アイドリングストップのデメリット|ハイラックスの対応は?

ガソリンスタンドの給油ノズル
記事の内容

アイドリングストップのデメリットを紹介します!

  • 場合によって、ガソリン節約とはならない
  • バッテリーに負担がかかる
  • ハイラックスのアイドリングストップは無効にできる

たまに聞いちゃうサンボマスター、トリぞーです。

この記事は、アイドリングストップのデメリットが気になる方にむけた内容です。

  • アイドリングストップって実際どうなの?
  • プロはどう思ってるの?
  • ハイラックスについてるけど…

こんな疑問を、ディーラー店長の情報で解決します

ディーラーでオイル交換をしているときでした。

ハイラックスにアイドリングストップついたよ

へー、燃費もよくなりますねー

アイドリングストップなんてダメだよ

…?教えて!店長!

目次

アイドリングストップのデメリットとは?

アイドリングストップのデメリット

アイドリングストップとは車がとまっているときに、自動でエンジンがストップする機能です。

信号まちなどで、ブレーキをふむとエンジンがとまりますね。

ムダなガソリンを使わないように、エンジンがとまる方がいいと思うでしょう。

しかし、アイドリングストップはメリットより、デメリットの方が大きいのです

アイドリングストップはガソリンをつかう?

アイドリングストップはガソリンをつかう?

アイドリングストップ機能がない車は、停車中にエンジンがとまらないよう、

ほんの少しだけ、ガソリンを噴射しています。

エンジンが動いているので、車が走りだすときは、

少しのガソリンを噴射するだけでいいのです

アイドリングストップはエンジンがとまっているので、ガソリンは噴射していません。

車が走りだすときは、確実にエンジンをかけるため、多めにガソリンを噴射します

長いあいだ停車するときは、アイドリングストップによりガソリンを節約できますが、

信号や渋滞では、かえってガソリンを消費してしまうかもしれません

アイドリングストップはバッテリーに悪い

アイドリングストップはバッテリーに悪い

ガソリンだけみれば、アイドリングストップのメリット・デメリットは五分五分。

しかし、もう1つデメリットがあります。

それは、バッテリーに負担がかかる

アイドリングストップはエンジンがとまるので、エアコンやカーナビはバッテリーのみで保たれます

このとき、バッテリーにかなりの負担がかかるんですね。

アイドリングストップにより、バッテリーの消耗がはやく、交換時期がみじかくなります

ディーラー店長はガソリン節約より、バッテリー消耗のほうが大きいとして、

アイドリングストップをおすすめしていません。

ハイラックスのアイドリングストップは?

ハイラックスのアイドリングストップ

ハイラックスはマイナーチェンジにより、アイドリングストップ機能がつきました。

ディーゼルエンジンの改良とあいまって、燃費がよくなった気がします。

しかし、アイドリングストップは、燃費向上に役立つとはかぎりません。

渋滞がおおい街なかでは、かえって燃費が悪くなるかもしれない

こんごトヨタは、アイドリングストップ機能がついた車を生産しない方向とのことでした。

ハイラックスの場合は、業者によってアイドリングストップ機能を無効にできるみたいなので、

マイナーチェンジしたハイラックスを購入した方は、ディーラーに確認してみてください。

まとめ

今回はアイドリングストップのデメリットと、ハイラックスでの対応を紹介しました。

  • ガソリンの節約になるとは限らない
  • バッテリーの消耗がはやくなる
  • ディーラー店長はアイドリングストップをおすすめしていない
  • ハイラックスは無効にすることができる

アイドリングストップはメリット、デメリットがありますが、

今後トヨタでの生産がないということは、デメリットのほうが大きいということですね。

家にある軽自動車のアイドリングストップはボタンでオフできますが、

1度エンジンをきると、自動的にオンになるのでめんどくさい…

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次