平戸とポルトガルの南蛮貿易の歴史|繁栄からの衰退

衰退する街並みの絵 長崎
記事の内容

・長崎県平戸市とポルトガルの貿易の歴史を紹介。

平戸領主、松浦隆信の手腕は?

・平戸大混乱、諸悪の根元は?

トリぞーです。

今回は長崎県平戸市とポルトガルの貿易の歴史を紹介します。

少々、デフォルメしてますが各先生方の書籍に基づき、分かりやすい説明に努めました!

 

平戸はキリスト教と関わりの深い場所であり、現在も平戸には教会群が現存しています。

 

平戸にポルトガル商船が入港するまで

ポルトガルの港町の夕焼け

 

天文10年(1541)ポルトガル船が初めて日本の地に漂着したとされています。

場所は豊後国(大分県)の神宮寺浦。

その後、天文12年(1543)鹿児島県の種子島にポルトガル商人が漂着し、鉄砲などの武器が日本に広まってポルトガルとの貿易が始まりました。

 

種子島での伝来を機にポルトガル商船が毎年のように薩摩、日向、豊後に来港するようになりました。

天文18年(1549)8月にフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸。

薩摩当主・島津貴久に会い、キリスト教布教の許可を得て伝道を開始します。

しかし、貴久はポルトガルとの貿易にしか興味がなく、ザビエルはわずか1年で鹿児島を去ります。

 

新たな布教の地を探していたザビエルは、平戸に目を付けます。

当時、平戸は中国の海賊・王直を保護しており、王直の本拠地がありました。

王直はポルトガル商人の手助けをしていたこともあり、平戸にポルトガル商船が入港したウラには海賊・王直との関係があったとされています。

 

天文19年(1550)平戸に初めてポルトガル商船が入港

種子島に鉄砲が伝わってから7年後となります。

 

 

平戸で貿易開始

貿易に使用されるコンテナ

 

平戸の領主・松浦隆信(たかのぶ)は鉄砲などの新兵器や新たな収入源を目的に、ポルトガルとの貿易を開始します。

ポルトガルとの貿易はキリスト教の布教が条件となっていました

 

九州の他国との遅れに焦っていた隆信は、毎年平戸にポルトガル商船を入港させようと宣教師に働きかけます。

隆信「キリスト教って教会が必要でしょう?」

隆信「建ててもいいかなー、やっぱりやめようかなw」

 

天文22年(1553)平戸を訪れたバルタザール・ガーゴ神父に対して、隆信は修道院建設用地付与をチラつかせます。

キリスト教の布教には教会が必須だったため、ポルトガルは平戸との貿易を盛んに行うようになりました。

天文22〜永禄4年(1553〜1561)まで毎年ポルトガル商船が平戸に来航し、平戸は南蛮貿易港として定着しました

 

 

キリスト教布教を抑える

NOと書かれたメモ

 

弘治3年(1557)8月にガーゴ神父の支援にガスバール・ヴィレラ神父が平戸に訪れます。

ヴィレラ神父の訪問により、さらにキリスト教布教が活発になりました。

しかし、このヴィレラ神父が悪いヤツ。

 

ヴィレラ「ブッタ?知らねー、イエス様の名の下に!」

キリスト教徒は平戸にある仏教の寺や神社を壊しはじめます

 

この行動に仏教僧侶たちが激怒。

平戸が混乱しはじめたことに焦った隆信は、ヴィレラ神父を落ち着かせます。

隆信「ちょちょ、ヴィレラさん!やりすぎ!」

隆信「少し観光でもして来てくださいよ!」

 

永禄元年(1558)隆信はヴィレラを退去させ、教会を閉鎖します。

隆信「教会も閉鎖したし、僧侶たちも落ち着いてね?」

僧侶「教会も壊せ」

隆信「…」

 

永禄2年(1559)滞在していたポルトガル商船が出港すると、隆信は教会を壊します。

隆信「ったく、あの坊主ども。事情も知らねーで」

 

永禄3年(1560)来航したポルトガル商人は教会が壊されていることに驚きます。

商人「教会ガ壊レテイルヨー!マタ作ッテヨー!」

 

しかし、隆信はこの訴えを拒否。

隆信「商人風情が!お前らの言うことなんか聞けるか!」

 

仏教の僧侶や平戸民の怒りを抑えるために教会が壊されたため、ポルトガル人は商船の甲板に即席の祭壇を作ったり、小船に乗って島々をまわることで布教を続けました。

 

 

宮の前事件

戦車を使った戦場の模型

 

キリスト教の布教により平戸には信者が増え、仏教徒たちとの間に不穏な空気が流れていました。

隆信は貿易をするためにキリスト教にもいい顔を、一方平戸を混乱から守るために仏教徒にもいい顔をしないといけない。

隆信は板挟みになっていました

両者へのあいまいな態度が状況をさらに悪化させます。

 

永禄4年(1561)8月、ポルトガル船の乗務員と平戸民との間で、生糸をめぐって争いが起きます。

この争いにより、ポルトガル船長を含む14人が平戸民に殺されてしまいます

宮の前事件です。

 

隆信は事態の収拾に焦ります。

ポルトガル人「コッチハ14人モ死ンデルンダゾ!」

隆信「落ちつて!冷静に!ねっ!まず落ち着こうよ!」

平戸民「お前は南蛮人か!」

隆信「…」

 

事件の処理に関しても誠意が見られず、ポルトガル側を怒らせます。

隆信に不信感を抱いたポルトガル側は貿易を中止しました

 

 

平戸の衰退

衰退する街並みの絵

 

貿易が中止されていた3年の間に、ポルトガル側は新たな貿易港として横瀬浦(長崎県西海市)で貿易を再開させます

横瀬浦を支配していたのは、敵である大村家の大村純忠(すみただ)。

 

ポルトガルとの貿易が中止となり、さらに敵である純忠に利益が入ることに焦るに焦った隆信はルイス・フロイスに謝罪します。

隆信「マジでスミマセン!教会建てていいから許して!」

フロイス「…分カリマシタ」

 

隆信は教会の再建を認め、永禄7年のポルトガル商船を平戸に入港してもらえることができました。

この時、大村純忠は日本最初のキリシタン大名となったことでクーデターに合い、横瀬浦も平戸と同じ状態になっていたのです

宣教師「横瀬浦モNGネー、仕方ナイカラ平戸ニ戻ルカ」

 

再び平戸に来航してくれるようになったがキリシタンになった純忠と比べ、隆信への信頼感は戻りません。

貿易は再開となるが、ポルトガル側は隆信に利益が入らないようにしたのです。

 

永禄8年(1565)純忠が貿易港を新たに長崎の福田浦に開港したことで、ポルトガル商船は福田浦に入港するようになります

収益が入らないことに我慢していた隆信も、これにはブチギレ。

隆信「オカマみたいな格好した南蛮人の裏切り…」

隆信「もーガマンできない、戦争だっ!!!」

 

隆信は福田浦に入港するポルトガル商船に対して急襲をしかけます

隆信「オラオラオラオラ!」

ポルトガル「ン?何シテルノ?」

隆信「オラオラオ…え?」

ポルトガル砲「ドッカーン!」

 

隆信はポルトガル商船に攻撃するも反撃にあい、3隻の大型船が破壊され80人が死亡、220人以上が負傷するという事態に追い込まれ撤退。

ポルトガル人の死亡者は8人でした。

この出来事により、平戸とポルトガルの貿易は完全に断絶したのです

そして平戸は衰退してきました。

 

 

まとめ

今回は平戸とポルトガルの貿易の歴史を紹介しました。

まとめ

・天文19年(1550)に初めて平戸にポルトガル商船が入港。

・貿易とキリスト教が広まるも、仏教徒と争いが起きる。

・1番悪いのは宣教師。

・松浦隆信は争いをまとめきれなかった。

・ポルトガル側が隆信を見切る。

・裏切りに隆信が攻撃するが反撃され、貿易は断絶した。

以上が、平戸とポルトガルの貿易の歴史となります。

1番悪いのは宣教師ですよね。

寺とか神社を壊されればそりゃ怒るでしょう。

これからもキリシタンの歴史探訪は続きます!

Sponsored Links

コメント