【事故】ハイラックスをぶつけられた!手続きから修理・費用までを紹介します!

ハイラックス

2週間で3kg増、トリぞーです。

 

ハイラックスを購入して、早1年が過ぎました

そして、とうとうこの時がきました。

 

ハイラックス、ぶつけられる

 

普段はアパートの駐車場に停めているのですが、隣に停めてある軽自動車にぶつけられました

事故なんて初めての経験なので、警察とのやり取り保険会社の手続き修理まで紹介します。

 

 

 

警察訪問

 

それは22時くらいでした。

うとうとしながら世界陸上を見ていると、呼び鈴がなります。

モニターで確認すると警察官でした

 

警「ハイラックスはアナタのですか?」

え?何かしたっけ?ハイラックス?

 

よく分からないまま外に出ると、パトカーと知らない親子

話を聞くと、その親子の娘さんが駐車しようとしてハイラックスにぶつけてしまったとのこと

 

確認すると確かに擦った跡が。

 

 

ショック…

と言うよりは正直に言ってもらって良かった…

 

まぁショックですが。

ここから警察とのやり取りが始まります

 

 

 

警察とのやり取り

 

親子から謝罪があり、警察とのやり取りです。

 

免許証・車検証・自賠責保険の提示を求められます

自賠責保険とは全ての車に加入が義務づけられている損害保険です。

 

自賠責?と思いましたが、車検証一式を渡せば大丈夫です

次に勤務先とその電話番号を聞かれました。

 

その後、警察官と一緒に傷の確認をします。

写真のようにガスっと一箇所擦ってあるのは分かりましたが、夜だった為暗くて他がよく分かりません

後日、傷が判明した場合どうなるのかと警察官に確認

すると

警「因果関係がはっきりすれば…」

警「まぁ、後はお互いの話し合いで」

 

警察の仕事は事故処理だけ

その後の相手側とのやり取りには介入しなとのこと

 

知らなかった…

 

 

 

相手側とのやり取り

 

次に相手側とのやり取りです。

相手とは電話番号と名前を交換しました

 

金曜日の夜だった為、相手側の保険会社と連絡が取れないとのことで、週明けの月曜日に連絡があるとのことでした。

この日はそれで終了。

 

 

 

自分の保険会社に連絡

 

警察官から一応、自分の保険会社に連絡をして下さい。と言われました

次の日、連絡を入れました。

 

すると担当者から相手の名前と電話番号、そして加入している保険会社を聞かれました

稀に保険に入っていない人がいるので、どこの保険に加入しているか確認した方がいいとのこと

 

他には両方の車のナンバーも確認したいとのことでした。

相手側に確認をとってナンバーを保険担当に伝えるとすぐに、事故の確認が取れました

警察の報告書が確認できるみたいですね

 

これも知らなかった。

今回は私に過失がない為、自分の保険会社とのやり取りは一旦ここまで。

 

 

 

相手側保険会社からの連絡

 

月曜日になり、相手側の保険会社から連絡がありました。

 

電話の内容は、保険会社の系列修理工場で修理ができる、レンタカーを貸すとのこと

修理はすでにハイラックスを購入したディーラーに頼んであるので、レンタカーだけ借りることにしました。

 

修理に出す日取りが決まったら、それに合わせてディーラーにレンタカーを持って行くとのこと。

修理は2日後の水曜となりました。

 

 

 

ディーラーに持ち込む

 

2日後の水曜日、仕事終わりにディーラーへハイラックスを持ち込みました。

Sponsored Links

 

ディーラーでの担当は店長。この店長がまぁ仕事が出来る出来る

私の質問にガンガン答えてくれて非常に勉強になっています

 

この日も質問責め。

なんせ初めての体験なので。

 

まず傷を見てもらいます。

 

 

店長「これはパーツ交換ですね」

そんなに深くない傷だと思うのですが速攻で交換

周りの小さな傷は塗装等で修理の予定

 

しかし、ハイラックス自体生産が少なめなので、パーツもあまり流通してないかもと

店長もハイラックスのパーツを取り寄せるのは初めてらしく、2週間くらいかかるかもしれないと。

 

実際は1週間程度でパーツは届き修理は完了しました

 

 

 

アジャスター

 

交通事故が起きた場合、アジャスターという人が保険会社から派遣されます。

アジャスターは車の損傷の具合を鑑定し、損害額の認定を行います

 

私の場合は傷がそんなに大ごとではないので写真だけでの判断に終わりました。

 

 

 

修理の裏技

 

裏技ってわけではないですが、簡単な修理で現金を受けとれる場合もあるとのこと

 

例えば、パーツ交換で5万の費用がかかるとします。

しかし、完全には直らないけど塗装すると1万の費用で収まる修理を選択します。

 

だけど、見積もりはパーツ交換で出してもらい差額の4万を現金で受け取り、示談する方法です

少々傷が残ってもいい人はこの方法をとる場合もあるとか。

 

しかし、私の場合は隣人との事故

塗装で修理を済ませたけど、パーツ交換の見積もりを出します。

保険会社からパーツ交換だと聞いた隣人が、残っている修理跡に気づくと

 

「あれ?パーツ交換したはず…」

となり、ワダカマリが残る可能性があります。

 

私はハイラックスを溺愛しているので、もちろんパーツ交換でがっつり修理してもらいます。

 

 

 

修理完了

 

修理内容はパーツの交換と、ちょっとしたバンパーの傷だけだったので1週間程度で完了しました

ディーラーで修理跡の確認をします。

ここでしっかり修理できているかを確認した方がいいです。

今、若干それで揉めています…

 

それは今後紹介出来たら紹介します。

 

修理完了後はディーラーから相手の保険会社に連絡が行き、保険会社から私の方に連絡がありました。

そこで修理費用や代車費用の確認があり、納得できたら事故が解決となります

 

 

 

事故解決費用

 

最後にこの事故でかかった費用を紹介します。

電話でのやりとだったので正確には覚えていませんが、パーツ交換と塗装で60,000円弱でした。

 

代車費用は10日程度で114,400円高いですね…

 

そしてもう1つ費用がかかったものがあります。

それはガソリン代

 

今回、私が修理を頼んだディーラーは自宅から片道30分程度離れています

事故があった時に知人から

「なんでも言ったもん勝ちよ!」

と聞いていたので

 

試しにディーラーまでの往復ガソリン代を保険会社に言ってみました

するとなんと、ガソリン代もらえました

 

料金は保険会社の設定で1kmでいくらってのが決まっていました

しかし、ハイラックスの平均燃費で計算したところ余分に貰えたような…

そこはご愛嬌で。

 

試しにディーラーまで車を持っていく際の人件費を言ってみましたが、流石にこれはダメでした

 

 

 

おわりに

 

今回はハイラックスの事故から修理完了までの流れ、かかった費用まで紹介しました

初めての事故だったので流れがわかりませんでした。

 

今回大切だなっと思ったことが、相手がしっかり保険に入っているかの確認です

 

そして思いつく費用をとにかく言ってみること!

こっちに全く非がないのに手間をかけられたんですからね。

 

次回、今回の事故で発生したディーラーとの一悶着を紹介したいと思います。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

コメント