大友宗麟|真の黒幕はダレ?二階崩れの真相を簡単解説

記事の内容

二階崩れの真相を分かりやすく紹介します!

  • 義鑑の後妻が入田に近づく
  • 二階崩れの真の黒幕は、菊池義武
  • 二階崩れ首謀者のひとり、入田を宗麟がうつ
  • 宗麟が第21代・大友家当主となる

好きな漫画は新宿スワン、トリぞーです。

この記事は、二階崩れの真相を知りたい方に向けた内容です。

  • 二階崩れってウラでは何があったの?
  • だれが悪いの?
  • どうやって宗麟が大友家当主になったの?

これらの疑問に応えます。

前回は大友家の後継者問題でおこった、二階崩れの内容を紹介しました。

二階崩れにより、宗麟は大友家の当主となりました。

しかし、二階崩れにはウラの真相があったのです。

入田さんサイコーっす

目次

二階崩れの直後

二階崩れの現場である西山城大友屋形跡

二階崩れにより、大友家当主・大友義鑑(よしあき)が殺害されました

豊後(大分)では、国中が騒然となります。

いろんなウワサが飛びかい、暴動発生の不安にかられました。

二階崩れの直後、宗麟は湯治先の別府浜脇で事件の知らせを聞きます。

宗麟はキケンを避けながら急いで立石(別府市立石)へ退き、事件の情報を集めました。

津久見・田口らによる襲撃をうけたなかで、自分の妻だけが助かったことを知ります。

黒幕は後妻?

真実と見る虫眼鏡

二階崩れの原因は、義鑑が長男である宗麟ではなく、

三男の塩市丸を後継者と発表したことでした。

しかし、二階崩れには、後妻の陰謀があったのです。

義鑑は私にベタ惚れだけど、スケベだから信用できないわ

 ねぇー入田さん?

は、はいー!なんなりと!

後妻は保身のため、宗麟の教育係である入田親誠(ちかざね)に近よります。

いつも宗麟がお世話になってますー

いえ!大友家のためです!

奥さんいつもキレイだぁ///

入田さんって渋メンでステキだわ

いいことしない?

いいこと!?一緒に散歩とか…

もーわかってるくせに///

でも、そ・の・ま・え・に♡

後妻は入田に色じかけを行い、

入田親誠は、宗麟の排除にうごきます

もー宗麟くんダメですわー

後継者は塩市丸くんがいいのでは?

後妻との子だし、そーしよっかな

二階崩れの真の黒幕

後妻から色じかけをうけた入田親誠。

いやー、まさか奥さんから誘ってくるなんて

手間がはぶけましたね、菊池さん

兄ちゃんもよくやるなーあんなアバズレと

菊池義武(よしたけ)は大友家当主・大友義鑑の弟であり、

肥後(熊本)で大友家の転覆をたくらんでいました。

入田のおかげで、後継者問題はすんなり終わらんだろ

ゴタゴタの大友家をぶっ壊す!

義武は二階崩れにつけ込んで、

肥後・筑後の味方をあつめ、大友氏への反抗をたくらんでいました。

入田親誠・討伐

大砲を持った兵隊による攻撃

二階崩れの後、入田が後妻とグルだったことを知る宗麟。

エラそうに教育しやがって…

入田もエロじじぃかよ

キモい、殺そー

入田は菊池義武の命令で動いていましたが、宗麟に目をつけられます。

宗麟はただちに、

戸次伯耆守鑑連(べつきほうきのかみあきつら)、斎藤兵部少輔鎮実(さいとうひょうぶのしょうゆしげざね)ら、

腹心の武将たちに、入田の討伐を命じました。

入田は津賀牟礼(つかむれ)城にこもりますが、

戸次・斎藤軍に攻められ、肥後へ逃げます。

義理の父である、阿蘇惟豊(あそこれとよ)を頼りました。

はぁ、はぁ、

お義父さん、お助けを

スパァン!

惟豊は、宗麟にたいする裏切りに激怒。

入田の首をおもいっきり切ります。

はねた首は、宗麟へ送りました。

逃げたと思ったら帰ってきた

首だけ…

入田の首は、豊後の獄門でさらされたとされています。

大友家新当主

二階崩れの首謀者である入田を、すばやく討伐

宗麟の機敏な対応に、国中のさわぎも収まります。

ヤったのは宗麟じゃないけど

天文19年(1550)2月20日、

宗麟は府内の西山城にはいり、大友家の当主となりました

まとめ

今回は二階崩れの真実と、宗麟が大友家を継ぐところまで紹介しました。

  • 義鑑の後妻が、三男を後継者にしようと入田に近づく
  • 入田は義鑑の弟(義武)とグル
  • 菊池義武は、後継者問題をおこして大友家をつぶす計画
  • 宗麟が入田を討って事件を解決
  • 大友宗麟が、第21代目当主となる

やり手だとか、仕事ができないとか

色々な見方がある大友宗麟ですが、大友家を継いだ時は若干21才。

機敏な動きで無事、大友家の当主となることができました。

ここから大友宗麟がその手腕を振るう!

のか?

つづく!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる