ハイラックスのマイナーチェンジとは?初期モデルの現状

排気ガスで汚れた空気
記事の内容

ハイラックスのマイナーチェンジの内容を紹介します!

  • アイドリングストップ機能の追加
  • サスペンションの改良
  • 燃費の向上
  • ハイラックスの人気は下火かも…

今田耕司のペッパーくんは旧型、トリぞーです。

この記事、ハイラックスのマイナーチェンジの詳細を知りたい方に向けた内容です。

  • マイナーチェンジでどこが変わったの?
  • やっぱり性能よくなった?

こんな疑問に応えます。

ディーラー店長から、ハイラックスのマイナーチェンジについて話が聞けました。

いろんな話が聞けて勉強になります

目次

ハイラックスのマイナーチェンジ

新型ハイラックスは、2017年に発売されてから、少しずつデザインが変わっています。

2020年8月19日には、マイナーチェンジしたハイラックスが発売。

新たな機能の追加や改良がります。

アイドリングストップ機能

ハイラックスはマイナーチェンジにより、アイドリングストップ機能が追加されました

しかし、アイドリングストップにはデメリットもあるため、

追加されてよかったかは微妙です…。

ディーゼルエンジンも改良されており、パンフレット上では燃費の向上があります。

  • 初期モデル→11.8km/L
  • マイナーチェンジ→13.6km/L

サスペンション

タイヤを交換する男性

マイナーチェンジにより、サスペンションの改良がありました。

これまでのハイラックスとくらべて、サスペンションが柔らかくなています

ハイラックスは、荷台に貨物をつんで走ることを前提としています。

なので、サスペンションは硬めなんですね。

しかし、荷台がカラのまま走ると、車体がはねてしまします

海外では硬いサスペンションでも問題はありませんが、

荷物をつむことが少ない日本にあわせて、サンスペンションを柔らかくしたんですね。

まさにマイナーチェンジ

サスペンションは、荷台のキシミ音の原因にもなります。

荷台からギーギー音がしたら、サスペンションにゴミがつまっているかも。

ハイラックスの人気は下火?

転落注意の交通標識

マイナーチェンしたハイラックスですが、人気があるとは言えないみたいです。

店長のお客で、初期モデルのハイラックスが欲しい人がいました。

しかし、初期モデルのハイラックスは、販売終了となっています

当時はすでに、九州には在庫がない状況。

東京に確認すると、10台くらいの在庫しか残っていません。

その在庫でさえ、週末までに残らない限り、

九州までまわらないとのこでした

結果は、一瞬で完売

お客は初期モデルのハイラックスを、買うことができませんでした。

初期モデルが欲しいという人は、全国にたくさんいるみたですね。

個人的にも、デザインは初期モデルの方が好みではあります。

GRスポーツの前TOYOTAは憧れです

まとめ

今回はハイラックスのマイナーチェンジについて紹介しました。

  • アイドリングストップ機能が追加された
  • サンスペンションが柔らかくなった
  • 燃費の向上
  • 初期モデルの方が人気があるみたい
  • 初期モデルは販売終了

見た目は初期モデルの方が好みではありますが、

車体カラーは深みのあるグリーンやブルーがあり、マイナーチェンジ後の方がいい人も多かもしれません。

意外だったのが、もうマイナーチェンジ前のモデルは販売していないこと。

初期モデルに乗っているわたしとしては、少し嬉しくなった日曜日でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次