N字と前後は同じ?ハイラックスのタイヤローテーション|内容と費用

ハイラックス
記事の内容

・ハイラックスのタイヤローテーションを紹介!

N字前後、どっちのローテーションも同じ?

費用は手頃、安全のためにも大切です

トレンドはアンミカ、トリぞーです。

 

今回、2回目のタイヤローテーションを行なってきました。

前回は無料でしていただいたので、今回は内容費用を紹介します。

 

タイヤローテーション

 

タイヤローテーションとは4本あるタイヤの位置を変更することで、タイヤの消耗を均等にすることができます。

 

 

車はハンドルを操作することで前輪が動き、方向を変えます。

なので通常、前輪の消耗が早いことになります

 

 

ハイラックスのローテーション内容

 

タイヤローテーションにはいくつかの方法があります。

タイヤをN字に移動させたり、前後を移動させたりなど。

 

ハイラックスの取り扱い説明書には、

備タイヤを含めた5本でN字にローテーションする方法が推奨されています

 

しかし、実際は使用している4本のみのローテーションがおすすめ

5本でローテーションをしてしまうと、1本だけ新品のタイヤになるのでバランスが悪くなります。

 

予備タイヤは車体の底に設置してあり、ほとんど劣化しません。

なので、非常時にのの使用がいいでしょう。

空気圧は普段からチェックすべきです。

 

前回は4本でN字ローテーションをしました。

今回もそーだろーと思いきや…

 

 

 

今回のローテーション

 

ローテーションは1時間もしないうちに終わります。

前回はどのタイヤをどの位置に移動して、今回はどうなのか聞いてみると、

 

「前後を入れかえました」

え?だって前回はN字で…

 

「前回の記録は残ってません」

書面をみると前回の記録は『ローテーション』としか明記しておらず。

どのタイヤをどの位置に移動したまでは書いてありませんでした

これは普通とのこと。

 

前回担当してもらった店長に確認してもらうと、

前回のタイヤローテーションはやはりN字で行なっていました。

 

 

N字移動と前後移動

 

いやいや、前回はN字で今回は前後って…

そんなのダメでしょ!?

 

いえ、N字も前後も変わりません

そーなの?

 

N字のタイヤ移動を考えてみます。

Sponsored Links

左後輪をN字で1周。

 

左前右後右前左後

 

次は前後のみのタイヤ移動。

こちらも左後輪に注目。

 

左前左後左前左後

 

うん、一緒!

解決です。

 

N字移動も前後移動も左右の違いはあれど、どちらも前後をくり返します

N字というより、∞移動ですね。

 

 

ローテーション別法

 

N字移動と前後移動は同じと理解できましたが、もう1つ疑問が浮かびました。

タイヤを前後に入れかえても、タイヤの外側はずっと外側なのか

 

ローテーションで、タイヤの外側が入れかえ後に内側になると、やはりN字ローテーションは意味があるのでは

 

スタッフ「外側はずっと外側です」

御意。

 

しかし、タイヤの外側と内側の反転も可能です。

タイヤをホイールから取り外すのでさらに工賃がかかりますが。

 

そこまでする人は、今まで1人しかいなかったとのことです。

1人いたんかい…

 

 

ローテーション時期

 

タイヤの交換時期はおおよそ5年とされています。

ローテーション時期の目安は走行距離10,000km

 

1年間でだいたい10,000km走っているので、N字ローテーションを4回行い、5年でタイヤ交換!

美しい!

と思っていたのですが、実際は10,000kmごとに前後を入れかえるだけ

 

それなら、20,000kmごとにローテーションを行なってもタイヤは均等に消耗されるのでは?

そっちの方が手間も費用も削減できます。

 

ワイ「ど、どーなんだよ!?(小声)」

スタッフ「ダメです、危険です。」

はい、従います。

やはりローテーション時期は10,000kmごと

 

 

ローテーションの費用

 

ローテーションはタイヤの位置を変更するだけなので、費用は工賃のみとなります。

費用は2,000円でした。

 

ディーラーでこの価格なのでもっと安いところもあるでしょうね。

ちなみにローテーション別法の工賃は8,000円です

 

 

おわりに

今回はハイラックスのタイヤローテーションの内容を紹介しました。

まとめ

N字ローテーションも前後ローテションも同じ!

・ローテンションは10,000kmごとに。

・費用は2,000円。

 

ローテーションはタイヤの消耗を均等にすることでタイヤの寿命が伸びたり、安全にも関係します。

費用もそんなにかからないので、10,000kmごとにしっかり行うことをオススメします

Sponsored Links

コメント