【大根地山】2つのルートを紹介!登りは神社経由、下りは過酷な林道ルート!駐車場や登頂時間も紹介!

家庭菜園を見るだけでビールが飲める、トリぞーです。

 

最近は有名所の山ではなく、マイナーな低山にハマっています

今回は福岡県筑紫野市にあります、大根地山へ登ってきたので紹介します。

 

この記事では

大根地山基本情報

登山口

登山ルート

下山ルート

を紹介します。

 

大根地山

 

大根地山とは福岡県筑紫野市の北東部にある標高652mの山です

山頂付近には大根地神社や稲荷大明神が祀られています。

 

この山は登山をかじる程度の私でも知っていて、玄人の方からも話を聞いたことがある山。

ダークホース的なニオイがします。

実際に大根地神社以外のお宮があり、信仰の山という雰囲気があります

 

太宰府からも近く、少年自然の家の近くということもあり、ファミリーでも気軽に登れる山となっています。

 

竜岩自然の家

 

竜岩自然の家は、宝満山や大根地山などの山々に囲まれ、敷地内を宝満川が流れる自然の中にあります。

所在地は福岡県筑紫野市柚須原373-1

ほぼほぼ一本道なので、迷うことはないと思います。

 

竜岩自然の家では、ファミリーキャンプやバーベキュー体験したり、宝満川で川遊びをしたり、運動広場で汗を流したり、さまざまな自然体験活動を行うことができます。

 

しかし、キャンプをするには少し難あり

このキャンプ場は自前の道具を持ち込めません。椅子も備え付けのものを使います。

なので利用したことはありません。

 

大根地山の登山口はいくつかあると思いますが、この竜岩自然の家に車を停めるのが一般的だで良いと思います。

 

 

駐車場

 

駐車場は50台弱駐車することができます

大型車用の駐車スペースも数台あるので、キャンピングカーでも余裕を持って駐車することが出来ます。

また、バリアフリーの駐車スペースも3台程度あります。

トイレもバリアフリーの場所もありました。

 

 

登山口

 

竜岩自然の家に車を停め、そこから歩いて登山口に行くことが出来ます

他にも登山口はありますが、今回は上記の一般的であろう登山口から入山。

記事の後半には下山に使用した登山口も紹介します

 

駐車場にある橋を渡って向こう岸に行きます。

 

 

渡ったら左に行き、川沿いを山に向かって進みます。

 

 

あとは川沿いをひたすら登ります

出発してすぐにトイレもありますよ。

 

川沿いに進むこと5分。

林道に出ます。

 

 

ここを左へ。山に向かって進みます。

するとすぐにフェンスがあり、関係者以外の車両通行禁止の門。

 

 

この門は他のサイトで事前に知ってはいましたが、近くに行くと鍵がかかっている。

登るのかと考えましたが、普通に横から通れました

 

門を通り約10分

最初の分かれ道があります

 

 

大根地山神社の案内の方に進みます。

この分かれ道の前後どちらかに『林道』と木に彫られた案内がある道がありますが、そこは違うと思います

登れば登山道につながるかもしれませんが、かなり険しそうな道でした

 

この分かれ道から登ること10分

登山口に到着です

 

 

 

ここから大根地山山頂への登山ルートとなります。

山頂まで60分と案内がありますが、私は約45分で山頂につきました

ペースは登山は年2回、学生時代は国体選手にもなったことあるが、現在は普通の31歳女性のペース

紫女です。

 

登山道

 

竜岩自然の家から出発して30分で登山口に到着

ここから登山道へ入っていきます。

 

最初は舗装された道ですが、すぐにガッツリ登山道

 

 

 

登山道はだんだんと狭くなってきて、木で整備された階段が出てきます。

しかし、その木の階段が一ヶ所崩落していました

※2020.4現在

 

 

右側に道はありましたが、その下は空洞になっています

体重60kgの私が乗っても大丈夫でしたが、すぐ左は崖になっていて危ない場所

 

 

写真ではわかりにくいですが。

 

新熊稲荷神社

登山道を進んで行くと、大根地神社の案内が再びあります。

その案内に従って進むと鳥居が出現。

 

 

大根地神社と大根地山山頂とは近いと地図にはあります

もー神社についたのか?

 

登山口からまだ10分程度

あまりにも早い。

 

奥には滝もあります。

 

 

その上には登山道に沿って小さな祠がありました。

鳥居には熊稲荷神社の表記。

 

 

さすが信仰の山、大根地

ここで登山の安全を祈願して先へ進みます。

 

難所

標高も低く、家族連れも多い大根地山ですが、1つ注意が必要な場所があります

それが水が横断している鎖場

 

 

岩と水でかなり滑りやすいです

鎖を持って安全に進みましょう。

 

難所は1つと言いましたが、所々道が狭く崖に面していたりと注意する場所が他にもいくつかあります。

Sponsored Links

 

 

雲閣神社

 

先ほどの難所から約10分

雲閣神社との表記がある鳥居がありました。

 

この鳥居をくぐると整備された階段が続きます。

 

大根地神社

 

ようやく大根地神社かと思いきや、こちらは奥の院

ここから赤い鳥居をいくつかくぐって大根地神社に続きます。

 

 

想像していたより立派なお宮。

裏口から入ったみたいで申し訳ありませんが、一礼して先へ進みます。

 

山頂までは神社の参道の方へ進みます。

 

 

参道入り口には山頂までの案内があります。

 

 

 

 

山頂までもう少し

 

大根地神社をすぎると広場があり、山頂へは7分程度です

 

 

案内には展望良しとの言葉。

前回登った筑紫野市の宮地岳では展望がありませんでした

 

【宮地岳】筑紫野市の低山に登山!自粛中に誰とも会わない長めの散歩です!

 

展望がない山へと登ることがどれだけ残酷か。

展望よしとの言葉には救われる思いです。

 

 

大根地山山頂

 

登山口から登ること約45分

大根地山山頂に到着です。

 

 

山頂からは遠くに飯塚市を確認することが出来ます。

反対側には木がありやや展望が乏しい。

 

 

山頂は芝生がありシートを広げて休めたり、ベンチに座って握り飯が食べれます。

 

 

 

下山ルート

 

下山は先ほどの登頂ルートとは反対方向にあるルートを選択

こちらからも竜岩自然の家に行けるとのことで、やっぱり違う道を歩きたいですよね。

 

案内の看板で竜岩自然の家を確認すると、気になる文字が

 

 

消えかかっていますが、キケンの文字は分かります。

その他には子供?初心者?と書いてあるのか。

 

まぁ子供でもないし、登山はわりとしてる方だから大丈夫でしょう。

こちらから下山開始です。

 

 

急勾配・倒木

 

最初はなだらかな下り坂ですが、急に出てきます。

急勾配な坂が

今までにあまり見ない勾配。

写真で伝わらないのが残念です。

 

 

登山道はあまり整備されておらず、倒木がゆく手を遮ります

ヒョイっとまたげば良いところがほとんどですが、中にはまたげない倒木も

 

 

これは股関節くらいの高さがある倒木

またがずに下をくぐりました。

 

 

登山道

 

登山道は足で踏み固められた程度の道。

道案内のビニールテープがあるので、道に迷うことがありません。

 

しかし、上記にも書いた急勾配・倒木がありますので軍手と帽子があると安全です

 

 

途中に竜岩自然の家の案内があり、数字が書いてあります。

ここは7合目って感じでしょう。

これを目指して下山するも

 

 

案内すら倒れる環境。

はたして矢印の方向はあってるのでしょうか?

(あってます)

 

下山開始から約1時間

ようやく下界に降りてきました。

 

 

写真の左側から降りてきます。

下山に1時間なので結構遠回りのルートです。

 

道に出ると左へ、写真でいうと奥に進みます。

はて、どこの登山口にですのか?

 

しかし、さらに道は荒れます。

 

 

本来は杭の右側が道なのでしょうが、崩れているので、杭の左側が道となっています

そして登山口が見えてきます。

 

 

あれ?これ車の運転中に見かけたぞ。

 

 

降りてきた場所は竜岩自然の家駐車場から少し、下に降った場所。

道路沿いの登山口でした。

ここから歩いて5分程度で駐車場に戻ることが出来ます

 

 

おわりに

 

今回は福岡県筑紫野市にあります大根地山に登ってきました

登りルートは舗装された道、そして登山道らしい道、神社の参道などいろんな道が楽しめます。

 

登りのルートは駐車場から山頂まで約1時間15分

下山ルートも1時間かかりました

 

なので、下山したルートで山頂を目指すと結構疲れると思います。

 

神社やいろんな風景を楽しむなら今回の大根地神社経由登りルート

誰もいない道を黙々と自分を追い込みながら登るには下山したルートがオススメです

どちらも竜岩自然の家に車を停めることが出来ますよ。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です