宗麟はザビエルに一目惚れ?仏教とキリスト教に出会う

パズルの完成と青空
記事の内容

大友宗麟が仏教の新妻、キリスト教のザビエルに出会う話です。

  • 2番目の妻は奈多八幡宮の娘
  • ザビエルとの出会いに感動
  • 宗麟の心がキリスト教に傾く

豪雨だけど車の中、トリぞーです。

この記事は、大友宗麟の歴史に興味がある方にむけた内容です。

  • 宗麟の2番目の妻ってだれ?
  • 宗麟とキリスト教との出会いは?

前回は二階崩れの真相などを紹介しました。

今回は大友家当主となった大友宗麟が、

新しい妻とキリスト教に出会う話です

ザビエル先輩の登場です!

目次

2番目の妻

右手のピースサイン

宗麟は二階崩れのあと、奇跡的に助かった妻と離婚します。

結婚は父・義鑑(よしあき)の意図によってムリやりでした。

オレの青春をかえせ

宗麟は妻と気があわず、心も通じていません。

そして、子供もいない。

宗麟は新時代への一新をはかり、次の妻をむかえます。

この女性が正室として、大友家で権力をふるうことになる、奈多(なだ)夫人。

奈多夫人の実名は不明とされています。

奈多は大分県杵築市奈多にある、奈多八幡宮の大宮司・奈多鑑基(なだあきもと)の娘。

奈多八幡宮は、宇佐八幡宮から分かれた神社です

奈多との結婚は、最初の妻と離婚して間もないころと思われます。

天正5年(1577)5月19日付けの宣教師ルイス・フロイスの手紙に、

30年近い結婚生活を送っていたとの記述がありました。

宗麟と奈多との間には、男子3人、女子4人の子がいたことも、

フロイスの手紙に記されています。

長男:義統(よしすべ)

次男:親家(ちかいえ)

三男:親盛(ちかもり)

ワイの手紙やで

南蛮貿易に興味

紙に切り抜かれた十字架

日本におけるキリスト教布教は、九州から始まりました。

宣教師の足跡は鹿児島、長崎の平戸・大村・島原、京都、山口、大分、博多へと広がります。

日本への布教に力をいれたのが、イエズス会です。

宗麟が大友家当主となっていた、天文20年(1551)8月。

大内義隆(よしたか)の城下である山口に、

イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルが滞在していました。

同年にポルトガル船が、大分県日出市の港にきていたため、

宗麟はザビエルを府内に招きます。

宗麟はキリスト教への興味ではなく、貿易での利益と新兵器の入手の意図がありました

キリスト教はよーわからん

でも新しい兵器はほしい

ザビエルとの出会い

パズルの完成と青空

宗麟の招きにより、大分にザビエルが到着しました。

ザビエル

ボンディ~ア

う、う、美しいぃぃ!

船員

サビエルさま~!

ザビエルさまーーー!!

ザビエルが来航したさい、宗麟はその美しさに感動

また、ポルトガル船の船長や商人らが、ザビエルを神のように尊敬しているのを見て、

宗麟も、ザビエルへの敬意を抱くようりなります。

宗麟はザビエルを丁重にもてなしました。

ザビエルも若い豊後の国主にたいして、極めて親愛の情を感じました。

宗麟は領内での布教を許可します。

ザビエルにとって宗麟は、日本滞在中にえた友となるのでした。

のちに宗麟は、ドン・フランシスコという教名をあたえられます。

ザビエルと同じ、フランシスコをうける宗麟。

ザビエルへの尊敬の念がわかりますね。

まとめ

今回は宗麟が新しい妻を迎えて、ザビエルとの出会いまでを紹介しました。

  • 宗麟は、奈多八幡宮の娘と再婚する。
  • ザビエルとの出会いに感動し、キリスト教に心が傾く。

新しい妻は奈多八幡宮の娘。

ザビエルとの出会いで、キリスト教に目を輝かせる宗麟。

仏教とキリスト教。

宗教のちがいが、のちに宗麟と奈多夫人との間に大きな障害となるのでした。

つづく!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる