぃぃ

権力保持に危機感を覚えてきた時平は、

道真を失脚させようと、機会をねらっていました

道真と時平

本の上に座る小さな男性の人形

学者出身でありながら、大臣をつとめていた道真。

道真は学者としての純粋さにより、門下生から尊敬されています。

しかし、政治家としての素質には欠ける人物でした

冷静さを失わず、現実をうけとめ、

物事や人間にたいして、客観的にみる力が乏しかったのです。

いっぽう時平は、学問にたいする尊敬や、人間としての教養の深さはみられません。

藤原家という看板を利用して、自分の欲を満たす親の七光り代表でした。

昌泰の変

サイコロを囲んで会議をする3人の人形

朝廷の人間が、道真派に傾くなか、

時平は道真を失脚させようと、醍醐天皇にウソをつきます

醍醐さん、道真に娘いるの知ってます?

あー、いい子らしいじゃん

道真って宇多さんと仲いいですよね?

オヤジと?そーねー

ウワサっすけど、
醍醐さんの弟と、道真の娘を結婚させるって

マジで?そしたら弟が次の天皇?

時平から話をきいた醍醐天皇は、宣明をだします。

『右大臣菅原朝臣は寒門より俄かに大臣にとりたてられたのに、止足の分を知らず、専権の心があり、侫諂の情をもって上皇を欺き、廃立を行なって、父子の慈を離間し、兄弟の愛を破ろうとする。うわべの詞はおだやかであるが、心は逆である。』

道真は貧乏で家柄も良くないところから、

たまたま出世しただけなのに、調子にのってまだ権力を欲する腹黒野郎です。

父である宇多上皇にゴマすってダマし、娘をつかって弟を次期天皇にしようとしています。

そんなことしたら家庭崩壊。

優男のなりしてクズです。

うひょー!

やっちゃったね、醍醐ちゃん!

これらが昌泰の変となります。

道真、太宰府へ左遷

突然、醍醐天皇から宣明が発表され、道真は失脚することになります。

昌泰4年(901)1月25日、大宰権師(だざいのごんのそち)となり、左遷させられました

大宰権師とは大宰府の長官代理とされ、

京で失脚した大臣経験者の、うけ皿てきな官位です。

道真の左遷は、宇多上皇に知らされていませんでした。

おどろいた宇多上皇は、醍醐天皇に左遷をやめるよう訴えるためにかけつけます。

しかし、門にいた藤原菅根(すがね)が、醍醐天皇に取りつごうとせず、

宇多上皇は、あ然と門前に立ちつくしました。

まとめ

今回は道真の左遷の背景である、昌泰の変を紹介しました。

  • 藤原時平が、道真失脚を考える
  • 醍醐天皇にウソをつき、道真は左遷となる

ウソ1つで、今まで築き上げてきた信頼や地位が崩壊するんですね。

現実の社会でも起こりそう。

次回は左遷された道真がどのような気持ちや方法で、

福岡県太宰府に向かったのかを紹介します。

つづく!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次