大村純忠の誕生から横瀬浦開港までの歴史|簡単解説

人生の計画 長崎
記事の内容

・大村純忠の歴史を分かりやすく解説。

・純忠、出身は南島原市?

・大村に行くもよそ者扱い…。

・横瀬で貿易開始!

こんにちは、トリぞーです。

 

日本で最初のキリシタン大名と言われる、大村家当主・大村純忠

彼の生涯を順をおって分かりやすく紹介していきます

今回は誕生から、ポルトガルとの貿易開始まで。

大村純忠とは?

日本の歴史にある城

 

大村純忠(おおむらすみただ)とは1550〜1584年の間に現在の長崎県大村市を中心に東・西彼杵、湾外一帯を支配した戦国武将です。

長崎の港を開いた人物としても歴史に名が残っています

 

大村純忠を語るに欠かせないのが、キリスト教。

1563年、ポルトガル人宣教師から洗礼をうけ日本で初めてのキリシタン大名となったのです。

キリシタンになった大村純忠によって、日本は大きく変化していきます。

そして、今日の日本があるのは大村純忠がいたからでは?と思わせてくれる。

 

日本史上もっとも重要かつ、マイナーな戦国大名だと感じさせる人物です。

そんな大村純忠の生涯は波乱万丈でした。

 

 

純忠、有馬家に生まれる

人生の計画

 

大村純忠は天文2年(1533)現在の長崎県南島原市北有馬町を中心に支配していた有馬家の当主、有馬晴純(はるずみ)の次男として、日野江城に生まれます。

出身は南島原市だったのです。

純忠の母が大村家の出身、大村純伊(すみこれ)の娘。

大村当主・大村純前(すみあき)の妹にあたります。

 

当時の力関係は大村家より有馬家の方が上。

天文19年(1550)純忠が18才の時に政略の道具として、養子という形で大村家に入ります

弟の直員(なおかず)は千々石氏へ、その下の盛は平戸の松浦氏へ、末弟の諸経(もろつね)は天草の志岐氏へ養子に入っています。

純忠の甥には後にキリシタン大名となる、有馬晴信(はるのぶ)がいます。

 

 

純忠、大村家でよそ者あつかい

膝を抱えて俯いている女性

 

純忠は18才で大村家に入り、リーダーとなります。

しかし、政治開始から大村家は不安定でした。

なぜなら、当主・大村純前には本来大村家を継ぐはずだった、又八郎という息子がいたからです。

又八郎「おとーたま、なんでボクがリーダーになれないの?」

純前「すまん、又八郎…」  

 

純忠に追い出されるようにして、又八郎は現在の佐賀県武雄市、後藤家へ養子に出されます。

武雄の地で又八郎は、後藤貴明(たかあきら)と名のり、純忠に復讐しようと決意しました。

 

大村家は追い出された貴明を慕う者、新しくリーダーになった純忠を慕う者、前当主の純前を慕う者でバラバラ。

こんな状態では政治がうまくいかない。

そう考えた大村家の老臣・朝長新左衛門(ともながしんざえもん)は大村家が落ち着くまで、純忠に少し静かにしてもらいたいと提案します。

朝長「純忠様、今は皆をあまり刺激してはいけません。

朝長「萱瀬にある別荘でゆっくりして下さい、ホタルもいて最高ですよ。」

 

朝長に説得された純忠は、萱瀬にある切詰城で待機することになります。

しかし、3年たっても大村家はバラバラのまま。

純忠「何だかボキ、お家(有馬)に帰りたくなったなー。

 

切詰城に引きこもっていた純忠は、有馬へ帰ろうとしました。

朝長「蒙古斑のガキが、軟禁したらオカンの乳が恋しゅうなると思ったわい!

 

老臣の朝長は純忠を大村から追い出して、自分が大村家を乗っとろうとしたのです。

このウワサを聞いた純忠はキレます。

純忠「おのれクソジジィ…、ボキのアオハルを返せ!

 

純忠は自分を慕う家臣を集めて、朝長を攻めます。

すると、朝長は一目散に武雄の後藤貴明(又八郎)の元へ。

貴明「チっ…

 

この事件のウラには貴明の姿が。

貴明は父の純前の死後、後藤家をつぎ純忠への憎しみから執拗な攻撃を続けるのです

貴明の他にも諫早の西郷氏、平戸の松浦氏、長崎の深堀氏が大村純忠に敵意を向けていました。

 

 

純忠、ポルトガル船を受け入れる

ポルトガルの港町の夕焼け

 

3年間の軟禁状態から解放された純忠は大村家に戻り、本格的に政治に力を入れていきます。

大村の三城をはじめ、波佐見の井石、内海、岳山、川棚の風南、歌舞多、東部の重、松岳、大村湾を挟んで西武の福田、唾飲を持って湾岸一体を防備。

針尾、小佐佐水軍を支配下にして海上交通にも力を入れます

 

純忠「政治は軌道に乗ったけど、所詮田舎だしパッとしないな

純忠「もっと儲けて、新しい武器が欲しい…

当時、平戸ではすでにポルトガルとの貿易が行われており、経済的閉塞感から脱却するために外国との貿易を熱望していました

そんな時、平戸で事件が起きます。

平戸を支配していた松浦隆信がポルトガルともめて、貿易が中止となりました。

宮の前事件です。

 

 

永禄5年(1562)彼杵地方を支配した純忠は、横瀬浦(長崎県西海市)にポルトガ商船の貿易港を開港。

横瀬浦に大きなキリシタンの町をつくって、ポルトガル人が安心して宿泊できるようにし、滞在期間中の税金も免除するなどの破格の対応を考えました。

この話を聞いた宣教師のトルレスは、1564年6月4日、豊後よりアルメイダを大村へ派遣します。

純忠が最初に会ったポルトガル人がアルメイダでした。

 

横瀬浦は純忠の考え通りにキリシタンの町となり、ポルトガル人も横瀬浦こそが宗教と貿易を一致させる日本最良の港とし、キリストの聖母の港と名付けたほど。

横瀬浦には豊後、博多、山口、平戸、京都などから大勢の商人が訪れ、八の子島(サン・ペドロ島)に建てられた十字架を目印に入港しました。

 

 

つづく

今回は大村純忠の誕生から横瀬浦の開港までを紹介しました。

まとめ

・大村純忠は島原の有馬家出身、大村家には養子として入る。

・大村家の実長男である又八郎(後藤貴明)は武雄に飛ばされ、純忠を生涯恨む。

・新しい武器や経済活性化のため、ポルトガルと貿易を始める。

純忠は大村家の政治を安定させるために横瀬浦でポルトガルと貿易を開始します。

これをきっかけに純忠は日本初のキリシタン大名への道を進んで行くのです。

つづく!

Sponsored Links

コメント