【火がつかない】コールマン2500ノーススターの分解とツマリ除去法!

キャンプ
記事の内容

コールマン Coleman 2500ノーススターLPガスランタンの修理を紹介します!

・確認項目で故障の原因を調べる。

・分解はカンタン!でも丁寧に!

ツマリは息をおもいっきり吹け

テレビ番組の「開かずの金庫」は信用ならない、トリぞーです。

 

キャンプに欠かせない道具、ランタン

キャンプは火が命とよく言いますが、キャンプは明かりが命です。

初ソロキャンプで思い知らされました…

 

ランタンが故障するとキャンプができません。

火がつかなくなった…

修理ってどうするの?専門店での費用は?

 

私と同じくランタンの故障で困っている方

ランタンの構造に詳しくなくても直せました!

 

故障原因を確認

 

修理をする前に、まず故障の原因を調べます

取扱説明書に故障があった場合の確認事項が紹介されています

 

今回の故障は点火しないだったのでその項目を確認。

故障原因

・残りガスが少ない

・バーナー炎口部目づまり汚れ

・ノズル部目づまり

・点火電極間距離不適切

・点火電極の酸化

・点火操作不適切

 

 

残りガスが少ない

 

ガスがないと点火しませんよ!!

さすがにわたしでも分かるので飛ばします。

 

点火電極間距離不適切

 

点火電極とは真ん中の筒のすぐ隣にある細い針金みたいなヤツ

この針金の先端と真ん中の筒との距離が重要で、説明書には3〜4mmとあります

落とした記憶とかもないし、見た感じ大丈夫そうなんでこれもOK。

 

点火電極の酸化

 

酸化

いやいや、まだ2回しか使ってないし。

使用後の保管も専用ケースに入れていたのでこれで酸化しましたじゃやってられません。

次にいきます。

 

点火操作不適切

 

コールマンのホームページで何回も確認したので問題ありません

ちなみにこのようなランタンにはマントルという白いネットをつけますが、こちらも今回は問題ありません。

 

バーナー炎口部の目詰まり汚れ・ノズル目詰まり

 

何回も言いますが2回しか使っていないので、これもどーかと思います。

しかし、あとはこの2つしか残っていない

恐らく詰まりが原因だと思います。

詰まりをとるには分解するしかありません

 

 

コールマン専門店に相談

 

原因は目詰まりだと予測は立てられましたが、分解するにしても知識技術もありません。

今よりさらに壊してしまうリスクもあります。

なので、コールマン専門店に相談することにしました

 

店員「あー1度こちらで引き取って修理に出しますよ。」

店員「費用はだいたい5000円です」

 

5000円!?

 

「はぁい…」と力のない返事をしてしまい、その日は一旦帰宅。

ランタンはネットで9000円弱で購入した覚えがあるので5000円は尻込みします

なので自分で修理することにしました

これでさらに壊れても型だけ元に戻せば、同じ5000円だろーってことで。

Sponsored Links

 

 

分解に必要な道具

 

ネットで分解方法をさがしたのですがみつからず。

分解しないと始まらないので自己流でいきます

ランタンには真ん中下にボルトが1つと、その横にネジが1つ

 

準備した道具はスパナドライバー

スパナの正しい大きさは分かりませんが10です。笑

ドライバーは普通のだと使えないので、狭い隙間にも入るモノを

2つで1000円くらい。

 

 

分解工程

 

真ん中のボルト、隣のネジを緩めると上の部品がとれます。

こんな感じ。

 

点火電極の部分を外すのに時間がかかりましたが、ネジは緩める程度でOK

無理に外そうとすると、点火電極間距離が変わってしまう可能性があります

 

次に光量を調節するダイヤルの中心にあるネジをとります。

 

こんな感じに分解できます。

 

分解はここまで。

というか、ここまでしか出来なかった…。

 

 

ツマリをとる

分解したのはいいのですが、どこがつまっているか分かりません

とりあえず筒を覗く。

 

暗くてよく分からん

 

針金でもぶっ刺せばいいかとネットで調べてみるも、

「原則針は刺さない!」とか「業者に頼みましょう!」

などなど。

テンションが下がりながら、もう1ヶ所詰まっていそうな部品を確認してみます。

 

 

真ん中の大きな穴はボルトの穴

左の2の穴はボンベに繋がってない

 

え?

この小さな金色のボルトらしきものしかボンベと繋がってないの!?

その穴が小さい小さい…

針すら通らない様子。

 

分解できる範囲でツマリを起こしていると思われる部品は、

真ん中の筒か、ボンベと直接繋がっている金色のボルトらしき部品しかありません

 

まずは金色のボルトから調べてみます。

 

ボンベをつけた状態でダイヤルを回してみるとガスが出ました

金色のボルトの上に指をかざすと、穴から勢いよくガスが出ています

この部分はつまってなさそう

 

次に真ん中の筒を調べようとしたのですが、針金は刺したらダメ

そもそも針金が手元にない…

そこで思いつきました。

 

「息でもふいてみるか」

筒の穴のところに口を当て、おもいっきり息を吹いてみることに

 

なんということでしょう。

詰まりが取れた感覚が

筒の先にある穴から息が抜けてきます

 

 

組み立てて試してみると見事点火することが出来ました!!

 

 

まとめ

今回コールマン Coleman 2500ノーススターLPガスランタンを自分で修理してみました。

まとめ

・火がつかない(故障)原因を調べる。

・分解は慎重に。

・ツマリは息をおもいっきり吹く!

 

自分で修理をする場合は、故障原因を予測した方がいいかなと思います

できれば分解したくありませんので。

 

修理なんですが、多分メーカー側は自己での修理は推奨していません

わたしも修理が終わり点火する際、もし爆発したら…と考えました

 

自分で修理をする際は確実に元の状態に戻し、ボルトやゴムリングの緩みや損傷がないことを確認して、自己責任でお願いします。

 

その後、無事ランタンはキャンプで大活躍しています。

 

Sponsored Links

コメント