ハイラックスの高速料金は普通車の1.7倍?下道の楽しみ方

新型ハイラックス
記事の内容

ハイラックスの高速料金について紹介します!

  • ハイラックスは、中型車になる
  • 普通車とくらべ、高速料金は最大1.7倍
  • 休日割引は、対象外
  • 深夜割引は、適応
  • 高速道路について、考え方を変えよう
  • 自由な時間があれば、高速料金は関係なし
  • ハイラックスにはメリットもある

こんにちは、トリぞーです。

この記事は、ハイラックスの高速料金が気になる方へ向けた内容です。

  • なんで高速料金が高いの
  • 普通車とくらべ、どれくらい高い?
  • 割引はないの?
  • 高速料金をどうにかしたい!

これらの疑問・要望に応えます。

ハイラックスが欲しいけど、悩んでいる方。

理由の1つに、高速料金がありますね。

高速料金の変化は、人によって違いがあります。

すでにハイラックスに乗っている方は、

高速道路について、考え方を変えるといいかもしれません。

考え方はいろいろ!

記事の内容は、ETCの利用を条件としています。

目次

ハイラックスは中型車

新型ハイラックス

2017年、トヨタで新型ハイラックスが販売されてから、

街中でも、ハイラックスを見かけることが多くなりました。

荷台があっても、5人乗り。

キャンプブームも相まって、一般家庭のハイラックス乗りが増えましたね。

しかし、ハイラックスは普通車ではなく、

中型車となるのです

高速料金は普通車より高い

高速道路の車種区分は5つあります。

車種区分
  • 軽自動車
  • 普通車
  • 中型車
  • 大型車
  • 特大車

バイクの話は除外します

ハイラックスの高速料金は、

普通車ではなく、1つ上の中型車

なので、ハイラックスの高速料金は、

普通車よりも、高くなります

休日割引が対象外

普段、土日祝日に高速道路を利用する方。

当たり前で、頭にないかもしれませんが、

高速料金が割引になるのは、休日割引があるからです。

しかし、休日割引の対象となるのは、

軽自動車普通車のみ。

中型車となるハイラックスは、

高速料金の休日割引が、対象外となります

ハイラックスになると、30%の割引はありません。

これが大きい…

高速料金は普通車の1.7倍

束になったアメリカ1ドル札

普通車とくらべ、ハイラックスの高速料金は高くなります。

実際どのくらい高くなるのか?

福岡IC〜長崎IC(147.9km)を例にします。

平日の高速料金

普通車:3,840円

ハイラックス:4,580円

高速料金の差は、740円

平日では1.2倍となります

まぁ許容範囲かな

では、問題の土日祝日ではどうか?

同じく、福岡IC〜長崎ICで比較します。

休日の高速料金

普通車:2,690円

ハイラックス:4,580円

高速料金の差は、1,890円

ハイラックスになると、

土日祝日の高速料金が、普通車の1.7倍となります

休日割引の差がデカい…

地域によって高速料金は異なります。

距離が長くなると割高

より短い距離、福岡IC〜鳥栖IC(28.9km)では、

料金の差が430円。(休日)

福岡IC〜鹿児島IC(277.8km)では、

料金差は3,140円となります。(休日)

ハイラックスと普通車の料金差は、

距離が長くなるにつれ、大きくなります

当たり前だけどね

距離は伸びても、土日祝日はだいたい1.7倍になります。

適用される割引

右手のピースサイン

ハイラックスに、休日割引は適応されませんが、

対象となる割引があります。

対象となる割引
  • 深夜割引
  • 平日の朝夕割引

深夜割引

深夜割引は、ハイラックスをふくむ、

すべての車種が対象です。

割引の対象となる日時は、毎日0〜4時

まさに深夜

深夜割引には、対象外となる高速道路があるので注意。

  • 京葉道路
  • 第三京浜道路
  • 横浜新道
  • 横浜横須賀道路

割引は30%

休日割引と同じですね

対象の時間内に高速道路を出入りすると、

対象外の時間を走っても、割引は適応されます。

詳しくはこちら

平日朝夕割引

平日の朝夕割引も、すべての車種が対象。

対象となる日時は以下です。

  • 平日の朝6時〜9時
  • 平日の夕17時〜20時

※平日とは、月〜金曜をさします。(祝日を除く)

東京・大阪の近郊区間は、割引対象外です。

割引はETCカードごとに、

1ヶ月間(1日から末日)で、利用した回数によって還元されます。

5〜9回通行料のうち、最大100km分を約30%分還元
10回〜通行料のうち、最大100km分を約50%分還元

平日朝夕割引の詳しい情報はこちら

高速道路について、考え方を変える

サイコロを囲んで会議をする3人の人形

ハイラックスが対象となる割引があっても、

普通車とくらべると、

どうしても高速料金は高くなってしまいます。

中型車なので仕方ありません

ハイラックスの場合、高速道路については、

考え方を変えるといいでしょう

ハイラックスの詳しい維持費が気になる方は、

具体的な、年間の維持費を紹介しています。

高速道路は使わない

高速料金が高いのなら、

高速道路は使わないって方法もアリでしょう

高速道路を使うと、確かに目的地まで早く着きます。

しかし、その間にあったであろう、

素晴らしい観光スポットは通りすぎます。

存在自体、気づきません。

今まで高速道路を使ってたところを、

下道で走ってみて下さい。

道沿いには、いろんな案内が出ています。

観光ガイドに載らない、穴場スポットが必ずあるはず

高速道路を使わずに、

下道を運転するのも楽しいですよ。

下道には、ツーリングマップルを使うと便利です。

下道サイコー

自由な時間がある人へ

ハイラックスの購入に迷っている方は、

自分に自由な時間があるか?で判断するのもいいでしょう。

休みが土日祝日、平日に休みがとれない。

結婚していて、子供がいる。

月1回は遠く離れた、奥さま(自分)の実家に行かなければいけない。

ハイラックス乗りだと、高速料金が高くつきますね。

高速料金が気になるのなら、

普通車に乗った方がいいかもしれません。

平日も休みがある。

今までも平日に高速道路をつかってた。

子供もいないし、自由な時間がある。

こんな方は、高速料金の値上がりはわずか。(1.2倍)

自分の時間があるので、ゆっくり下道を使うのもいいし、

0時までに高速道路に入って、PAで仮眠。

それから旅をスタートさせても楽しいのです。

メリットに注目

確かに、ハイラックスの高速料金は高い。

しかし、すべてにおいて料金が高くなるワケではありません。

自動車税は、かなり安いです

ハイラックス(貨物車)の自動車税は、16,000円

普通車(乗用車)の4駆とくらべ、格段に安くなります。

また、ガソリン代も安くなることも。

ハイラックスは軽油なので、

同じ燃費のガソリン車とくらべると、かなり安くなりますね

もちろん、ハイラックスにはデメリットも多い。

気になる方に向けて、詳しく紹介しています。

まとめ

今回は、ハイラックスの高速料金について紹介しました。

  • 高速料金は、普通車の1.7倍(土日祝日)
  • ハイラックスは、深夜割引が適応(30%割引)
  • 自由な時間があると、高速料金は関係なし
  • 下道も、旅と思えば楽しい
  • ハイラックスには、別のメリットがある

ハイラックスは特別な車なので、

事前にメリット・デメリットをしっかり把握することが大切。

買って後悔したなって方がいると、残念な気持ちになります…。

ハイラックスに乗って、充実した日々が送れる方が、

すこしでも多くなると嬉しいです!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる