【Touring mapple】ツーリングマップルで旅行を計画!愛用の地図を紹介します!

旅行

テレビに出なくても食っていける芸人になりた、トリぞーです。

 

私は趣味でちょこちょこ1人旅に出かけています

その際に利用する地図がとても便利なので、今回その地図であるTouring mappleを紹介したいと思います。

特に1人旅でソロキャンプを行う人にはうってつけ!

 

この記事では

Touring mapple(地図)

Touring mappleのメリット

Touring mappleの使用例

を紹介します。

 

 

 

 

Touring mapple

 

 

私はちょくちょく1人旅に出ています。

旅に行こう!と決めた時に最初に行う準備が、地図を見ることです。

 

その時利用している地図がこれ!

 

 

Touring mapple!!(ツーリングマップル)

ボロボロです。

 

Touring mappleとは昭文社から発行されている30年近い歴史のある地図。

私が使用しているものは九州版ですが、関西関東甲信越など全国の地図が揃っています

 

特徴としてはとにかく情報が豊富

道路地図としての質はもちろんのこと、その道の交通量や絶景ポイント、温泉、キャンプ場なども記載されています。

✳︎情報

 ・おすすめ宿

 ・ユースホテル

 ・キャンプ場

 ・温泉宿温泉地

 ・日帰り湯

 ・健康ランド

 ・茶屋

 ・レストラン食堂

 ・ライダースハウス

 ・道の駅

 

この情報が地図上にわんさか記載されているので、Touring mappleを見るだけで旅行の計画を立てることができます

 

Touring mapple(ツーリング マップル)という地図名なのでバイク乗り専用の地図だと思われますが、車で旅する私もガンガン使っています。

 

しかし、現在はスマホの時代。

紙の地図なんて雰囲気だけでめんどくさいと思う方も多いと思いますが、ちゃんとしたメリットもあります。

 

 

Touring mappleのメリット

 

 

スマホの地図の方が便利です。

最短の道のりを一瞬で検索してくれますし、案内までしてくれます。

これは認めます。

 

ですが紙の地図であるTouring mappleメリットがいっぱい

 

 

 

距離感が分かりやすい

 

 

スマホの地図は画面を指でシューっと動かすと拡大、縮小などが簡単にできますね。

便利です。

でも、拡大すると目的地まで遠く感じることがありますし、逆に全体を見ようと縮小すると目的地まで近くなったような感じがします。

これでは目的地までの距離感が掴みにくいです。

 

紙の地図の場合は拡大や縮小を細かく出来ませんが、目的地の距離感をパッと見で確認することが出来ます。

ギガ数食わないし。

メリットとしては弱いか…

 

 

 

観光スポットを素早く発見

 

 

旅に出る時、目的地を決めることが多いと思います。

絶対に行きたい観光スポットですね。

でも、せっかく旅に出るんですから出来るだけ多くの観光スポットを見て回りたいですよね。

 

旅先でメインの観光スポットの他に、どこか近くの観光スポットはないかなーとスマホで検索します。

スマホだといろんな観光スポットがすぐに検索されるでしょう。

しかし、その観光スポットの場所って現在地からどれだけ離れているのか、これもわざわざ調べないといけません。

面倒くさいですよね。

しかも、旅先ってのは全く土地勘なんてありません。ちょっと場所を間違えると大変なことになります。

 

その点、Touring mappleは便利です

現在地のページを開くだけで周囲の観光スポットが一目瞭然。地図に記載されているので場所を間違えることもありません。

しかも30年近く歴史のある地図。情報量は少ないですが、誰が書いたかわからないネット情報より信用できるし写真も無いからワクワク感もネットより楽しめます

ギガ数食わないし。

 

このメリットは強いですよ!

 

 

目的地に合わせたキャンプ場

 

 

1人旅での宿泊はキャンプ場がほとんど。

キャンプ場ってどこにでもあるわけではないですよね。

 

出来れば観光スポットに行くのに効率のいいキャンプ場が良いですし、明るい内にテント設営をしたいのでキャンプ場の場所は大切です。

 

Touring mappleにはキャンプ場も地図上に記載されているので、より効率よく旅ができるキャンプ場を見つけることが出来ます

また、稀に目的地のキャンプ場に急遽宿泊できないってトラブルがあります。

稀にですよ。私は1度ありました。

その時の記事がこちら。

【道の駅 大和オートキャンプ場】佐賀市大和町の道の駅大和に隣接するオートキャンプ場でソロキャンプ!!

 

そんな時にもTouring mappleで現在地のページを開いて、近くのキャンプ場をサクッと発見することが出来ました。

ギガ数食わないし。

 

 

 

キャンプ場と温泉

 

 

このメリットは自信があります!笑

キャンプ場ってお風呂が付いているところって多くありません。

付いていたとしても割高なキャンプ場が多いと思います。

 

旅の楽しみの中で温泉はかなりの比重を占めます。私は。

旅先ではゆっくり温泉に入りたいものです。

 

スマホでキャンプ場を検索して、次に温泉地を検索して…

あーめぼしのキャンプ場の近くに温泉ないや、じゃーまたキャンプ場から検索して…

 

私が紹介するこちらのTouring mappleではそんな手間はかかりません

地図上にはキャンプ場も温泉も記載されているので、キャンプ場選びも楽々です。

そしてなんと、ギガ数食わないんです!

 

 

 

Touring mapple 使用例

 

 

実際にTouring mappleの使用例を紹介します。

今回は今後予定している1泊2日宮崎県縦断の旅Touring mappleを使って計画します。

 

旅のスタートは宮崎県の最南端、都井岬

 

 

ここで朝日を拝んで旅を始めることにしましょう。

近くに神社がありますねー。旅の安全祈願をします。

 

ここには馬がいるみたいですね、運転には少し注意が必要かも。

都井岬から北へ向かい、ゴールは大分との県境、宮崎県延岡市です。

 

 

北に進むと日南フェニックスロードがあり、その先に道の駅なんごうがありますね。

早めの昼食で海鮮なんかも良いですね。

 

 

さらに北に進むと有名な鵜戸神宮サンメッセ日南がありますね。

鵜戸神宮で運玉投げに挑戦し、モアイの写真を撮りましょう。

 

 

そして先に進むと旅のメイン観光スポットである青島があります。

ここは外せません。

暗くなる前にキャンプ地を見つけないといけませんが、青島の近くに宮崎白浜COCONAというキャンプ場がありますね。

海も近く良さそうです。

 

そして肝心な温泉施設。うん。近くに青島サンクマールという温泉施設があります

キャンプ場も決まりです。

青島サンクマールからはあの鬼の洗濯板も見ることが出来そう。楽しみですね。

 

さらに近くに道の駅フェニックスもあるじゃありませんか。

キャンプでの宴の品は道の駅で買うことにしましょう。最高です。

 

そして1日目は終了。

 

 

2日目はゴールの延岡までどんな観光スポットがあるか分かりません。

地図で確認しながら行きましょう。

 

 

んー、延岡の手前、日向市までこれといって惹かれるものがありませんでしたね

ですが、帰りのことも考えて一気に日向まで上り、この辺りでフラフラするのも良いかもです。

 

 

そしていよいよゴールの延岡に入ります。

延岡市内の手前にチキン南蛮のお店がありますね。宮崎といったらチキン南蛮、外せません。

そしてゴールはやっぱり温泉がいい!ということで、ゆったり出来そうなヘルストピアという施設をゴールとしましょう

 

これで1泊2日の宮崎縦断の旅終了です。

 

Touring mappleだけでこれだけの計画が出来ました。

スマホで検索するより、計画が立てやすいと思います。

 

 

 

おわりに

 

今はスマホの時代なのでアプリ上で地図を確認した方が確実ですし、情報なんかもスマホで検索するとより詳しく出てくるでしょう。

ですが、この紙の地図を使うことでより一層旅を楽しむことができます!!

 

確かに紙の地図だけで車を走らせると、たまに迷います。

ですがそれも旅の楽しみでもあります。たまにテンション下がりますが…

 

まぁ1番のオススメはTouring mappleとスマホの両刀使いですけどね!

 

Sponsored Links

コメント