四王寺山にある謎の石仏とは?33体に秘められた理由

記事の内容

四王寺山の歴史と石仏の由来を紹介します!

  • 四王寺山は、4つの山からできている
  • 古代の四王寺山(大野山)には大野城があった
  • 大野城は日本最古の山城
  • 石仏は当時の博多を、災いから守るために設置
  • 三十三には、観音菩薩が33の姿に変化することに由来
  • 三十三ヶ所巡ると、罪が消える

最近トイレが近い、トリぞーです。

この記事は、四王寺山と石仏に興味がある方に向けた内容です。

  • 四王寺山ってどんな歴史があるの?
  • なんで石仏があるの?
  • 三十三体の意味ってなに?

これらの疑問に応えます。

以前、四王寺山に登り33体の石仏を巡りました。

その名も、三十三観音霊場

今回は、33体の石仏が作られた由来を紹介します。

全部まわれなかったけど…

目次

四王寺山

四王寺山は太宰府市の北側に位置し、

大宰府政庁跡を、後ろから見守っているかのような山です。

四王寺山には神代の昔から、古代、中世、近世にいたるまでの、

歴史や多くの伝承、物語がつまっています。

遺跡もたくさんありまーす

4つの山からできた四王寺山

四王寺山は古来、大野山とも呼ばれていました。

現在の四王寺山との呼び名は、

4つの山からできていることが、由来の1つ。

4つの山
  • 大城山
  • 岩屋山
  • 水瓶山
  • 大原山

これらの山が連なり、現在は1つの四王寺山となります

古代の大野山

四王寺山にある大野城の絵

天智天皇4年(665)大野山(四王寺山)に、大野城という山城が築かれました。

白村江の戦いに敗れた大和朝廷が、

倭の国(日本)を新羅(しらぎ)から防衛するためです。

大野城は日本最古の山城です。

宝亀5年(774)大野城の一角に、新羅からの呪いに対抗するべく、

四天王像を安置した四王院が創建されます。

その後、大野城は戦いに使用されることなく、役目を終えました。

大野山は、四王院を中心とする仏教の山として栄えたことからも、

四王寺山の呼称が一般的となりました

伝家の宝刀、諸説あり

現在も、尾根に沿って

毘沙門天、広目天、増長天、持国天とよばれる場所もあります。

三十三観音霊場

四王寺山の三十三観音霊場

四王寺山には、登山道などにそって石仏(観音像)がたてられています。

その数なんと、33体。

四王寺山の石仏は、江戸時代後期(1789〜1801)に、

博多浜口町などの人々により、西国三十三ヵ所霊場をモデルに作られました。

当時の博多の町では、大火事を始め、

天然痘の流行、豪雨の被害などの凶事が続いていたためです

石仏は、四王寺山を一周する土塁線上を、周回するように配置。

最後の三十三番礼所は、中心部の四王寺集落の中にあります。

三十三の意味

三十三の数字は、観音菩薩が衆生を救うとき、

33の姿に変化するという信仰に由来します

衆生:この世の生きとし生けるもの全て

三十三ヶ所の観音菩薩を巡礼参拝すると、

現世での罪が消滅し、極楽往生できると言われています。

何かやらかした人は、三十三ヶ所巡ると、

新たな光がさしこむ…かも

平安末期に西国三十三観音霊場が、修行僧の遊行・巡歴コースとして定まり、

室町中期以降、民間信仰として全国的に広まりました。

おわりに

今回は四王寺山の歴史と、石仏の由来を紹介しました。

  • 四王寺山は、4つの山からできている
  • 古代の四王寺山(大野山)には大野城があった
  • 大野城は日本最古の山城
  • 石仏は当時の博多を、災いから守るために設置
  • 三十三には、観音菩薩が33の姿に変化することに由来
  • 三十三ヶ所巡ると、罪が消える

三十三体ある理由は、観音菩薩が33の姿に変化するからなんですね。

四王寺山は石仏の他にも岩屋城だったり、大野城跡だったりと、

たくさん歴史を感じられる場所があります。

気楽に登山するのも良いですが、

歴史を知って登ると、また違う楽しみがありますよ。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる