少年時代はグレていた?大友宗麟の複雑な家庭環境

家出をした少女
記事の内容

大友宗麟の少年~青年時代を紹介します!

  • 宗麟は3兄弟の長男坊
  • 父・義鑑が再婚し、グレる
  • 入田親誠が教育係となる
  • 一色家の娘とムリやり結婚させられる
  • 父は後妻に夢中、三男を後継者にきめる

タモリ倶楽部見てます、トリぞーです。

この記事は、大友宗麟の歴史に興味がある方にむけた内容です。

  • 大友宗麟ってどんな子どもだったの?
  • 家庭環境は?
  • ダレと結婚したの?

これらの疑問に応えます。

キリシタン大名としても有名な、大友宗麟。

今回から、大友宗麟の歴史を紹介していきます!

宗麟もおもしろい!

目次

グレる宗麟少年

大友宗麟は3人兄弟です。

長男が宗麟、次男は晴英(はるひで)、三男は塩市丸(しおいちまる)。

どこにでもいる3兄弟ですが、家庭環境が複雑でした

宗麟の母・坊城氏(ぼうじょう)は、はやくに亡くなってしまいます。

三男の塩市丸だけが、父・義鑑(よしあき)と再婚相手との子ども。

腹ちがいってやつですね。

思春期だった宗麟くんは、新しいお母さんを受けいれられません。

あのスケベおやじが…

父・義鑑と宗麟のあいだには、溝がうまれます。

宗麟くんは、当たり前のようにグレてしまいました。

ばりーん!

先生!宗麟くんが教室の窓わりまくってます!

複雑な家庭環境で育った宗麟くんは、

気性が荒く、乱暴で勉強はまったくしない。

盗んだ馬で走りだす少年になっていました。

宗麟は学問より、武術に力をいれます。

花形剣法体捨流を学び、荒馬に乗ることを好みました。

また、気に入らない者にはダレにでも攻撃し、

逆に気にいると、新参者でも側におきました。

メチャわがままな宗麟。

ベテラン家臣を煙たがり、話しかけないでオーラを出していました。

宗麟の行動に、ベテラン家臣たちは危機感を覚えます。

このままだと、大友家は滅びる…

宗麟は家庭愛にうえていたのでしょう。

グレる理由は、今も昔も同じですね。

若い奥さんに夢中なスケベ親父は、宗麟の気持ちに気づきません。

しかし、腐っても父親。

義鑑は宗麟に説教し、

老臣・入田親誠(にゆうたちかざね)を教育係に任命しました。

ギザギザハートの宗麟にとって、入田の指導は逆効果となってしまいます。

最悪なオヤジですね

望まない結婚

反抗期まっさかりの宗麟。

教育に悩む義鑑に、名案がひらめきます。

カワイイ嫁もらえば、おとなしくなるかも!

腐っても父親ですが、根はスケベ。

義鑑は京都の名門・一色義清(よしきよ)の娘と結婚させます。

ムリやり結婚をおし付けられた宗麟。

嫁とも気があわない。

生八つ橋ないの?

つまんなーい

うるせー!だまってザビエルでも食ってろや!

京都は日本の中心であり、都会育ちの気高い妻とは仲良くできません。

息子を思っての教育や縁談でしたが、

少しも生活態度を改めようとしない宗麟に、義鑑は失望と怒りを感じてきます。

宗麟も、ムリやり結婚をおし付けた父への怒りが爆発寸前。

母の死いらい、父子のあいだの溝が、さらに広がりました

後継者から外される

息子の態度に怒り心頭な義鑑。

しかし、根がスケベ。

後妻にぞっこんな義鑑は、三男の塩市丸を溺愛します。

後妻との子どもですね

塩市丸は性格もおとなしく、頭がよくて勉強好きな子どもでした。

義鑑の心は、グレた宗麟から塩市丸へとうつっていきます。

義鑑は長男の宗麟ではなく、末っ子の塩市丸を後継者にしようと決めました

しかし、ウラには恐ろしい黒幕がいたのです。

ねー入田さん、仲よくしません?

は、はいー!

まとめ

今回は大友宗麟の青春時代を紹介しました。

  • 宗麟は3兄弟の長男坊
  • 父・義鑑が再婚し、グレる
  • 入田親誠が教育係となる
  • ムリやり結婚させられる
  • 妻とは気が合わない
  • 父は後妻に夢中で、三男を後継者にきめる

暴れん坊な宗麟ですが、理由には早くに実母を亡くした悲しみ、

気持ちを分かってくれない父・義鑑への反発があったのですね。

次回は加速する、家督相続を紹介していきたいと思います!

つづく!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次