世界遺産|恵美須ヶ鼻造船所跡の実際と駐車場を紹介

記事の内容

世界遺産、恵美須ヶ鼻造船所跡を訪問したので紹介します。

・あの佐賀藩の造船所よりも先に建設された?

・訪問前にはしっかりと歴史の下調べを!

夏ーー!!、トリぞーです。

 

前回は山口県は萩市にある世界遺産、萩反射炉に行ってきました。

今回は同じ萩市にある世界遺産、恵美須ヶ鼻造船所跡に行ってきたので歴史の勉強を兼ねて紹介したいと思います!

目次

大きい船は作れない

大型の軍艦

 

江戸幕府が誕生した6年後、慶長14年(1609)2代目将軍・徳川秀忠(ひでただ)は大船建造の禁を発令しました。

大船建造の禁とは秀忠が西日本の大名に向けた法令であり、500石積み以上の運船と商船を没収するとゆうもの。

江戸幕府は、西日本の水軍が強力になることを脅威に感じていたのでしょう。

 

その後法令は改訂されていき、500石以上の大船の没収や製造禁止は全国に及びました

大船建造の禁によって全国の水軍を統制していた江戸幕府ですが、幕末になると日本沿岸にアメリカ、イギリス、ロシアなどの軍船が現れ、幕府や全国の藩の脅威となります。

嘉永6年(1853)江戸幕府は海外の脅威から日本を守るため、約250年続いた大船建造の禁は解禁されました

 

 

恵美須ヶ鼻造船所

恵美須ヶ鼻造船所跡の防波堤

 

恵美須ヶ鼻造船所は海外からの脅威に備えるため、軍艦製造を目的として建設された造船所です。

江戸幕府は各藩の軍事力の強化を目的に大船建造を解禁し、萩(長州)藩に対して大船の建造を要請しました。

しかし、萩藩に造船所建設のノウハウがない。

そこで萩藩は、安政3年(1856)洋式造船技術と運転技術習得のため、船大工棟梁の尾崎小右衛門を伊豆戸田村に派遣します

伊豆戸田村では江戸幕府が西洋式帆船を製造しており、洋式造船技術がありました。

 

尾崎は戸田村で造船に携わっていた高橋伝蔵らとともに萩に戻り、小畑浦の恵美須ヶ鼻に造船所を建設しました

現在も当時の規模の大きな防波堤が残っています。

 

 

丙辰丸

丙辰丸の模型

 

丙辰丸(へいしんまる)は安政4年(1857)に恵美須ヶ鼻造船所で最初に製造された洋式軍艦です。

丙辰丸建造には明治日本の産業革命遺産の1つである、大板山たたら製鉄所の鉄が使用されたことが確認されています。

 

丙辰丸は海軍の練習船や大阪との間の輸送船として使用されました。

万延元年(1860)丙辰丸の船上にて萩(長州)藩と水戸藩との間で、急進的な幕政改革に関する密約が交わされています。

軍艦としては決して有力とは言えなかった丙辰丸ですが、第二次長州征討や戊辰戦争で実戦参加の記録が残っています。

 

 

庚申丸

庚申丸の絵

 

庚申丸(こうしんまる)は丙辰丸の次に恵美須ヶ鼻造船所で建造された軍艦です。

造船を担当したのは藤井勝之進。

藤井は浦賀や長崎海軍所などで造艦法を学び、萩藩における第一級の洋式造船者と言われています。

庚申丸の設計書を持って長崎を訪れ、オランダ海軍士官に意見を聞き精巧な出来栄えと評価を受け、万延元年(1860)に完成。

万延元年の干支である申(サル)にちなんで庚申丸と名付けられました。

丙辰丸は練習船として使用されましたが、庚申丸は丙辰丸の2倍近い長さをほこり、下関戦争でアメリカ海軍と交戦

しかし、翌月に報復され撃沈・大破となります。

また、丙辰丸と同じく第二次長州征討では幕府方を迎え撃つために出撃したり、鳥羽・伏見の戦い前に長州藩兵を輸送する活動も行なっていました。

 

 

恵美須ヶ鼻造船所跡

恵美須ヶ鼻造船所跡の案内板

 

恵美須ヶ鼻造船所跡は明治日本の産業革命遺産の1つに選ばれている造船所跡です。

所在地は萩市椿東5159-14。

萩反射炉からも近く車で行く方が多いと思いますが、駐車場は世界遺産である防波堤近くの漁港に停める感じになります

 

車を駐車して案内を確認しますが、事前に調べていなかったので、どれが世界遺産なのかが分からない。

とりあえず目の前の防波堤を行ったり来たり。

世界遺産である防波堤を踏んでいる謎の高揚感。笑

 

写真は船を建造するドック跡と思われます。

恵美須ヶ鼻造船所跡のドック跡

 

これは大工居屋跡かな?

恵美須ヶ鼻造船所跡の大工居屋

 

その後も発掘現場らしき場所も行ったり来たりしますが、やはり事前の下調べがないと楽しみ方が分かりませんね…。

 

 

登録理由

萩の世界遺産の案内

 

鎖国をしていた日本が開国した理由に、嘉永6年(1853)のペリー来航事件があります。

しかし、ペリー来航より45年も前、文化5年(1808)にフェートン号事件が起きました。

 

イギリスのフェートン号がオランダ船を装い、長崎に侵入したのです。

長崎の警備に当たっていた佐賀藩は、フェートン事件をきっかけに海外に脅威を覚えます。

そして、日本で最も早く西洋型の海洋技術を採り入れ、身に付けました

 

佐賀県にある三重津海軍所跡も明治日本の産業革命遺産に登録されています。

 

三重津海軍所は安政5年(1858)に建設。

一方、恵美須ヶ鼻造船所は安政3年(1856)に建設されています。

三重津海軍所より2年も早い。

それなのに、幕末日本の造船技術の文献には薩摩藩や佐賀藩、同じく長崎の警備を任せられていた福岡藩は記載されていますが、萩藩の名前は確認できませんでした。

造船技術からすると断然佐賀藩だとは思われますが、佐賀藩と肩を並べて造船技術を研究・製造してきた舞台である恵美須ヶ鼻造船所もまた明治日本の産業革命に相当する遺産だと思われます

 

また、平成21年(2009)から発掘調査や文献調査が行われています。

これらの調査から丙辰丸はロシアの造船技術、庚申丸はオランダの造船技術によって建造されたことが分かっています。

このように異なる洋式造船技術が共存する造船所は他に類がないことからも大変貴重な遺跡と言えます

 

 

おわりに

今回は世界遺産である明治日本の産業革命遺産の1つ、恵美須ヶ鼻造船所跡を訪れました。

まとめ

・恵美須ヶ鼻造船所跡は下調べがないと難しい。

・駐車場は漁協、人は多くない。

実際現地を訪れると、古そうな堤防と発掘調査の広場があるくらいで、少し物足りなさを感じる場所ではありました。

しかし、当時は佐賀藩に勝とも劣らない造船技術を身につけ、戊辰戦争などにも貢献した歴史に名が残る軍艦を建造した恵美須ヶ鼻造船所はその一部を現在まで残しており、まさに明治日本の産業革命遺産に選ばれる遺跡と感じています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味が中途半端な30代のおっさん。
このブログでは大人の趣味を極める為に活動を紹介しています。

趣味:アウトドア、歴史、世界遺産、旅行。
だいたい1人で楽しんでます。

コメント

コメントする

目次
閉じる