くにみオートキャンプ場|初めての利用はここを確認

道の駅くにみ前にあるタコの像 キャンプ
記事の内容

大分県国東市くみにオートキャンプ場を紹介します。

・こんなの初めて!サイトの特徴。

・1番人気のサイト9、その実際は?

・周辺環境や注意点など。

こんにちは、トリぞーです。

 

今回は以前キャンプをした、くにみオートキャンプ場のサイト情報を中心に紹介します。

初めて利用したのですが、予約の電話でこんなやり取り。

どのサイトがいい?

海が見えるのはサイト9だけね、少し斜めだけど

 

これは初めて利用する人だと、どのサイトがいいか分かりませんね

初めてくにみオートキャンプ場を利用される人は参考にしてみて下さい。

くにみオートキャンプ場

くにみオートキャンプ場の管理棟

 

くにみオートキャンプ場は大分県国東市にある市営のオートキャンプ場です。

道の駅くにみに隣接されビーチのそばにあるので、とても環境がいい印象

 

利用料金は3,670円

最近のオートキャンプ場にしては少し安いのか?

市営のキャンプ所でオシャレなカフェやアクティビティがなく、造りもやや古めなので妥当かなって感じですかね。

目の前にビーチが広がっていて遊具もあるので、お子さんがいるファミリーキャンプにはいいと思います

 

隣接されている道の駅くにみでは、特産のタコ飯や車エビなどの海産物が販売されていたり、レストランも併設されています。

 

道の駅くにみとレストラン

 

しかし、鮮魚はない…。

レストランは美味しいって評判みたいです。

他ブログで道の駅には薪が売っていないとありましたが、今回訪れたときは売っていました。

1束400円

 

環境もいいし、利用料金もそんなに高くない、くにみオートキャンプ場。

そして、1番の特徴は各サイト内に水道があること!

こんなサイトは初めて。

 

水道がそばにあるだけで、こんなに便利なんだと感動しました!

さらに、水道には電源もついている。

やっぱり、3,670円は安いかも。

 

 

サイト

くにみオートキャンプ場のオートサイト

 

予約の電話をした際に、海が1番見えるところは?と聞くと、サイト9だと言われました。

人気だから芝がはげてて、すこし斜め

斜めなのに人気なのか?

 

じゃー、2番目に海が見えて、平坦なサイトは?

9しか海は見えない

ということで、各サイトの特徴を紹介します。

 

くにみオートキャンプ場のオートサイトは全部で13カ所。

どのサイトにも特徴である水道と電源がついています

 

くにみオートキャンプ場のサイト内にある水道と電源

 

サイト2~8が山側に面しており、サイト1、9~13が海側に面しています。

今回は日・月曜のキャンプで他のキャンパーは2組、3週間前に電話予約したさいは予約0の状態でした。

予約に空きがある場合は、海側のサイト1、9~13ですね

せっかくの海を背にしてキャンプするなんて考えられない…。

 

山側のサイト2~8はそれぞれ違いがあります。

サイト2は中央に水道が設置されており、スペースが2つに分かれている。

くにみオートキャンプ場のサイト2

 

2人組のソロキャンパーにはいいでしょうが、大型テントを使用するファミリーキャンプには不向きなのかな。

サイト3〜8は水道がカベ側に設置されているので、スペースを広くとることができます。

くにみオートキャンプ場のサイト3

 

山側はサイト3が1番広く、平坦なサイトのようです。

サイト4、5、となるに連れて、徐々に狭く、やや傾斜もあるのかなって感じです。

 

くにみオートキャンプ場のサイト4

くにみオートキャンプ場のサイト5

くにみオートキャンプ場のサイト6

くにみオートキャンプ場のサイト7

くにみオートキャンプ場のサイト8

 

海側のサイト1、9~13もそれぞれ違いがあります。

まず1番の条件、海が見えるのは?

これはやはりサイト9が1番見えます。

 

くにみオートキャンプ場のサイト9から見える海

 

しかし、海とサイトの間に木があり、サイト9でもそんなには見えない

次に見えるとしたら隣のサイト10ですが、そんなに違いはないかもしれません。

海に面しているサイト1、11~13は確かに見えないかもです。

 

サイト1の特徴は水道が真ん中に位置していること。

くにみオートキャンプ場のサイト1

 

数人のソロキャンプグループだったり、中型テントで食事テーブルを完全に分ける場合はサイト1でもいいかもしれませんね。

大型テントのファミリーキャンプではスペースが狭く、使い勝手がワルいかも

 

サイト9〜13は水道がカベ側にあるので、サイト1より1カ所のスペースは広い。

くにみオートキャンプ場のサイト13

しかし、サイト13はL字型なので、手前がデッドスペースになりそうですね

 

サイト12、11はキャンパーがいたので写真は撮れませんでした。

サイト12、11はサイト10と同じような感じで、サイト10より少し広いかなって印象です。

くにみオートキャンプ場のサイト10

サイト12、11がトイレとシャワーに面しています。

 

今回キャンプをした1番人気で斜めと言われたサイト9。

確かに斜めってました。

くにみオートキャンプ場のサイト9

Sponsored Links

角の一部は平坦ぽかったので、そこにテントを設営しましたが大型テントとなると少しキツイかな?

実際寝てみると、そんなに傾斜は気になりませんでしたが、奥様は斜めっていると言ってました。

イビキかいて寝てましたけど。

本当に斜めっているところって、起きたらテントの隅によってますもんね。笑

 

スペース的にはそんなに広くないかなって印象。

テントは2~3人用の小型テントでタープはギリギリ張ることができました。

ポールのペグはほんとギリギリ。

くにみオートサイトキャンプ場のサイト9のペグの位置

 

手前のスペースはかなり斜めだったので、あんまり使えない感じでしたね。

海側のサイトは山側と比べ、一部にやや傾斜があります

大型テントを張るならサイト12、サイト3かなって印象です

 

 

トイレ

くにみオートキャンプ場のトイレ

 

トイレはキャンプ場敷地内に1ヶ所あり、道の駅のトイレも利用することができます。

キャンプ場敷地内のトイレは少々古くもありますが、キレイに掃除されている印象

人感センサーで照明がつくので普段人がいないときは暗く、真夏でも他のキャンプ場よりは虫が少ないのかなーと思いました。

真夏の扉なしトイレって虫がえげつないですよね…。

 

洋式トイレですが、ウォシュレットはついていません

どうしてもウォシュレットがいい人は少しだけ歩きますが、道の駅のトイレを使うといいでしょう

本当に少しだけです。

 

 

シャワー

くにみオートキャンプ場のシャワー施設

 

くにみオートキャンプ場は温水シャワーがあります。

24時間利用することができて、利用料金はサイト料金に含まれているので実質無料で利用できます。

くにみオートキャンプ場のシャワー

くにみオートキャンプ場のシャワー室

 

こちらもトイレ同様、作りは古いですがキレイに掃除されています。

足マットの利用に抵抗がある人は自分で準備するといいでしょう

 

くにみオートキャンプ場のシャワーマット

 

 

スーパーてつや

キレイな野菜と果物

 

くにみオートキャンプ場から福岡方面へ向かうと、すぐに地元のスーパーがあります。

酒屋と一緒になっている小さなスーパーですが、意外と品ぞろいがいい。

 

大分名物のリュウキュウ、カラ付きの牡蠣、ラム肉なんてのもありました

ラムチョップってのもあってビックリ。

鯛のアラを買ってアクアパッツァにしましたが、脂がのってて絶品でした。

国産のサシが入った肉もありましたよ。

 

地元のスーパーなんで少々割り高でしょうが、寄ってみる価値ありです。

その他にはキャンプ場から大分市方面に20km程度いくと、ドラッグストアや大きめのスーパーもあります。

 

 

近隣の道の駅

刺身盛り合わせ

 

大分市方面に20km程度いくと、道の駅くにさきがあります。

道の駅くにみには海産物の加工品はありますが、鮮魚はありません。

 

道の駅くにさきには鮮魚があるので、寄ってみるのもいいかも

ハタがまるまる一匹売りであったり、サザエ、タコもありました。

タコ飯は国東の名物なので、道の駅くにさきでタコを買って、自分でタコ飯を作るのもいいですよ。

 

 

釣り

磯で釣りをする男性

 

くにみオートキャンプ場の目の前には海が広がっています。

砂浜で釣るのもよし、奥の堤防や岩場で釣るのもよし。

私は何も釣ることができませんでしたが…。

そもそも、他に釣り人がいなかった。笑

釣れないのかな…。

 

 

注意点

注意・注目と書かれた案内

 

くにみオートキャンプ場では注意することが3つあります。

人によってはキャンプできないかもしれないので、要チェックです

 

 

虫が多い

公園を散歩する外国人女性

 

海沿いのキャンプ場というと虫が少ないイメージがあったのですが、くにみオートキャンプ場は虫が多かったです。

11月中旬のキャンプでしたが日中の気温が20℃、テント設営に汗をかくぐらいの気温。

 

サイト全体にコバエみたいな小さな虫がたくさん飛んでいました

サイト9が特に多かった印象です。

 

その他に大きなバッタもたくさんいます。

タープの下でビールを飲んだいるとき、バッタが頭に落ちてきたときはさすがにビックリしました。

コバエもバッタも日が落ちてくると、まったく気にならなくなります

 

しかし、もっとも注意すべきがハチ。

詳しくはないですが、おそらくオオスズメバチかと。

見かけたのは1匹のみですが、30分に1回くらいのペースでサイトに飛んできました

近くに巣があるのか、巣を作ろうとしているのか…。

かなり注意が必要です。

 

 

野生のネコ

目をつむった可愛い猫

 

日が落ちて暗くなったときに、音もなく訪れていました。

野生のネッコ。

1回追い払うと姿を見せませんでしたが、朝起きるとゴミが荒らされていました。

ゴミの管理は注意です

 

 

暴走族

オモチャの銃を構える警察に扮した外国の少年

 

族かは分かりませんが、めちゃくちゃバイクのエンジン音がうるさかったです。

駐車場が広いこともあり、そこにたむろっているのか、夜9時くらいまではうるさかったと思います。

それ以降は静かで、もちろんサイトまでくることもありませんでした

キャンプで一番怖いのは人間ですよね…。

 

 

まとめ

今回は大分県国東市にある、くにみオートキャンプ場を紹介しました。

まとめ

・各サイトに水道がありメチャクチャ便利。

・海が見えるのはサイト9、だけどあんまり見えない。

・サイト9は全体的に斜めっているけど、普通に寝れる。

・サイト1、2の水道は中央、それ以外はカベ側。

虫と暴走族がやや気になりましたが、全体的にはいいキャンプ場でした。

周辺環境も印象的で、地元のスーパーの品ぞろえと道の駅での鮮魚が最高。

水道もサイト内にあるので、地元の食材を使ってガッツリ料理を楽しみたい人にはオススメのキャンプ場です!

Sponsored Links

コメント