GW直前でも予約ができる?奥平谷キャンプ場の詳細

記事の内容

佐賀県鹿島市にある、奥平谷キャンプ場を紹介します!

  • ゴールデンウィーク(GW)前でも予約がとりやすい
  • 大きい車は駐車場と通路に注意
  • 設備は年季がはいっている
  • メッチャ仲良し、キャンプ大好きグループにはおすすめ

どこまでも飛んでけパラグライダー、トリぞーです。

この記事は、ゴールデンウィーク(GW)前で、キャンプの予約が取れない方に向けた内容です。

  • GW前でどこも予約がいっぱい…
  • どこでもいいからキャンプしたい
  • コテージがあればいいけど…

こんな悩みに応えます。

GW前っていっても、

3月にはどのキャンプ場も予約でいっぱいですよね。

今回は、GW前でも予約がとりやすいキャンプ場の紹介です!

設備は、まぁ…うん

目次

奥平谷キャンプ場とは?

キャンプサイトでペグを打つ男性

奥平谷キャンプ場は、長崎県大村市と佐賀県鹿島市の県境付近にあるキャンプ場です。

所在地は、佐賀県鹿島市山浦国有林

国有林なので、市営のキャンプ場ですね。

国道444号線沿いにある奥平谷キャンプ場は、経ヶ岳の登山道入り口にもなっています。

奥平谷キャンプ場の利用期間は、4月下旬~9月中旬の利用期間となっています

毎年、じゃっかん変わるみたい。

10月~3月は開いていません。

予約開始日がポイント

右手のピースサイン

4月になって、GWはキャンプしたいなーと思っても、

もー遅い。

3月には、どこのキャンプ場も予約でいっぱいになります

奥平谷キャンプ場の利用期間は、4月下旬からとお伝えしました。

では、予約開始はいつからなのか?

ここがポイントです!

奥平谷キャンプ場の予約開始は、4月1日からとなっています。

どこのキャンプ場も、3月には予約でいっぱいだけど、

奥平谷キャンプ場では、4月からでも予約がとりやすいのです

実際の経験で、GWのキャンプをあきらめかけ、

最後に奥平谷キャンプ場に電話すると、予約がとれました。

予約先のお問い合わせは、鹿島市役所・商工観光課

TEL:0954-63-3412

予約が完了すると、キャンプ1週間前に案内がとどきます。

駐車場と通路

四輪駆動の車の模型

奥平谷キャンプ場の駐車場は、いくつかに分かれています。

  • 国道沿い
  • キャンプ場敷地内
  • コテージ周辺
  • サイトの奥

国道沿いの駐車場は広めですが、キャンプサイトやコテージまでは遠い。

国道沿いの駐車場は、登山者むけですね

キャンプ場までの細い道をのぼっていくと、せまい駐車スペースがちらばっています 。

キャンプ場内の道もせまく、車同士がすれちがうのがやっと。

大きい車は注意してください。

写真はキャンプサイトに1番近い駐車場。

ゆずり合いの精神が必要です。

コテージ

コテージは2階だてが2棟、平家が3棟あります。

どのコテージも10人まで宿泊ができ、料金は13,020円

コテージの設備はこんな感じ。

  • リビング
  • 寝室
  • キッチン
  • トイレ
  • お風呂

部屋、お風呂がありますが、

プライバシーは保たれませんので、注意が必要です

メッチャ仲よしグループにはおすすめかな

リビング

コテージの部屋はこんな感じです。

写真はリビング的なスペース。

左奥には、4畳半の畳スペースもあります。

畳の部屋には、ファンヒーターが設置されてあり、

410円で灯油満タン借りることができます。

灯油タンクは管理棟から自分で運びます。

コテージに、エアコンや扇風機はありません。

GWでは、夜間がやや肌寒いかなってくらいでした。

夏は…どうでしょう?

寝室

2階だてのコテージには、

2階に畳の部屋が1部屋と、板張りの空間が1つあります。

2部屋ともに、ドアがありません

コテージには、リビングをふくめて、ドアで仕切られた部屋はありません。

キッチン

キッチンはIHコンロです。

チェックインしたとき、絶対IHに対応していない鍋がおいてありました。笑

冷蔵庫はありません。

トイレ

コテージのトイレですが、そんなにキレイではありません

水は流れますが、くみ取り式です。

ウォシュレットもありません。

驚いたことにこのトイレ、換気扇がありません

窓もない…。

コテージだから、法律的には大丈夫なのかな…

すごくニオイがこもってる…。

なので、トイレ用消臭スプレーは必須です

消臭スプレーがあると、ニオイはほとんど気になりませんでした。

すごいぜmade in Japan

消臭スプレーで、私は大丈夫だったんですが、

それでもニオイがムリって人も、いるにはいるかなって感じです。

お風呂

お風呂も、そこまでキレイではありません

全然入れないこともないですが、私は。

注意点が1つ。

コテージには、脱衣スペースがありません

リビングスからドアを開けると、すぐ浴室なので気をつかいます。

家族で泊まりましたが、ダレもお風呂には入らず。

次の日、近くの平谷温泉へいきました。

BBQスペース

コテージにはちょっとしたベランダがありますが、

ベランダではBBQ禁止となっています。

コテージでBBQをするさいは、コテージ前の道ですることになります

スタッフからの説明ですので…

コテージ前の道は、コテージを利用する方の車がとおるので、

BBQは夜しかできないかも…。

1番奥のコテージを借りると、車の心配はありませんね。

屋根がないので、雨がふるとBBQはキツイかな…。

当日は雨がふったので、タープをはって何とかBBQをしました。

めちゃ大変でした…。

キャンプサイト

奥平谷キャンプ場のフリーサイトがこちら。

管理棟の隣にある広場に、テントをはります。

テント1張り、370円

そんなに広いスペースではないので、事前に予約をするといいと思います。

キャンプ場内には他にも、ちらほらとテントがはれるスペースがありますよ。

広場はテント5張りくらいが限界かな…

キャンプサイトのトイレ

コテージ以外では外のトイレを使用しますが、

けっこう年季が入っています。

いわゆるボットン

みなさん、キレイに使いましょう。

炊事場

広場の横には、炊事場があります。

テーブルとイス、屋根もあるため、

雨がふっても食事ができます。

数に限りがありすぎだけどね

バンガロー

奥平谷キャンプ場には、バンガローもあります。

料金は、2,200~7,700円

棟によって価格が変わります。

バンガローにはコテージと異なり、

トイレやキッチン、お風呂等はありません

エアコンもありません。

内装は見づらいですが、こんな感じ。

平谷温泉

温泉に桶と手拭いがおいている

奥平谷キャンプ場の近くには、平谷温泉という施設があります。

車ではすぐですが、歩きは遠いですね。

今回は次の日の朝一に入浴。

とてもいい温泉でした。

川あそび

青空とキレイな水

奥平谷キャンプ場のホームページには、川遊びもできるとありますが、

実際は、あんまり遊べる感じではなかったかなと思います

川に入っていないので、詳しくはわかりませんが、

遠目で水はキレイ。

でも、すこし暗くて、危なそうな感じでした。

小さい子どもを遊ばせるのはちょっと…

まとめ

今回は佐賀県鹿島市にある、奥平谷温泉を紹介しました!

  • GW前でも予約がとりやすい
  • 設備は年季がはいっている
  • めちゃっくちゃキャンプ好きにはおすすめ
  • そーでもないよって人には、ちょっと…
  • 大きい車は駐車場と通路に注意

市営だからか、それほどキレイなキャンプ場ではありません。

テントを張れるサイトも限られています。

しかし、テント1張り370円と安く、わたしにとっては十分いいキャンプ場でした。

4組の家族とキャンプをしましたが、1組はキャンプが苦手な奥さまで、

虫も出たり、コテージも古いつくりだったため、次回から参加してくれないかも…。

コテージを利用するさいは、相当気心が知れた仲間がおすすめです!笑

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる