島原沖田畷の戦い|龍造寺隆信の最期はあっけない?

戦車を使った戦場の模型
記事の内容

沖田畷の戦いを分かりやすく紹介します!

  • 戦いは龍造寺軍VS島津・有馬連合軍
  • 裏テーマは九州の統一をあらそう戦い
  • 島津の得意技、釣野伏(つりのふせ)で勝利
  • 龍造寺の最期が何とも言えない…。

こんにちは、トリぞーです。

今回は沖田畷の戦いを紹介します。

沖田畷の戦いをくわしく調べたいけど、時間がない方、

ほかのサイトは字がビッシリで読みづらいと思っている方。

できるだけ、分かりやすくセリフつきで紹介しています。

  • どんな戦いだったの?
  • おもしろいエピソードある?

とにかく、龍造寺の最期をお伝えしたいです…

肥前の熊と恐れられていた、佐賀の龍造寺隆信。

龍造寺の支配から逃れるため、キリシタン大名・有馬晴信は立ち向かいます。

その後の日本史にも影響を与えた、沖田畷の戦い。

スタート!

目次

有馬氏と島津氏

握手をしている男性

戦国時代、九州は北の龍造寺氏、南の島津氏という2大勢力が支配権を争っていました。

有馬当主、有馬義貞(よしさだ)の代に、有馬家は肥前東部に進出してきた龍造寺と対立します。

永禄6年(1563)7月、百合野合戦で龍造寺に大敗し、有馬氏はいっきに弱体化しました。

元亀2年(1571)有家当主であった有馬義純(よしずみ)が若くして急死、後のキリシタン大名となる弟の有馬晴信(はるのぶ)が有馬家をつぎます。

龍造寺の勢力は強まる一方。

天正6年(1578)南高来郡の者たちまで龍造寺に寝返り、晴信は領地は日野江城周辺のみになりました。

晴信「あの熊ヤロー…

天正10年(1582)晴信は龍造寺が支配している千々石城を攻撃して、ふたたび龍造寺と敵対することになります。

他領主「有馬がとうとう出たぞ!つづけ!

その頃、龍造寺支配下の各地で、残忍な龍造寺から離反しようとする領主が出はじめました。

龍造寺「小童どもがー!!

しかし、肥前の熊と呼ばれる龍造寺の勢いはすさまじく、晴信は島原半島の南高来群のみを維持するので限界。

晴信「政家!オヤジに何とか言ってくれよ!

政家「すみません、お父様にはちょっと…

晴信の妹婿であり、龍造寺の息子である政家(まさいえ)。

しかし、当主にもかかわらず、何ごとも父に左右される気の弱さがありました。

叔父で勇敢な大村純忠(すみただ)ですら追放されしまい、晴信は龍造寺にこれ以上逆らうことができません。

龍造寺に対抗できるのはもはや、薩摩国の島津しかいない。

晴信は弟を人質にだし、島津氏の支配下に入ることを決めます

龍造寺支配から逃れるためですね。

龍造寺「あの南蛮狂いが、寝返ったな

龍造寺「有馬領土はワシのもんだ

龍造寺は領内のキリシタンをことごとく支配します。

晴信の勢力をゼロにし、肥前国のビッグボスになると決意しました。

有馬攻めを決めた龍造寺ですが、不吉な予感を示した怪異現象が起こります。

天正12年(1584)2月、長崎で4日わたって、夜8時に火柱が空にあらわれるという現象がありました。

陰陽師「あんた多分死ぬね

龍造寺「オカルトはムーだけにしとけよ

陰陽師は有馬に行けば、命を落とす危険を覚悟せねばと龍造寺に予言します。

しかし、龍造寺は聞く耳を持たず。

龍造寺「佐賀牛まいうー

そして、予言は現実となるのです。

沖田畷の戦い

戦車を使った戦場の模型

天正12年(1584)3月18日、龍造寺は3万の兵をひきいて竜王崎(杵島郡白石町)から出航。

翌日、神代海岸(雲仙市国見町)に上陸して島津・有馬軍をたたく予定でした。

龍造寺軍はまず、味方に食料や酒を運ぼうとして20隻の船を派遣しました。

しかし、有馬氏を支援するポルトガル船に捕まってしまいます。

さらに、50隻の船で5,000人の兵を島原の城に入れようとしますが、島津・有馬軍の船が海上を封鎖しており上陸できません。

そこで龍造寺は軍を3つに分けます。

グループ1は鍋島直茂、グループ2は江上家種、後藤家信・多久信鎮兄弟、グループ3は大将自らが軍をひきいる作戦。

いっぽう、晴信は日野江城で2,000人の兵と籠城、臨戦態勢を整えます。

有馬救援軍の大将・島津家久は、薩摩の精鋭3,000人を率いて有馬に到着。

ミーティングの結果、龍造寺軍は三方から侵攻してくることを読みます。

三方の防備をかまえ、海上からの船による砲撃くわえ、龍造寺軍の側面をつく作戦を立てました。

龍造寺は晴信の本拠である、日野江城に向かって侵攻を開始。

大村喜前は300人のキリシタン武士をひきいて、龍造寺軍につきました。

大村純忠はキリシタン同士、親族同士の戦いに深い苦悩を抱いたでしょう。

大村勢は有馬の勝利を願い、攻撃を命令されれば、玉をこめずに撃つマネをする予定だったのです

天正12年(1584)3月23日、龍造寺は島原に到達。

島原を一気に突破して、奥地の有馬へ攻め込もうとしていました。

有馬・島津軍はあわせて6〜7,000の兵

たいして龍造寺軍は3万と、比較にならない。

龍造寺はこの戦で完全に晴信をたたき、キリスト教を壊滅しようとします。

3月24日、戦場の沖田畷において島津・有馬軍と龍造寺軍が遭遇。

激戦となりました。

これを沖田畷の戦いと言います。

龍造寺軍は有馬の前衛拠点である島原の森岳城をおとし、一気に日野江城に攻め込む予定でした。

有馬・島津の主力は本拠地の日野江城か、原城で待機しているものと予測したからです。

ところが島原付近まできたとき、島津の旗印が動くのを発見。

予想にはんして有馬・島津軍が布陣を完了させ、まち構えていたのです。

しかし、龍造寺軍の先陣はこれを偵察隊と思いこみ、銃撃しながら追いこんで進みました。

有馬・島津軍も反撃を開始。

島津・有馬軍の船から発射される二門の大砲の威力は、おどろくべき効果をもたらします。

海岸を進んだ龍造寺軍は、大砲によってかなりの損害をうけ、一部は逃げだしました。

龍造寺軍は晴信を襲撃しようとしますが、晴信はこれを撃破。

その奮闘ぶりに、島津軍をおどろかせました。

釣野伏(つりのぶせ)

大砲を持った兵隊による攻撃

晴信が奮闘をみせるも、戦いは龍造寺軍が優勢。

有馬軍につづき、島津軍も龍造寺軍とぶつかります。

しかし、装備と体格のちがいに、死の汗を流すほどでした。

龍造寺軍は銃500丁をいっせい射撃し、ヤリでつっこみます。

島津軍は銃が少なく、3度にわたり陣内に攻めこまれました。

悪い流れをたつべく、島津家久は兵にむけて演説します。

家久「後には海、前には敵

家久「だがビビるな!薩摩の名のもと…

兵「いやぁぁぁぁー!

家久「

演説が終わらないうちに島津軍は戦います。

島津軍は得意の戦法である釣野伏を開始。

龍造寺軍を細い一本道へ誘いこみ、いっきに弓矢をはなちます。

釣野伏作戦により、龍造寺軍には多くの死傷者が出て、軍は総崩れとなりました。

龍造寺隆信の最期

龍造寺隆信供養等

パニックとなった龍造寺軍に、島津軍の川上左京亮忠堅(ただたか)が突入します。

大将の首はとらせないと、龍造寺軍も応戦。

ここで龍造寺が、まさかの失態をおこしたのです。

龍造寺「おい!お前ら落ちつけ!

龍造寺「ワシの前でケンカするとは何事じゃ!

忠堅と龍造寺軍との戦いを、味方同士のケンカと勘違い。

これにより、忠堅を止めることができず、龍造寺軍は撤退します。

しかし、大将である龍造寺隆信は逃げ遅れました。

龍造寺「まてお前ら!

龍造寺「ワシをおいていくな!

肥前の熊と恐れられていた龍造寺隆信、その実態はメタボのおっさん

馬に乗ることができず、戦場でも家来がかつぐカゴで移動していました

龍造寺軍撤退により、家来のカゴかつぎが逃亡。

逃げおくれた龍造寺は、忠堅により首を切られます

龍造寺のあっけない最期、56才で亡くなり首は薩摩に送られました。

龍造寺軍は2,000人の死者と3,000人の負傷者、重臣も討ちとられました。

島津軍は死者250人、島津・有馬軍の完全勝利。

龍造寺軍だった鍋島直茂は戦場から脱出。

船で柳川に帰りついたとされ、沖田畷の戦いで直茂が戦死していたら、のちの佐賀藩はなかっただろうと言われています

戦いの後

階段を駆け上る外国の少女

龍造寺を討ちとった吉報は、夜10時には有馬城下にもたらされました。

鐘が打ちならされ、人々は熱狂します。

キリシタン絶滅をはかっていた龍造寺の死。

迫害に苦しんでいた大村・有馬領内のキリシタンの、大きな喜びとなりました。

大村善前は龍造寺のあっけない死によって解放。

島原城にいた大村勢も、島津軍の危害もうけず帰還することができました。

晴信にとって沖田畷の戦いは、龍造寺を討つことができた記念すべき戦い

キリスト教を嫌っていた龍造寺を討ったことで、キリシタンにっても暗闇の中から光を見出した復活戦でした。

島津軍は龍造寺を撃退し、九州一の実力となります。

沖田畷の戦いの場は現在、長崎県島原市に沖田畷古戦場跡として保存されています。

まとめ

今回は沖田畷の戦いについて紹介しました。

  • 有馬晴信は、薩摩の島津に助けを求めた
  • 龍造寺氏と島津氏は九州の支配を争う関係
  • 沖田畷の戦いで両者がぶつかる
  • 龍造寺隆信のあっけない最後により、有馬・島津軍の勝利

肥前の熊と恐れられていた龍造寺隆信は実態は、馬にも乗れないメタボのおっさんだったんですね。

沖田畷の戦いにより、島津氏が九州を支配して後の明治維新なんかにもつながっていったのがイイ。

日本の歴史の裏にはマイナーな地方の歴史が潜んでいることが面白いですね。

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次