夏の菊池渓谷を楽しむために!【5つのチェックポイント】

記事の内容

熊本県菊池市にある菊池渓谷を紹介します!

  • おすすめの時間帯は朝イチ
  • 足元はサンダルでも大丈夫
  • 子どもの水遊びには不向き
  • 散策コースは1時間
  • 贅沢な散歩を楽しめる

こんにちは、トリぞーです。

この記事は、菊池渓谷に行ったことがない方に向けた内容です。

  • 何時に行くのがいいの?
  • サンダルでも大丈夫?
  • どんな場所?

これらの疑問に応えます。

九州の涼といったら、熊本の菊池渓谷を思いうかべる方も多いでしょう。

今回は、実際に訪れてみて、事前に知っておく方がいい内容をまとめました。

夏の思い出にサイコーの時間を過ごしてみて下さい!

奥さま

めちゃくちゃ良い場所やでー!

これぞ大人の贅沢

記事のメリット:贅沢な散歩コースを楽しめます!

目次

菊池渓谷とは?

菊池渓谷の案内

菊池渓谷とは、菊池川の上流にある渓谷で、

熊本県菊池市と阿蘇市にあります。

九州では避暑地や紅葉の名所として有名。

自然は「渓谷美の極致」と言われ、

阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区、

菊池水源として名水100選となっています。

料金

菊池渓谷は、有料の渓谷。

維持管理協力金として、高校生以上は1人200円です

200円は安い

駐車場

菊池渓谷の第1駐車場

駐車場は第1と第2駐車場があります。

また、離れた中央駐車場もありますが、

シャトルバスは7月下旬~8月上旬のみのようです。

菊池渓谷公式HP

奥さま

第3駐車場まであるやん!

第1駐車場でも、菊池渓谷から200m離れています。

8月の日曜に訪れましたが、朝8時すぎはガラガラ

10時くらいには、第1駐車場はうまってきてました

料金は普通車1台200円です。

ハイラックスも200円

菊池渓谷の楽しみ方

菊池渓谷は避暑地、紅葉が有名です。

今回は夏におすすめの楽しみ方を紹介します!

めっちゃ涼しいでー!

楽しみ方は人それぞれ!

贅沢な散歩

菊池渓谷に行ったことがない方は、

川で水遊び、釣りみたいな想像があるかも知れません。

実際に訪れた感想は贅沢な散歩だなー、です。

川を囲むように散策コースが整備されており、

基本的には散歩しながら自然を楽しむ。

ポイントで川に下りて、足首まで入って涼みます。

奥さま

冷たくて痛いくらいやでー!

有料ってのが逆にいい

神秘的な朝モヤ

真夏の菊池渓谷の朝靄

菊池渓谷の推しは、神秘的な朝モヤです。

自然豊かな川とキレイな水は、そんなに珍しくありません。

しかし、朝モヤが加わるだけで、

めちゃくちゃ神秘的な雰囲気を楽しめます

菊池渓谷に訪れる時は、時間帯が大切ですね。

奥さま

マイナスイオンやでー!

マイナスイオンは見えません

水量が多く流れも速い

菊池渓谷の水量と流れの速さ

菊池渓谷は、意外と水量が多く流れも早いです。

岸側は足首までの深さですが、

すぐ深みがあるので注意してください。

高い場所から落ちると、助からないかもと感じます

岩の上から川をのぞき込みたくなりますが、

スベりやすいので本当に注意して下さい!

子供の遊び場は少ない

菊池渓谷は、川に入って水遊びには不向きかもしれません

浅い水たまりはありますが、流れがなくよどんでいたり、

目を離すと、すぐ近くに深場があります。

足首をつけるくらいが、ちょうどいいかな。

安全第一で!

菊池渓谷を散歩

菊池渓谷の散策コースの案内

菊池渓谷の散策コースを紹介します。

滞在時間は1時間〜1時間半くらいでした

おすすめの順路は、案内を時計回りです。

途中で橋がありますが、

奥まで行って1周する方がより楽しめます

スタートは赤い橋をわたって

菊池渓谷のスタートの赤い橋

菊池渓谷のスタートは、赤い橋。

すでに朝モヤが立ちこめ、神秘的な雰囲気を感じます。

散策コースの地面

菊池渓谷散策コースの環境

菊池渓谷の散策コースは、登山道のような地面です。

前日に雨が降ったからか、ぬかるみもありました。

登山のような勾配はないので、サンダルでも大丈夫。

ポイントで川へ下りる

散策コースを散歩していると、

川に下りれるポイントがあります。

案内も出ているので、川に足を入れてみて下さい!

冷たすぎて痛いですよ笑

菊池渓谷の四十三万滝
四十三万滝
菊池渓谷の広河原
広河原

赤い橋でUターン

菊池渓谷の奥の赤い橋

菊池渓谷の1番奥にも赤い橋があります。

橋をわたると、菊池渓谷の散策コース前半は終わり。

橋の先に休憩所とトイレがありますよ。

帰り道は整備されている

菊池渓谷の帰り道

菊池渓谷の散策コース後半は、整備された道になっています。

前半で疲れた人に嬉しい道ですね。

散策コース後半は、川から離れた道なので余韻に浸りながら帰ります。

最後に足が洗える

菊池渓谷にある足を洗える水道

散策コースの終わりに、水道があります。

サンダルで散策すると、足元が汚れるので、

嬉しい設備ですね。

奥さま

気づかいがサイコーやで!

おすすめの時間帯

夏に菊池渓谷を楽しむには、

朝8時30分には散策スタートがおすすめです

おすすめ理由
  • 第1に人が少ない
  • 駐車場も空いている
  • 朝モヤが神秘的
  • 汗をかかない

菊池渓谷は、モヤあってこその場所だと感じました。

散策を始め、1時間後にはモヤが晴れていたので、

朝8時30分には散策をスタートすべきです。

奥さま

大切だから何回も言うでー!

朝イチだと、汗もかきません。

菊池渓谷はヒンヤリしていて、

真夏でも1時間歩いて、ギリ汗はかきませんでした

ギリね!

足元はサンダルでも大丈夫

菊池渓谷は、川のまわり1周する散策コースです。

地面は登山道に近い、土がふみ固められた道。

登山道より勾配がないため、サンダルでも大丈夫でした。

しかし、スベりやすい所もあるので、

キーンやクロックスみたいなサンダルがおすすめです

スニーカーでサンダルを持参すると完ぺき。

奥さま

汚れても良いクツやでー!

ビーサンはキツイかな…

まとめ

今回は熊本県にある菊池渓谷を紹介しました。

  • おすすめの時間帯は朝イチ
  • 足元はサンダルでも大丈夫
  • 子どもの水遊びには不向き
  • 散策コースは1時間くらい
  • 贅沢な散歩を楽しめる

想像よりも、数倍楽しめる渓谷でした!

まさに贅沢な大人の散歩ですね。

最後に、水に入るときは本当に注意してください!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次