【世界遺産検定】知床は季節海氷域ならではの食物連鎖が特徴!4級合格に向けて勉強開始!

世界遺産

ワインは部長島耕作で学びました、トリぞーです。

 

世界遺産検定4級合格を目標に世界遺産の勉強を開始しました。

検定範囲は日本にある世界遺産と世界の主要な世界遺産となっています

今回は記念すべき最初の日本の世界遺産として知床を勉強したいと思います。

 

知床半島

 

知床半島とは北海道の東北端から北北東に突き出た半島です。

地名はアイヌ語のシリエトク(地の先)」が由来。

 

知床は北緯43度50分〜44度20分、東経144度45分〜145度20分に位置しています。

北緯とは世界地図の中で赤道を基準にして、赤道より北側の場所。

知床と大体同じ北緯にモンゴル南部やイタリアのフェレンツェ、アメリカのボストンなどがあります

 

知床と言ったらとにかく自然が素晴らしいというイメージ。

もちろん世界遺産の中でも、2005年に世界自然遺産に登録されています。

登録された理由は唯一無二の豊かな自然に育まれた「生物の多様性」「生態系」が評価されたからです。

海と陸が一体となった生物多様性と生態系の価値が認められています

 

こうした自然環境は市民によって守られています。

これを「しれとこ100平方メートル運動」と言います。

 

この運動は1977年に始まった市民の寄付などで土地を買い取り、保護する運動です

土地や文化遺産を買い取って保護・管理するイギリスのナショナル・トラストを手本としています。

現在は「100平方メートル運動の森・トラスト」に発展しています。

このような保護管理の体制が科学的調査に基づいて行われていることも、世界遺産登録に大きな要因となりました

 

 

季節海氷域

 

イタリアのフィレンツェは冬でも気温が滅多に氷点下になることがありませんが、知床半島沿岸では1月下旬になるとオホーツク海から流氷が接岸します

この海域は地球上で最も低い緯度で海水が凍る季節海氷域(きせつかいひょういき)となっています。

季節海氷域とは特定の季節だけ海水が凍る地域を言います

 

なぜ海水が凍るかと言うと、ロシアと中国の国境を流れるアムール川にあります。

アムール川からの淡水がオホーツク海に注ぎ込むため、オホーツク海では海面を覆う海水の塩分濃度が薄くなります。

これにより冬になると海水が凍るのです。

 

余談ですが、淡水は海水より比重が軽く、水面に浮かびます。

水は0度で凍りますが海水は-1.8度で凍り始めると言われています。

また、厳密には海水凍らず、凍るのは真水の部分。

 

こうして出来た氷(流氷)が1月下旬ごろ知床半島に着岸します。

知床の冬の厳しさの象徴である流氷が海と陸の生態系をつなげる重要な役割を果たす豊さの源になります

 

 

陸の知床

Sponsored Links

 

知床は細長い半島の中心に標高1,500m級の知床連山が連なっており、平らな土地が少ない地形をしています。

知床連山は北から知床岳1,254m、硫黄山(いおう)1,562m、羅臼岳(らうす)1,660m、遠音別岳(おんねべつ)1,330mとなっています。

 

この知床連山を挟んで北西側をウトロ、南東側を羅臼と言います。

ウトロでは夏に高温となり降雨量が少ない一方、羅臼では夏の降雨量が多く海霧により気温が低くなります。

 

 

食物連鎖の生態系

 

知床は食物連鎖を通じて、海から山まで一体となった生態系が特徴となっています

知床は海氷に覆われることで植物性プランクトンが豊富に繁殖します。

これにより、植物性プランクトンを餌にするオキアミが豊富に。

そしてオキアミを餌にする小魚、小魚から大型の魚。

大型の魚は哺乳類の餌となるのです。

 

そんな生態系がある知床にはヒグマエゾシカトド、やアザラシなどの大型哺乳類を初め、シマフクロウやオオワシ、シレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しています

海生哺乳類や渡り鳥にとっても重要な地域であり国際的にも希少なオジロワシケイマフリなどの海鳥も繁殖。

海から高山まで狭い範囲に多様な環境が密集しているからこそ生物の多様性が生まれる、まさに動植物の楽園となっています。

 

知床五湖

 

知床五湖は第一湖から第五湖まで見られる全周3kmのコースとなっています。

原生林に囲まれた大小5つの湖を散策できる地上遊歩道があり、数多くの植物や動物を見ることができます。

地上遊歩道はシーズンを通して無料で安全に散策できる全長800mの木道。

電気柵で守られているため、ヒグマの出没に影響されることなく利用できます。

木道に設けられた展望台からは第一湖と知床連山のパノラマビューが広がります。

 

11月上旬〜4月下旬までは冬期閉園。

時期により利用条件が異なり、5月10日〜7月31日のヒグマ活動期はガイドツアー(有料)でのみ散策が可能となります。

しかし、それ以外の時期もヒグマの目撃情報があると閉鎖になることもあるので訪れる際は注意が必要です。

 

英語で説明

 

世界遺産検定では英語で説明する問題もあります。

 

The nature and ecosystems in Shiretoko are varied.

There are food chains originating in the sea, moving through to rivers and then land.

 

知床の自然や生態系は様々です。

海から始まり、川を登り陸に上がる食物連鎖があります。

 

 

まとめ

今回は日本の世界遺産である知床を勉強しました。

 

・知床は2005年に世界自然遺産に登録。

・海域は地球上で最も低い緯度で海水が凍る季節海氷域

食物連鎖を通じて海から山まで一体どなった生態系が特徴。

 

この3つはの情報は最低限覚える必要がありそうです。

世界遺産検定4級合格の道は続きます!

 

 

 

Sponsored Links

コメント