恵美須ヶ鼻造船所跡の実際は?訪問前に歴史を知るべし

恵美須ヶ鼻造船所跡
記事の内容

世界遺産、恵美須ヶ鼻造船所跡の実際を紹介します!

  • 海外の脅威により、大船建造の禁は解禁となった
  • 江戸幕府から要請があり、恵美須ヶ鼻造船所がつくられた
  • 丙辰丸と庚申丸は、製造技術が異なる
  • 古い堤防と発掘調査の現場が見れる
  • 事前の勉強はした方がいいかも
  • 専用駐車場はないけど、無料で駐車可

夏ーー!!、トリぞーです。

この記事は、世界遺産・恵美須ヶ鼻造船所跡に興味がある方に向けた内容です。

  • 恵美須ヶ鼻造船所跡ってどんなとこ?
  • 駐車場ある?
  • 歴史も知りたい!
  • 世界遺産の登録理由は?

これらの疑問、要望に応えます。

前回は山口県は萩市にある世界遺産、萩反射炉を紹介しました。

恵美須ヶ鼻造船所跡は萩反射炉の近くにあるので、

世界遺産ファンはぜひ訪れてみて下さい!

事前に勉強するのがオススメですよ

目次

大きい船は作れない

大型の軍艦

江戸幕府が誕生した6年後の慶長14年(1609)

2代目将軍・徳川秀忠(ひでただ)は、大船建造の禁を発令しました。

大船建造の禁とは、秀忠が西日本の大名に向けた法令であり、

500石積み以上の運船と商船は、没収するとゆうもの

江戸幕府は、西日本の水軍が強力になることを、脅威に感じていたのでしょう。

その後、法令は改訂されていき、

500石以上の大戦の没収や製造禁止は、全国におよびました

大船建造の禁によって全国の水軍を統制していた江戸幕府。

しかし、幕末になると日本沿岸にアメリカ、イギリス、ロシアなどの軍船が現れ、

幕府や全国の藩の脅威となります。

嘉永6年(1853)江戸幕府は、海外からの脅威から日本を守るため、

約250年つづいた大船建造の禁は、解禁となりました

恵美須ヶ鼻造船所

恵美須ヶ鼻造船所跡の防波堤

恵美須ヶ鼻造船所は、海外からの脅威に備えるため、

軍艦製造を目的として、建設されたました。

江戸幕府は各藩の軍事力の強化を目的に大船建造を解禁し、

萩(長州)藩にたいして、大船の建造を要請します。

しかし、萩藩に造船所建設のノウハウがありません。

安政3年(1856)萩藩は洋式造船技術と運転技術習得のため、

船大工棟梁の、尾崎小右衛門を伊豆戸田村に派遣します。

伊豆戸田村では江戸幕府が西洋式帆船を製造しており、洋式造船技術がありました。

尾崎は、戸田村で造船に携わっていた高橋伝蔵とともに萩に戻り、

小畑浦の恵比須ヶ鼻に造船所を建設しました

丙辰丸

丙辰丸の模型

丙辰丸(へいしんまる)は、安政4年(1857)に恵美須ヶ鼻造船所で、

最初に製造された洋式軍艦です。

丙辰丸には明治日本の産業革命遺産の1つである、

大板山たたら製鉄所の鉄が使用されたました。

丙辰丸は海軍の練習船や、大阪との輸送船として使用されました

万延元年(1860)には、丙辰丸の船上にて、

萩藩と水戸藩との間で、幕政改革に関する密約が交わされています。

軍艦としては決して有力とは言えなかった丙辰丸ですが、

第二次長州征討や、戊辰戦争で実戦参加の記録が残っています。

庚申丸

庚申丸の絵

庚申丸(こうしんまる)は、丙辰丸の次に、恵美須ヶ鼻造船所で製造された軍艦です。

藤井勝之進が造船を担当。

藤井は浦賀や長崎海軍所で造艦法を学び、

萩藩における第一級の洋式造船者といわれています。

藤井は庚申丸の設計書を持って長崎を訪れ、オランダ海軍士官に意見を聞きました

そこで、精巧な出来栄えだと評価を受け

庚申丸は万延元年(1860)に完成します。

万延元年の干支である申(サル)にちなんで、庚申丸と名付けられました。

丙辰丸と同じく第二次長州征討では、幕府方をむかえ撃つために出撃

鳥羽・伏見の戦い前には、長州藩兵を輸送する活動も行なっていました

庚申丸は丙辰丸の2倍近い長さがあり、

下関戦争でアメリカ海軍とも交戦。

しかし翌月に報復され、撃沈・大破となります。

世界遺産、恵美須ヶ鼻造船所跡

恵美須ヶ鼻造船所跡の案内板

恵美須ヶ鼻造船所跡は、明治日本の産業革命遺産の1つに選ばれています。

所在地は萩市椿東5159-14

世界遺産といっても、休日なのに観光客の姿はなし。

釣り客の方がたくさんいました。

奥さま

釣りしてー

事前に調べていなかったので、どこが世界遺産なのか分からない。

とりあえず、目の前の防波堤を行ったりきたり。

古そうな防波堤は当時のモノかなと妄想。

世界遺産を踏んでいるという、ナゾの高揚感があふれます。

事前学習は大切!

案内には、恵比須ヶ鼻造船所跡の見どころがざっくり。

恵比須ヶ鼻造船所跡の見どころ
  • 防波堤
  • スクーネル打建木屋(ドック)
  • 網製作木屋
  • 大工居屋
  • カジ場(鍛冶場)
恵美須ヶ鼻造船所跡のドック跡

写真は船を建造するドック跡と思われます。

恵美須ヶ鼻造船所跡の大工居屋

これは大工居屋かな?

その後も発掘現場らしき場所を行ったりきたり。

やはり事前の下調べがないと、楽しみ方が分かりませんね…。

また行く楽しみがありますね

駐車場

恵美須ヶ鼻造船所跡の駐車場の案内

萩市の世界遺産をまわるなら車がベスト。

恵比須ヶ鼻造船所跡は、専用駐車場はありません

車を停めるときは、防波堤近くの漁港にとめます。

スペースは狭いですが、人がいないので駐車に問題はないでしょう

世界遺産の登録理由

萩の世界遺産の案内

日本が開国した理由に、嘉永6年(1853)のペリー来航事件があります。

しかし、ペリー来航より45年も前、

文化5年(1808)にフェートン号事件が起きました。

イギリスのフェートン号がオランダ船をよそおい、長崎に侵入したのです。

長崎の警備にあたっていた佐賀藩は、

フェートン号事件がきっかけで、海外に脅威を覚えます。

そして、日本でもっとも早く西洋型の海洋技術をとり入れました

佐賀県にある、三重津海軍所跡も明治日本の産業革命遺産に登録されています。

三重津海軍所は、安政5年(1858)に建設。

一方、恵美須ヶ鼻造船所は安政3年(1856)に建設されています。

三重津海軍所より2年も早い。

しかし、幕末日本の造船技術の文献には、萩藩の名前は確認できませんでした。

薩摩藩や佐賀藩、福岡藩まで出てくるのに…

造船技術や日本への貢献度からすると、萩藩より佐賀藩が有名でしょう。

恵美須ヶ鼻造船所が、明治日本の産業革命遺産に選ばれた理由は、

結果ではなく、行動を起こしたからだと思います

勝手に思っているだけですけどね

恵美須ヶ鼻造船所は、平成21年(2009)から発掘調査や文献調査が行われています。

これらの調査から、丙辰丸はロシアの造船技術、

庚申丸は、オランダの造船技術によって製造されたことが分かりました

このように、異なる洋式造船技術が共存する造船所は、

他に類がないことからも、とても貴重な遺跡といえます。

こっちがしっかりした登録理由かもしれません。

まとめ

今回は世界遺産である明治日本の産業革命遺産の1つ、恵美須ヶ鼻造船所跡を訪れました。

  • 海外の脅威により、大船建造の禁は解禁となった
  • 江戸幕府から要請があり、恵美須ヶ鼻造船所がつくられた
  • 丙辰丸と庚申丸は、製造技術がことなる
  • 専用駐車場はないけど、駐車可

実際現地を訪れると、古そうな堤防と発掘調査の広場があるくらい。

少しだけ物足りなさを感じる場所ではありました。

しかし、佐賀藩に勝とも劣らない造船技術を身につけ、

歴史に名が残る軍艦を建造した恵美須ヶ鼻造船所は、一部を現在まで残しています。

まさに、明治日本の産業革命遺産に選ばれる遺跡と感じました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次