簡単うまい!猪肉を燻製してベーコンにする方法とは?

完成した猪肉のベーコン
記事の内容

イノシシ肉を燻製にして、ベーコンをつくる工程を紹介します!

  • 作業じたいは初めてでも簡単
  • 作るのに1週間かかる
  • 塩は肉の重さの4%
  • 塩抜きが大切
  • 燻製時間は1時間から1時間半(肉200g)
  • 白い脂が、完成の目安

休日は4時30分に起床、トリぞーです。

この記事は、猪肉をベーコンにしたいって方に向けた内容です。

  • 猪肉のベーコンづくりって簡単?
  • 猪肉のベーコンって美味いの?
  • どんな道具がいるの?
  • 燻製のやり方は?

これらの疑問に応えます。

ある日、義父から電話が。

イノシシ肉いる?

マンガ「山賊ダイアリー」と東野幸治「カリギュラ」の影響で、

ジビエに興味を持っていました。

今回はイノシシ肉をつかって男のロマン、ベーコンを作ってみます。

銀の匙も好き

目次

ジビエとは?

木彫りの熊

ジビエとは、狩猟でとった動物料理の総称です

ジビエときくと、イノシシシカを思いうかべると思います。

「山賊ダイアリー」では、カモやカラス、

ネズミの大きいやつ(名前わすれた)も、ジビエとして紹介されていました。

飼育しているイノシシの料理はジビエといわず、

野生のブタをとって料理すると、ジビエになるのかもしれませんね。

タヌキはめっちゃクサくて、食べれないみたい

イノシシ肉

計りにのせた猪肉

義父からもらったイノシシ肉がこちら。

かなり大きいカタマリ肉、重さを計ると、685g

ステーキ200gが食べれなくなった私には、かなりの迫力。

自前の燻製鍋が小さいので、3等分にします。

三等分した猪肉

部位はどこか分かりませんが、ブタ肉にくらべて脂が少ない。

色は少し黒い感じかな。

新鮮な肉ほど、色は黒くなります。

スーパーの肉も重なっているところは、酸素があたらず新鮮で黒いんですよ。

イノシシ肉は冷凍ですが

冷凍を自然解凍したんですが、全くクサくない。

カリギュラによれば、解体の技術でニオイが全然違うらしいです。

実際にベーコンにしてみて、

個人的には、200gくらいが作りやすいかなって思いました

3等分にしたので、自宅用・キャンプ用・義父用にベーコンをつくります。

準備するもの

並べられた様々な工具

燻製となると、準備するものがたくさんあるイメージですかね?

実際は、そんなに準備するものはありません。

今回準備したものがこちら。

  • イノシシ肉(あたりまえ)
  • ふつうの塩
  • 計量器
  • ラップ、ジップロック
  • アルミホイル
  • 燻製鍋
  • 燻製チップ
  • カセットコンロ

味付けは塩のみ。

計量器は塩の量をはかるので、お菓子作りのものがいいかな。

燻製鍋は、ぶっちゃけ何でもいいです

なべ底にアミがしけて、フタがあれば十分。

100均のステンレスボール2つでもできます

今回は屋外でしたので、カセットコンロをつかいました。

キッチンでもできますよ。

換気はしっかりしましょう。

下準備の工程

数種類のカレースパイス

燻製は市販のブロックベーコンや、ウインナーでは経験があります。

生の肉をベーコンにするのは初めて。

今回は、下準備からしていきます。

燻製はめちゃくちゃいい匂いがしますが、

食材に味がないと、あんまり美味しいものではありません

フォークで刺す

フォークで穴を空けた猪肉

塩が中まで入るように、肉の表面をフォークで刺していきます。

すべての面をしっかりと刺しました。

塩をすり込む

計りで計った4%の塩

フォークで穴をあけたら、表面に塩をすり込みます。

塩の量は、肉の重さの2%とネットに書いてありました。(ブタ肉参考)

ですが、今回は4%にしました。

200gの肉なら、塩は8gですね。

理由は、1週間ほど生で冷蔵庫にねかせるため、腐そうで怖いから。

人にあげるので、味よりも安全

結果、腐ることなく、

塩カラいってこともなかったです。

2%でも腐ることはないでしょうが…。

塩をすり込んだ猪肉

まんべんなく、塩をすり込みます。

すり込んでいくと、4%でも少ないんじゃないかと感じました。

冷蔵庫でねかせる

ラップで包んだ猪肉

塩を表面にすり込んだら、ラップで包み、ジップロックに入れます。

塩をすり込むと肉から水分が出るので、ていねいに包みました。

これで下準備は終了。

あとは、1週間ほど冷蔵庫でねかせます

腐りませんように…。

腐りませんよ

塩抜きがポイント

塩抜き中の猪肉

1週間ほど冷蔵庫にねかせ、塩を抜きます。

色がさらに黒くなり、腐ってないかマジで心配…。

冷蔵庫からだしたら、半日ほど水にひたします

塩抜き後の猪肉

たまに水をいれかえ、半日。

臭いは…

全くクサくない!

と言うか、無臭!!

塩抜きがポイントだと思います

塩の量は腐敗を心配して、多くしても、

しっかり塩抜きをすることで、味は保たれるでしょう。

義父の知り合いは、スゴ腕の猟師みたいです。

塩4%もよかったのかな?

塩漬けにすると腐らないって、昔の人はよく発見しましたね。

ダレが発見したのかな?

乾燥

干ばつによりヒビが入った地面

塩抜きしても、まだまだ燻製にするまで工程があります。

イノシシ肉の水気をしっかりふきとり、また冷蔵庫にもどします

冷蔵庫で一晩だけ乾燥。

ラップはせずに、そまま乾燥させます。

いよいよ燻製

燻製前の猪肉

下準備塩抜き乾燥に1週間、ようやく燻製ができます。

地元でキャンプをするので、実家に帰省してイノシシ肉を燻製。

今回は外で燻製をしました。

普段はキッチンでもしています。

換気扇を強にすると、室内でもニオイはきになりません。

チップの量

チップの量はテキトー。

そんなに山にならない量で、いつもしています。

チップの上に、アルミホイルをひいた方がいいです

燻製中に脂が落ちて、チップがはやく燃えてしまいます。

写真のチップは多いとおもいますが、

チップの量で失敗したことはありません。

少し多いかな?くらいがいいと思います。

多くても失敗はしませんが、少ないと失敗しますからね

火加減と燻製時間

燻製は、はじめは火力MAX

煙がでてきたら、弱火にして、

1時間~1時間半ほど燻します

その間は日陰でマンガ。

真夏なので、水分補給も欠かせません。

テーブルに乗った漫画とアクエリアス

実家ではマンガか酒ですね

ベーコン完成

燻製した猪肉

たまに中をチェックしながら、1時間くらいで完成。

めちゃくちゃ美味そう…

チップの上に、アルミホイルをひいています。

管理栄養士の奥さま曰く、

表面に白い脂がでてきたら、中まで火か通っているとのことです

奥さま

一応食べる前にも確認してね

燻製後はアラ熱をとって、さらに冷蔵庫で1日ねかせます。

すぐ食べると煙の感じが強く、少し味が落ちるかな。

ベーコン実食

次の日、キャンプに持っていきました。

キャンプ場について、テントをはる間のビールのツマミとして食べました。

塩加減もちょうどよく、クサみもない。

めちゃくちゃ美味しかったです!

半分以上、友人の子どもっちに食べられました笑

子どもでも美味しく食べられます!

帰宅後は、自宅用をビールと一緒にいただきました。

完成した猪肉のベーコン

サイコー!

まとめ

今回はイノシシ肉を燻製にして、ベーコンをつくりました。

  • イノシシ肉ベーコンは簡単
  • 完成には1週間かかる
  • 塩の量は、肉の4%
  • 塩抜きが大切
  • 燻製時間は1時間~1時間半
  • 白い脂が、完成の目安

はじめてイノシシ肉を燻製にしましたが、

時間はかかるものの、カンタンにつくることができました。

ポイントは塩抜きだと思います。

塩の量は多いほど腐らないかもしれません。

その後しっかり塩抜きをするといいかなと。

今回は4%で腐りもせず、味もバッチリでした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる