菅原道真|遣唐使派遣の中止の理由とは?摂関政治へ

本の上に座る小さな男性の人形
記事の内容

京に戻った菅原道真の活躍を紹介します!

  • 京に戻った菅原道真は出世する
  • 遣唐使の派遣を、道真が中止する
  • 政治が律令制から、摂関制となる

餅をまくと誰でもヒーロー、トリぞーです。

この記事は、菅原道真の歴史を知りたい方に向けた内容です。

  • 京に戻った道真はどうなったの?
  • 道真はどんな働きをしたの?
  • 日本はどう変わったの?

これらの疑問に応えます。

前回は阿衡の紛議の黒幕である、藤原佐世の陰謀を紹介しました。

宇多天皇のピンチを救った菅原道真

京に戻った道真は、どのような活躍をみせるのか?

日本の政治が変わりますよ

目次

道真、京へ復帰

空港のロビーで飛行機を待つ外国人女性

阿衡の紛議により、あれに荒れた政界でしたが、

菅原道真の意見書により、無事に解決しました

サンキューやで道真はん

民衆のためです

道真は天皇の信頼をえることになり、

4年間の讃岐での任期をおえ、京に戻りました。

京では、天皇の秘書である蔵人頭(くろうどのとう)、

式部少輔(しきぶのしょう)に任命されます。

蔵人頭:天皇周辺をお世話する部署のトップ

式部少輔:いまでいう、文部省の役人

さらに、最高の行政機関である太政官の次官、

佐中弁(さちゅうべん)を兼ねることになりました。

左中弁は、正五位上相当になります。

讃岐守のころは従五位下だったので、出世して京に帰ってきました

よくもジッジを…基経のヤロー

道真がそばにいれば、うすらバカも何も言えんだろ

阿衡の紛議により、自分があやつり人形であると政界にバレた宇多天皇。

道真の出世は天皇中心の政界を実現し、基経を黙らせるための人事でした。

遣唐使派遣の中止

NOと書かれたメモ

寛平6年(894)道真は、遣唐使の派遣を中止したいと意見します

遣唐使の歴史は、聖徳太子による遣隋使派遣からはじまりました。

隋がほろび、唐が建国されたことで、

遣唐使の派遣へと継続された、大切な国家行事。

遣唐使派遣は、先進的な政治制度や国際文化、技術をもたらします。

日本に大きな影響を与えていました。

道真50歳のとき、重要な遣唐使派遣の中止を発表します

道真の家系は中国の歴史について研究する家系。

もちろん道真も、心の中では中国へわたりたい気持ちがありました。

しかし道真は、以下の理由から遣唐使派遣を中止したのです。

  • 唐の疲弊
  • 渡唐の難しさ
  • 財政難

唐の疲弊

唐では、ながく戦乱がつづきました。

国家として疲弊の極にあり、すでに没落した状態だったのです。

実際に12年後ほろびました

渡唐の困難さ

海路がけわしく、当時の船や航海術では遭難する確率が高い

優秀な人材を失う可能性がありました。

記録によると、遣唐使船の半数強は海難事故にあっています。

財政難

派遣のための船費や旅費、土産の品々などの膨大な費用が必要でした。

また、遣唐使は日中交流のためにはじめたのに、

いつのまにか、中国の太鼓持ちになったことも不本意でした。

律令制から摂関制へ

サイコロを囲んで会議をする3人の人形

道真には派遣を継続することで、優秀な人材を失うという危機感がありました。

しかし、道真の判断は、

当時の情勢を正確に見極めた、すばらしい判断となります

遣唐使の中止により、中国文化のマネをすることもなくなりました。

日本に独自の文化が芽生えるのです。

そして、律令制度から摂関政治へ、

政治の変化を迎えることになります

まとめ

今回は京へ戻った道真が、遣唐使派遣を中止したところまでを紹介しました。

  • 宇多天皇は基経に対抗すべく、道真を側近にした
  • 道真の遣唐使中止は、すばらしい判断だった
  • 政治は律令制度から、摂関政治となる

政治の制度まで変化させた道真ですが、やっぱりでるクイは打たれます。

ますます出世する道真に、またもや嫉妬の渦が…。

どうなる道真!

つづく!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次