【8日目】道の駅三方五湖→福井パレスイン|妄想日本一周

妄想日本一周8日目

こんにちは、トリぞーです。

この記事は、日本一周に興味がある方に向けた内容です

日本一周にかかる日数、費用を妄想しながら調べています。

2021年8月26日、木曜日。

天気は、くもり。夜からは雨です。

8日目は福井県若狭町にある、

道の駅三方五湖からのスタートです。

妄想だけどね

目次

道の駅三方五湖

前日は道の駅で一泊したので、

今日は早めにスタートです。

朝食はひとり300円

【AM7:00】

門ヶ崎

【AM7:34】〜26.8km、若狭梅街道

門ヶ崎は静かな港町ですが、

海岸に廃炉が決まった高速増殖炉「もんじゅ」を見ることができます。

奥さま

何あれー?

見てみたい

【AM7:50】

金ヶ崎城跡

【AM8:23】〜21.6km、県道141号・国道33号

今日は渋い立ちよりスポット連発。

まずは金ヶ崎城です。

金ヶ崎城は、織田信長が越前朝倉を攻めた際、

豊臣秀吉がシンガリをつとめ、信長を救った地として有名。

【AM9:30】

入場料

入場料は無料

なら行くでー!

歴史興味ないもんねー笑

駐車場

駐車場は金ヶ崎城址駐車場があります。

30台駐車でき、車中泊にも向いてそうな駐車場。

金崎宮

【AM9:34】〜1.6km、金ヶ崎臨港トンネル

近くに金崎宮という神社もあったので、

ついでに寄ってみます。

御朱印はありそう。

【AM10:35】

駐車場

金崎宮には金ヶ崎公園の駐車場に停めます。

無料で、30台の駐車が可能。

氣比神宮

【AM10:40】〜1.2km、国道476号

金崎宮より、さらに近く氣比神社もあります。

氣比神宮も歴史に深い関係がありそう。

境内にはパワースポットの長命水があります。

氣比神宮は大宝2年(702)までは伊奢沙別命(いざさわけのみこと)1柱を祀る神社でした。

それから、文武天皇の命令により7柱とされました。

ご本尊7柱
  • 伊奢沙別命
  • 仲哀天皇
  • 神功皇后
  • 日本武尊
  • 応神天皇
  • 玉妃命
  • 武内宿禰命

【AM11:40】

駐車場

気比神社の駐車場のマップ
公式HPより

氣比神宮神社には2つの専用駐車場があります。

駐車場
  • 表参道駐車場
  • 東駐車場

うお吟

【AM11:42】〜1.0km、国道36号

ランチは氣比神宮の近くにある、うお吟にします。

ツーリングマップルで見つけた食事処。

行ってみるとメチャクチャ敷居が高そう…

2ランク上の店やでー!

飯屋は見た目だけでランク付けしてます

メニュー
  • 恵びす大黒丼<竹>:2,948円
  • 恵びす丼:1,793円

【PM0:45】

駐車場

うお吟には、徒歩3分圏内に無料駐車場が2ヶ所あります。

水産卸売市場は駐車禁止、まわりに一方通行が多いので注意してください。

一乗谷朝倉氏遺跡

【PM2:25】〜63.2km、国道8号

続いての立ちよりスポットは、一乗谷朝倉氏遺跡。

ブラタモリで放送されてから、行ってみたいところでした。

一乗谷は5代103年にもわたり、越前国の中心として繁栄。

京都や奈良の貴族も訪れ、北陸の小京都とも呼ばれていました。

しかし、元亀4年(1573)織田信長に敗れ、朝倉氏は滅び城下町は焼き尽くされてしまいます。

入場料
  • 個人:330円
  • 団体(20人)以上割引あり

【PM3:30】

駐車場

遺跡内の各所に無料の駐車場があります。

復原町並南入口には、貸出用の車イスがあります。

福井パレスイン

【PM4:03】〜16.5km、国道158号

今日は夜から雨の予報なので、ビジネスホテルに一泊。

明日は念願の福井県立恐竜博物館に行く予定なので、

福井市内に宿をとりました。

各料金
  • 宿泊費:大人ひとり4,910円(朝食つき)
  • 駐車場代:880円
  • 夕食代:2,000円
  • ビール・酒代:500円
奥さま

ビジホさいこー!

ゆっくりシャワーを浴びて飲みます!

まとめ

8日目は福井県若狭町〜福井県福井市まで。

立ちよりスポット
  • 門ヶ崎
  • 金ヶ崎城跡
  • 金崎宮
  • 氣比神社
  • うお吟
  • 一乗谷朝倉氏遺跡
  • 福井パレスイン
  • 走行距離:131.9km
  • 宿泊費:9,820円
  • レジャー費:660円
  • 駐車場代:880円
  • 食費:7,341円
  • 御朱印:600円
  • 温泉:0円
  • ビール・酒:500円
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次