展示品は撮影OK?有馬キリシタン遺産記念館を訪問

記事の内容

南島原市にある有馬キリシタン遺産記念館を紹介します。

・撮影OK?キリシタンに関連した出土品の展示。

・休日なのに人がいない!穴場スポット!

・世界遺産を学べる!

車をぶつけられる、トリぞーです。

 

世界遺産である原城を散策した後、地図を眺めていると有馬キリシタン遺産記念館というスポットを発見しました。

 

初めて知る博物館、しかし行くしかありません。

名前に有馬とキリシタンがついている博物館ですからね!

目次

有馬キリシタン遺産記念館

 

原城跡を散策後、真砂で原城跡のパンフレットを眺めていると有馬キリシタン遺産記念館紹介がありました。

地図で確認すると、そんなに遠くない。

これは行くしかありません。

 

有馬キリシタン遺産記念館とは原城跡を中心とした、南島原におけるキリシタン史を展示したガイダンス施設です

キリスト教の伝来から繁栄の時代を示す日野江城跡をはじめ、キリシタン弾圧や島原・天草一揆の歴史を分かりやすく解説しています。

キリシタンに関連する様々な資料や出土品が展示してあるのですが、なんと写真撮影OK。(一部を除く)

スタッフの方もSNSで広めてね~って言っていました!

こんな施設あんまりないですよね。

 

 

施設詳細

 

入館料:大人300円、高校生200円、小・中学生150円

(身体障害者手帳等の所持者・団体割引あり)

 

開館時間:9時〜18時

休館日:毎週木曜日、12月29日〜1月3日

 

住所:〒854-2412 長崎県南島原市南有馬町1395番地

駐車場:100台(隣接駐車場含む)

問い合わせ:TEL  0957-85-3217

 

 

館内

 

入場券を券売機で購入。

この日は土曜日でしたが、他にお客さんはいません。

だからか、スタッフから一通り館内の説明を受けることができました。

有馬キリシタン遺産記念館は映像視聴室展示室1展示室2と別れています。

 

 

映像視聴室

 

まず、スタッフから映像視聴室に案内されました。

映像内容はもちろんキリシタンの歴史。

 

キリシタン史の知識がない方でも、映像を見るとざっくり日本におけるキリシタンの歴史を知ることができます。

時間は10分前後。

私もまだまだ知識がないので、しっかりと映像で学びます。

 

 

展示室1

 

展示室1には16~17世紀の日野江城を中心としたキリスト教の繁栄を紹介しています

巡察師ヴァリニャーノの功績、戦国時代にヨーロッパの教育システムが導入されたセミナリヨの教育、天正遣欧少年使節が果たした役割、日野江城や階段遺構などを詳しく解説、展示してあります。

代表的な展示物として、金箔瓦、有馬晴信木像、活版印刷機(縮小模型)があります。

 

 

 

 

はじめにも紹介しましたが、有馬キリシタン遺産記念館の展示物は一部を除いて撮影することができます。

スタッフに確認すると、いろんなところで発信して下さいとのことでした。

 

 

展示室2

 

寛永14年(1637)飢饉や重税に耐えかねた有馬や天草の領民たちによって、島原・天草一揆が勃発しました。

展示室2では島原・天草一揆にいたるまでの経過を、日本国内外に残る史料や発掘調査の出土品などを中心に展示してあります

また、島原・天草一揆以降、250年間もの潜伏を経て、終わりを迎えた隠れキリシタンの歴史も一括して紹介しています。

 

主な展示品としては、原城の人骨出土状況レプリカ、隠れキリシタン拷問風景の模型、火縄銃の銃弾など。

 

 

 

 

 

中浦ジュリアンの穴吊り

 

この写真が1番印象的でした。

映画、沈黙でもこのような拷問があり衝撃を受けたことを覚えています。

この拷問は首を少しだけ切り、宙吊りにすることで徐々に出血して苦痛を与えるが、なかなか死ぬこともできないというもの。

 

 

まとめ

今回は島原半島1周1人旅の立ち寄りスポット、有馬キリシタン遺産記念館を訪れました。

まとめ

・有馬キリシタン遺産記念館は人も少なく穴場

・世界遺産を勉強することができる。

・資料や出土品は写真撮影OK

有馬キリシタン遺産記念館の存在は知らなかったので、たまたま発見できて良かった。

土曜日でしたが、他のお客さんは後に来た1組のみ。

展示物も一部を除いて写真撮影が可能なので、帰宅後の勉強にも役立ちます。

あまりメジャーではない日野江城の歴史も知ることができて、大満足な立ち寄りスポットとなりました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

趣味が中途半端な30代のおっさん。
このブログでは大人の趣味を極める為に活動を紹介しています。

趣味:アウトドア、歴史、世界遺産、旅行。
だいたい1人で楽しんでます。

コメント

コメントする

目次
閉じる