学問の神様である菅原道真は3つの顔を持っていた?

サイコロを囲んで会議をする3人の人形 福岡
記事の内容

・菅原道真の人物像を分かりやすく紹介します。

・学業以外にもご利益がある?

・いやいや、ご利益ないかも…。

市立図書館が好き、トリぞーです。

 

お正月の特番『ブラタモリ』で太宰府が紹介されていました。

ブラタモリファンの私はもちろんチェック。

太宰府の歴史にも興味が出てきたので今回は太宰府に最もゆかりのある人物、菅原道真の生涯を順々に紹介したいと思います。

太宰府天満宮

太宰府天満宮の正面門

 

初めに太宰府天満宮を紹介。

太宰府天満宮は学問の神様として崇敬を集める、菅原道真が鎮まる聖廟です

 

難しい言葉が続きますが、廟とはある特定の人物を祀る建物のこと。

簡単にいうとお墓ですね。

 

中でも聖人を祀った廟を聖廟と言います。

なので、太宰府天満宮とは菅原道真のお墓なんですね

 

学問の神様として崇敬を集める菅原道真。

崇敬

 

 

崇敬を集める菅原道真

紙に切り抜かれた十字架

 

参考にした文献には、このように書かれていました。

学問の神様として崇敬を集める菅原道真

 

崇敬とは一般的に「崇め敬うこと」を意味するとあります。

その他の意味に以下の説明。

『キリスト教の中でもカトリック教会では、本来の信仰対象である三位一体の神、すなわち「父なる神」と「御子イエス・キリスト」と「聖霊」に対する信仰と区別して、人間である聖母マリアや聖人たちに対して使用する宗教概念・用語である。』
                                   ウィキペディア(Wikipedia)

Sponsored Links

 

これまた難しい文章ですが、すなわち菅原道真は三位一体の神、3つの顔を持っていたという意味にとることができます

 

 

3つの顔を持つ菅原道真

サイコロを囲んで会議をする3人の人形

 

みなさんご存知、菅原道真は「学問の神様

道真の3つの顔との1つめは、

学問、芸能、農耕神として広く民衆の中に生き続け、天神様と称される顔

学問以外にも芸能だったり、農業の神様としても一般の方に慕われていたんですね。

 

2つめの顔は「右大臣としての顕職を極めた顔

菅原道真はめちゃくちゃ仕事ができる人間だったんですね。

今でいう内閣官房長官みたいな仕事を極めていました。

 

3つめが死後、天によって雷神になったという伝説の顔

菅原道真は死後、雷神になったという伝説があるのです。

 

雷神とは雷を起こす神様。

雷が鳴っていときに腹を出して寝ていると、ヘソを取られるという有名な言い伝えがあります。

風邪をひかないようにという意味があるのですが、この言い伝えから雷神(雷様)は恐怖の象徴だったと考えられます。

 

 

まとめ

今回は学問の神様として有名な菅原道真の3つの顔を紹介しました。

まとめ

・学業以外にも芸能や農業の神様でもある。

・実際にも右大臣を務めあげたヤリ手。

・死後、恐怖の象徴とされた。

彼は頭も良く、芸能や農業にも長けており、政府の仕事もバリバリやっていました。

学業以外にもビジネスや芸能、農業のご利益もありそうですね

しかし、最後は恐怖の象徴である雷神となってしまいました。

そんな菅原道真はどんな生涯だったのでしょうか。

次回から菅原道真の生涯を紹介していきます。

 

Sponsored Links

コメント