太宰府市でナゾの宿泊施設跡を発掘|施設の役割とは?

紫外線が気になり始める、トリぞーです。

この記事は、太宰府の歴史に興味がある方に向けた内容です。

  • 大宰府ってなに?
  • 新しい発見って?
  • なんで近くに2つも迎賓館があるの?

これらの疑問に応えます。

平成から新しい元号、令和にかわりました。

もう違和感もなく、太宰府市の観光客も落ちついていると思います。

そんな令和の舞台である太宰府に、ナゾの宿泊施設跡が発掘さたので紹介します!

新しい発見ってワクワク

目次

太宰府にある大宰府

太宰府大宰府には、違いがあります。

太宰府は地名であり、大宰府は役所なのです

古代日本において、中国大陸や朝鮮半島との、

外交窓口になっていた建物が大宰府でした。

天智天皇2年(663)大和朝廷は百済(くだら)復興のために、朝鮮半島へ軍をむかわせます。

しかし、唐・新羅(しらぎ)連合軍に大敗。

これが、白村江の戦いです。

敗戦後、朝廷は唐・新羅連合軍の来襲を恐れ

九州の防御をかためるため、政治・軍事・対外防衛の拠点をつくりました。

場所は、大宰府政庁跡。

これが、太宰府につくられた大宰府なのです

8世紀には50人の職員を有する地方最大の官庁となり、

奈良・平安時代をつうじて、対外交渉の拠点として発展しました。

しかし、鎌倉時代中期の蒙古襲来後、

鎌倉幕府の外交窓口は博多におかれるようになり、大宰府は役目を終えました。

謎の宿泊施設

平成23年(2011)大宰府政庁跡から南へ約1km、

朱雀大路の東側にひろがる西鉄操車場跡地から、巨大な建物跡が発掘されました

8世紀前半~9世紀前半のものと思われる、

約30m×9m、約24m×9mの大型建物2棟の遺構です。

遺構からは、新羅製の金属食器である佐波理(さはり)、奈良三彩や漆器などが発掘されました。

正倉院に納められている宝物にあるような、高級食器や大宰府長官の腹帯である白玉帯など、

通常の役所跡や住居跡では見つからない、希少品が出土したのです

出土品から、遺構は外国使節を迎えた客館だったと考えられています。

鴻臚館

福岡にはすでに、鴻臚館(こうろうかん)という迎賓館がありました。

鴻臚館とは外国使節を滞在させ、もてなす施設。

博多湾沿いにあったとされています。

鴻臚館は平安京(京都)、難波(大阪)にもおかれ、

7世紀後半~11世紀までの約400年間、文化交流の窓口として重要な役割をはたしました。

鴻臚館は日本に3つ。

発掘された建物が客館であれば、

かなり近い場所に2つの客館があったことになります

新たな迎賓館

博多湾にある鴻臚館、太宰府にある客館。

なぜ近い距離に、2つの宿泊施設があったのか?

理由として、朝廷がなんらかの形で、

2つの客館をつかい分けていたと考えられています

大宰府には、3つの役割がありました。

  • 蕃客(ばんきゃく)
  • 帰化
  • 饗讌(きょうえん)

蕃客外国使節を管理する役割。

帰化:帰化志願者を管理する役割。

饗讌外国使節をもてなす役割。

3つうち饗讌は、朝廷と大宰府だけが持つ役割であり、

外国使節を入京させない場合は、朝廷から派遣された使者が大宰府で対応しました。

大宰府での対応がそのまま日本のイメージにつながるため、

饗讌は、とても重要な役割だったと考えられています

外交や饗讌は大宰府政庁でおこなわれるため、

政庁近くに、外国使節のための宿泊施設が必要となります。

つまり、少数の位の高い者たちは発見された客館でもてなされ、

それ以外の者たちは、鴻臚館でもてなされたと考えられています

発見された客館の推定建築年代は、8世紀前半ごろ。

出土した食器類の年代が8世紀~9世紀前半とされていることから、

客館が機能していたのは、わずか100年ほどだったと見られています。

しかし、なぜ使われなくなったかなど、全貌は明らかになっていません。

平成26年に特別史跡大宰府跡へ追加となりました

まとめ

今回は太宰府で発見された、謎の宿泊施設について紹介しました。

  • 大宰府とは、太宰府にたてられた役所
  • 発見された遺構は客館
  • 福岡には2つの客館があった
  • 発見された客館は、位の高い人物の宿泊施設

まだ詳しいことがわかっていないのが現実です。

引きつづき資料をあつめて、紹介したいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次