清水原の隠れキリシタン遺跡の実際【6つの手がかり】臼杵市野津町

記事の内容

野津町清水原にある隠れキリシタン遺跡を紹介

  • 野津町はキリスト教布教の中心
  • どんな遺跡か全く分からない
  • 周辺には手がかりが複数ある
  • 水路の水がめっちゃキレイ

こんにちは、トリぞーです。

この記事は、キリシタン遺跡に興味がある方に向けています。

  • 野津町とキリシタンの関係は?
  • 隠れキリシタン遺跡ってどんな場所?
  • 周辺には何がある?

これらの疑問に応えます。

清水原にある隠れキリシタン遺跡は、グーグルマップのみで検索される遺跡。

実際はどんな遺跡なのか、全く分かりません。

なので、この記事をもって訪れたことにできると思います

奥さま

温泉に行こーで!

旅の時間節約に!

目次

キリシタン布教の地区

紙に切り抜かれた十字架

大分県臼杵市にある野津町は、キリスト教布教の地でした。

きっかけは、キリシタン大名である大友宗麟が臼杵に移り住んだこと。

天正6年(1578)野津町の代官「りんせい」がキリシタンとなり、

リアンという洗礼名を授かります。

同年に宗麟も、臼杵で洗礼を受けています。

リアンは屋敷に教会を建て、

裏山にはキリシタン専用墓地をつくりました。

天正8年(1580)にはイエズス会の司祭館がおかれ、

野津町はこの地方の布教の中心となります

野津町にある下藤キリシタン墓地は、

全国的にも珍しい完全なキリシタン墓地であり、国指定史跡に登録されています。

清水原の隠れキリシタン遺跡

野津の隠れキリシタン遺跡

布教の中心だった野津町。

野津町にはいくつかのキリシタン墓地がありますが、

清水原(そうずばる)には、

隠れキリシタン遺跡たる場所があります。

では、野津町清水原にある隠れキリシタン遺跡とは、どんな場所なのか?

現段階では、いっさい分かりません

グーグルで検索しても、情報がない。

分かり次第、追記します。

逆に珍しい

遺跡はグーグルマップで検索されます。

隠れキリシタン遺跡の実際

野津町清水原の隠れキリシタン遺跡には、

グーグルマップに従って向かいました。

しかし、実際に訪れても何もない。

グーグルマップで示された道を3往復するも、

案内すらありません。

臼杵市野津の隠れキリシタン遺跡

ふと、ヤブの中に目をやると、うっすら建っている白い標識。

何か書いてあります。

臼杵市野津の隠れキリシタン遺跡

隠れキリシタン遺跡

どのくらい立ちつくしたでしょう。

ボーゼンとなりました。

なんじゃこりゃ…

標識が思いの他キレイなのが気になるところ。

塗料が垂れているのも一般の方が作ったからか?

標識への道

臼杵市野津町の隠れキリシタンへの道

隠れキリシタン遺跡と書かれた標識と道の間には、

水路があります。

この時、標識近くまで行くという考えが全くなく、

すぐ次のキリシタン遺跡を目指しました。

改めてストリートビューを確認すると、

道とヤブがつながっている場所を発見しました

近くまで行ったら何かあるのか?

夏は無理かな…

駐車場

野津の隠れキリシタン遺跡の駐車スペース

清水原の隠れキリシタン遺跡には、

専用駐車場がありません。

当たり前か…

隠れキリシタン遺跡の手前に、

車が停めれるスペースがあります

お墓があったので、私有地と思いますが、

ほんの少しだけお借りします、との気持ちで停めましょう。

キレイな水路

臼杵市野津町の隠れキリシタンにある水路

隠れキリシタン遺跡には、水路のような川があります。

この川がビックリするほどキレイ

神秘的で、生物の気配がないのです。

奥さま

めっちゃキレイやでー!

思わず2度見しました

この水路、何の案内もなくググっても出てきません。

地名が清水原なので、水がキレイな地区なのでしょうか。

ビックリはこれだけではありません。

記事を書こうとストリートビューで確認したところ、

2021年11月には水がほとんどないのです

臼杵市野津町の隠れキリシタンにある水路
2022年7月
野津の隠れキリシタン遺跡の前にある水路
2021年11月

川底に青々した草がしげっているので、

水がある方が珍しいのかもしれません。

隠れキリシタン遺跡はスゴイのか?と思わせる場所でした。

隠れキリシタン遺跡の手かがり

真実と見る虫眼鏡

野津町清水原の隠れキリシタン遺跡は、どんな遺跡なのか、

どんな歴史があったのか全く分かりません。

本当にキリシタンに関連しているのかもナゾ

奥さま

ホントかー?

遺跡周辺には、いくつか手がかりがありました。

隠れキリシタン遺跡の手がかり
  • 潜伏ではなく、隠れ
  • 最寄りのバス停「十文」
  • キレイな水
  • 清水堤建設と石碑
  • 庚申塔
  • 寒水神社跡地

誰か教えてほしい

潜伏ではなく隠れキリシタン

潜伏キリシタンと隠れキリシタンは、

厳密にいうと違いがあります。

世界遺産の長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産は、潜伏キリシタンとなっています。

潜伏キリシタンとは、禁教時代に仏教徒などにまぎれながら信仰をつづけたキリシタンです。

一方、隠れキリシタンとは禁教令がとかれ、

信仰の自由がありながら、禁教時代の信仰をつづけたキリシタンのことを指します。

禁教の終わりを信徒発見とするならば、

慶応元年(1865)以前を潜伏キリシタン。

以降を隠れキリシタンと呼べるでしょう。

よって、清水原の隠れキリシタン遺跡は1865年以降の遺跡の可能性があります

十文バス停

臼杵市野津町の隠れキリシタン遺跡の最寄りバス停

隠れキリシタン遺跡の近くに、バス停があります。

バス停名は十文(じゅうもん)。

キリシタンにとって十とは特別です。

清水原がキリシタンに関連した土地である可能性はあります。

キレイな水

臼杵市野津町の隠れキリシタンにある水路

隠れキリシタン遺跡には、キレイな水が流れていました。

キリスト教にとって水も特別であり、

聖水として儀式などに使われます。

また、一般の方には薬としても使われていました。

この雰囲気の水は、聖水として使われた可能性もありますね

温泉水を薬として飲用した記録があります。※ミステリアス!竹田キリシタンより

清水堤建設と石碑

臼杵市野津の隠れキリシタン遺跡周辺の標識

隠れキリシタン遺跡の近くに、同じような標識で清水堤建設とあり、

隣には石碑がたっています。

グーグルで調べても分からず、石碑の文字も読めません。

清水堤は、水路のことかな?

石碑に墓って見えるような

庚申塔

臼杵市野津の隠れキリシタン遺跡周辺の庚申塔

隠れキリシタン遺跡の近くに、

庚申塔と書かれた小さな石碑があります。

庚申塔とは、道教に関する石碑です。

道教:中国三大宗教の1つ

奥さま

キリシタンじゃないやん!

関係ないとも言えない

潜伏キリシタンは信仰を隠すため、

仏教や神道を信仰しているフリをしていました。

神道:日本の宗教

現存する最古の庚申塔は、文明3年(1471)のモノ。

キリスト教が日本にくる78年前に、道教は石碑を建てるほど広まっているため、

道教にまぎれた潜伏キリシタンがいてもおかしくありません。

寒水神社跡地

臼杵市野津の隠れキリシタン遺跡周辺の寒水神社跡地

隠れキリシタン遺跡の近くに、寒水神社跡地との標識もあります。

しかし、こちらもグーグルで検索しても何も分かりません。

ネットで「寒水神社」と検索すると、

岐阜県にある明宝寒水神社がありました。

こちらは寒水(かのみず)と読みます。

明宝寒水神社の由来は近くに流れる、寒水川にあるよう。

清水原という地名からも、水に関する土地ということしか分かりませんでした。

まとめ

今回は臼杵市野津町の清水原にある隠れキリシタン遺跡を紹介しました。

  • 野津町はキリシタン布教の中心地の1つ
  • 清水原の隠れキリシタン遺跡は情報なし
  • 水がめっちゃキレイ
  • キリシタンに関係はありそう

今まで訪れた遺跡の中で、もっとも情報がない場所でした。

逆に珍しいくらい…。

調べてみると、キリシタンには関係ありそうな地区ではあるので、

今後は資料館等で調べて、分かり次第報告します。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次