【車の故障】エンジンがかかりそうでかからない!原因と対処法を紹介!

男前ジョッキ、トリぞーです。

 

家にはハイラックスの他に

 

ダイハツのコンテを所有しています。

 

2泊のキャンプを終え

 

帰宅して、コンテに乗ろうとしたら

 

エンジンがかからない!

 

すぐに保険会社に連絡し

 

ロードサービスに来てもらい

 

解決することができました。

 

今回はエンジンがかからなかった

 

原因対処法を紹介します!

 

 

 

エンジンがかからない

 

 

3日ほどエンジンをかけておらず

 

ガソリンを入れに行こうと

 

コンテのキーを回したとろこ

 

 

コンテ「キュルキュルキュルーーー!」

 

 

あれ?エンジンかからない…

 

再度、キーを回しても

 

 

コンテ「キュルキュルキュルーーー!」

 

 

やっぱりエンジンがかからない…

 

この時、バッテリーか?

 

と思いましたが

 

あと少しでかかりそうで

 

かからない。

 

これはバッテリーが原因ではありませんでした。

 

 

 

原因

 

 

保険会社に連絡し

 

ロードサービスに来てもらいました。

 

スタッフが症状を実際に確認すると

 

すぐに原因はバッテリーではないと分かりました。

 

エンジンがかかりそうで

 

かからない。

 

その原因とは

 

発火プラグにあるとのこと。

 

寒い日にエンジンをかけ

 

エンジンが温まる前に

 

すぐエンジンを切ると

 

燃料が発火プラグにかかったままになり

 

エンジンがかからなくなるそうです。

 

バッテリーが原因の場合と異なり

 

発火プラグに原因がある場合は

 

エンジンがかかりそうで

 

かからない状況となります。

 

 

 

対処法

 

 

ロードサービスの方から

 

一通り説明を受け、作業が続きました。

 

すると

 

 

コンテ「キュルキュル、ボンっ!」

 

 

あれ?エンジンかかった?

 

 

スタッフ「なら、すぐエンジン切らないように」

 

 

いやいや、今どうやったんですか?

 

エンジンがかかりそうで

 

かからない場合は

 

アクセルをベタ踏みした状態で

 

キーを回します。

 

これを何回か繰り返すと

 

エンジンが始動します。

 

ここでは注意点が1つ

 

キーを回したままにすると

 

1分程度でバッテリーが上がるそうです。

 

なのでキーを回す時間は

 

10秒程度で止める方がいいとのことでした。

 

 

 

まとめ

 

今回は車のエンジンがかかりそうで

 

かからない状態の

 

原因と対処法を紹介しました。

 

原因としては寒い時期に

 

エンジンをかけて、すぐ切ること。

 

対処法としては

 

アクセルをベタ踏みした状態で

 

キーを回します。

 

同じ症状で困った場合は

 

バッテリーがあがることに注意しながら

 

試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です