【ベトナム旅行】ダナン3泊5日の旅の日程と反省を紹介!〜3日目〜

歯磨きに30分、トリぞーです。

 

初海外旅行にベトナムはダナンを選び

 

ガイドなし、ツアーなしの

 

ガチンコ旅行を紹介しています。

 

今回は3日目

 

始まります!!

 

 

 

3日目の朝

 

 

今日でダナンも3日目

 

本日はベトナムの都市

 

ホーチミン日帰りの予定。

 

ベトナム旅行で一番心配な日です。

 

ダナン国内線のフライト時間は

 

午前9時半

 

ホテル発のシャトルバスは

 

午前7時半

 

ホテルから空港まで約1時間

 

かなりギリギリです。

 

しかも、前日にオンラインチェックインを試したところ

 

QRコードが表示されず。

 

でもチェックインは『済み』になっている。

 

これはもう空港について

 

スタッフに確認するしかありません。

 

焦っても仕方ないので

 

朝はゆっくり朝食をとります。

 

 

安定の朝食。

 

そして出発10分前に

 

ホテルのエントランスへ。

 

 

 

シャトルバスの遅延

 

 

ベトナムはお国柄か

 

国内線は遅延が多いと聞きます。

 

しかし、定刻で出発する可能性も

 

もちろんある。

 

1番のりでエントランスにつき

 

バスの出発を待ちます。

 

バスの中は私たちだけ。

 

時刻は出発の7時半

 

しかし、なかなかバスは出発しません。

 

できるだけ早くダナン空港に着きたい私は

 

ドライバーに詰め寄ります。

 

時計を指差し、時間だと訴える。

 

しかし、ドライバーも困った顔で

 

まだ、来てない宿泊者がいると。

 

ここはベトナム、日本ではない。

 

やはり外国人は時間にルーズなのか…

 

力なく、座席に戻ります。

 

そして待つこと10分

 

ようやく、4人組が現れます。

 

日本人の。

 

見た感じ女子大生風の女ども

 

走る様子もなく、ヘラヘラしながら近づいてくる。

 

顔には出しませんが

 

怒りメーターが徐々に…

 

すると、ドライバーが私にこう言うではありませんか

 

 

「あんたらは前だ」

 

 

座席の配置上

 

私たち2人は助手席へ。

 

 

女どもは4人で後ろへ。

 

なんだろこの気分…

 

でもここは抑えろ30歳

 

相手は子供だ。

 

さぁ、気を取り直してダナン空港へ出発!

 

しない…

 

なんと、まだ来ていない宿泊者がいるとのこと。

 

今度は誰だ?ババァどもか?

 

待つことさらに10分

 

来たのは韓国人親子。

 

最近、韓国と日本は色々ありますが

 

私には関係ありません。

 

怒りメーターマックスです。

 

やっとダナン空港へ出発した車内で

 

私はグーグル翻訳を用いてハングル文を作ります。

 

 

「너희들 때문에 비행기에 늦었다」
「お前らのせいで飛行機に遅れた。」

 

 

もう遅れた程です。

 

 

죽어라
「死ね」

 

 

しかし、この死ねをさらに日本語に直すと

 

「死ぬ」

 

になってしまい

 

私たちが飛行機に遅れて死んでしまう

 

と、弱々しい発言になるのと

 

さすがに言い過ぎと奥さんに怒られたため

 

 

「바보」
「バカ」

 

 

にしました。

 

もし飛行機に乗り遅れたら

 

この文を韓国人に見せてやります。

 

国際問題なんて知りません。

 

そして次に怒りが向いたのは

 

やはり女どもです。

 

韓国人が遅れたので

 

怒ったとこでしょうがないですが

 

お詫びの一言もないのが許せん。

 

しかも、助手席に乗っている私たちに気づかないのか

 

 

女「あれ〜私たちだけかな〜?ラッキー」

 

 

こちらもファックです。

 

私はこんなに英語が達者だったらと思ったことはありません。

 

英語ができたら隣の運転手に

 

 

「あいつらジャパニーズビッチだぜ、サイテーだろ?」

 

 

と言えるのに。

 

 

 

 

 

空港までの道中

 

 

ダナン中心地は交通量が多く

 

信号で停まると、後ろからバイクが

 

ぞろぞろ。

 

しかし中心地から1時間ほど離れると

 

街並みはガラリと変わり

 

田舎道となります。

 

途中に長いトンネルがあったのですが

 

日本が建設に関わったとのこと。

 

それを言われて、改めてそのトンネルを見ると

 

どことなく日本のトンネルと造りが似ていました。

 

初めての海外旅行なので

 

どんな道でも新鮮で、楽しいのですが

 

運転が荒すぎる…

 

一車線でもどんどん追い越す。

 

対向車が来てもギリギリまで追い越します。

 

しかもそれが、この運転手に限ったことではなく

 

大体のベトナム人がこんな運転だと思います。

 

そして、シートベルトをしない。

 

私が助手席に乗せられたことで

 

シートベルトをしようとすると

 

 

「お前、それ、シートベルトだぞ?」

 

 

つけるよ!安全運転しろよ!

 

しかし、ダナン旅行中

 

ちょっとの事故も見かけませんでした。

 

 

 

 

ダナン空港国内線

 

 

時刻は8時20分。

 

予想よりかなり早く到着。

 

時速80km/hで走ってくれました。

 

ベトナムの法定速度って何キロなんでしょう?

 

しかし、まだ飛行機に乗れると決まった訳ではありません。

 

オンラインでチェックインは済んているものの

 

QRコードがありません。

 

急いでジェットスターのカウンターへ。

 

ジェットスターのスタッフに対して

 

アプリを見せながら

 

 

「オンラインチェックインOK!」

 

「バット!ノーQOLコード!!」

 

 

テンパりすぎて

 

もーなんのこっちゃ分かりません。

 

スタッフも無言でチェックインカウンターを指差すだけ。

 

しかし、チェックインカウンターは長蛇の列…

 

 

「だから、チェックインは済んでるんだよ…」

 

 

言葉が通じないって本当に辛い。

 

そこで目に飛び込んできたのが

 

タッチパネル式の機械。

 

以前日本でこの機械を使って

 

チェックインしたことがある。

 

試しに手元の予約番号を入力してみると

 

あれよあれよと

 

チケットが出てくるではありませんか。

 

しかもバーコード付き。

 

 

「QRコードじゃないんかい…」

 

 

しかし、これでようやく搭乗できそう。

 

そまま搭乗検査の場所に行きます。

 

検査は荷物をX線に通すのは

 

日本と同じですが

 

ベトナムは靴まで脱がされ

 

裸足で金属探知機を通ります。

 

床はビカビカ!だよね?笑

 

検査をクリアし

 

後は搭乗するだけ

 

 

国内線は迷うことなく

 

出発ゲートまで到着。

 

 

日本のLCCと変わりない様子です。

 

そしていざ、ホーチミンへ!

 

 

 

 

 

ホーチミン空港到着

 

 

定刻でダナンを出発し

 

約1時間30分のフライトで

 

無事、ホーチミンへ到着。

 

日帰りなので、帰りの飛行機のチェックインを

 

また、タッチパネルの機械で操作します。

 

しかし出てきたチケットは

 

さっきとちょっと違う…

 

スタッフに確認してみます。

 

 

「チェックイン、オッケー?」

 

 

スタッフは不機嫌な顔。

 

まだチェックインはできないと言いたげ。

 

ほんとはオンラインでチェックインできているのに…

 

というか、愛想笑いぐらいしてほしい。

 

日本の航空スタッフはすごいですね。

 

出来ないことは仕方ないので

 

まずは空腹を満たします。

 

 

 

スマホ紛失一歩手前

 

 

ホーチミン空港からレストランに向かうため

 

タクシーに乗ります。

 

今回はマイリン・タクシー。

 

話しかけてこないタイプのドライバーだったので

 

私も静かに外を眺めていました。

 

そこに『地球の歩き方』文章が頭に浮かびます。

 

 

「タクシーが正しい道を走っているか確認した方がいい」

 

 

私はバックからスマホを取り出し

 

グーグルマップを開きます。

 

すると目的のレストランを過ぎた道を

 

走っているではありませんか。

 

 

「へいへい!ディス!ディス!」

 

 

スマホの画面を指差し

 

レストランを過ぎたことをアピール。

 

タクシーはUターンし

 

レストランに到着。

 

 

「(危ないとこだったぜ)」

 

 

ドヤ顔でタクシーを降り

 

気づきます。

 

 

「スマホがない…」

 

 

不幸中の幸いで

 

タクシーを降りたすぐ気づきました。

 

振り向いてタクシーを見ると

 

いない…

 

タクシーはすでに走り出していました。

 

急いで追いかけます。

 

この時の足の速さは引くほどだったと

 

奥さんから聞きました。

 

奇跡的にタクシーに追いつき

 

窓を叩きアピール。

 

無事、スマホが手元に返ってきました。

 

もしスマホを紛失していたらと考えると

 

具合が悪くなります。

 

 

 

ニャーハン・ゴン

 

 

短距離人生の最速記録を叩き出し

 

目的のレストラン

 

『ニャーハン・ゴン』へ。

 

よくよく考えると

 

しっかりしたベトナムレストランで

 

食事を取るのはこれが初めて。

 

ここは『地球の歩き方』でも紹介されている

 

屋台をコンセプトにしたお店です。

 

 

なので暑い…

 

扇風機はありましたが、結構暑かったです。

 

疲労も相まり、やっぱりビール

 

 

まぁまぁ冷えています。

 

このレストランはメニューに写真があり

 

指差し注文が出来ます。

 

 

カニだと思われる揚げ物

 

 

春巻きを揚げたもの。

 

 

写真と別物のメニュー。

 

しっかり選んだつもりが

 

全て揚げ物に…

 

写真があるのになぜ…?

 

春巻きを揚げたものはすごく美味しかったです。

 

しかし、他の2つはそれほどまでは…

 

カニじゃなかったし。

 

フォーは暑くて頼めずでした。

 

 

 

雰囲気のあるビル

 

 

食事を終え、歩いていける範囲に

 

服屋があるとのことで行ってみました。

 

奥さんの。

 

店名は『リベ』

 

この店自体はいまいちだったらしいのですが

 

私的にはその店が入っているビルがいい感じ。

 

1階の通路には画家が絵を描いており

 

販売していました。

 

 

手前のチンパンジーの絵が欲しかったのですが

 

意外と高い。

 

しかも、この後

 

別の絵描きさんのお店をちらっと見ると

 

同じ絵が売ってありました。

 

どゆこと?

 

 

 

ベンタン市場

 

 

少し寄り道をしましたが

 

次はメインである

 

ベンタン市場です。

 

先ほどのレストランから

 

歩いて15分程度のところにあります。

 

タクシーに乗ることがストレスだったため

 

ありがたい。

 

ここではお土産を探します。

 

 

私は旅先でその土地のB級グッズを

 

友人に買うことが好きです。

 

ホーチミンに来たので

 

ホーチミン氏のマグネットを探しており

 

輪ゴムでまとめられていたマグネットを

 

1つ1つ確認していました。

 

すると怖い顔でスタッフがこちらを見ています。

 

気まずくなったなったので

 

マグネットを置いて店を出ようとしたところ

 

手をパシっと叩かれ

 

怒られました。

 

輪ゴムをせずにマグネット置いたことが

 

よくなかったみたいです。

 

気を取直して

 

次は奥さんのお土産探し。

 

奥さんは家族へのカゴバック

 

 

1つ1000円くらいだったと思います。

 

値切りが必要ですが。

 

そしてチビ達に涼しげなズボンを。

 

 

両サイドのTシャツは自分のと友人のです。

 

ベトナムビール、333Tシャツと

 

ホーおじさんTシャツ。

 

ホーおじさんTは友人にあげます。

 

さらにベンタン市場では

 

キーホルダーにマグネットなどの

 

お土産を購入。

 

『地球の歩き方』には

 

値切りは難しいと書いてありましたが

 

特別難しい訳ではなく

 

全てにおいて値切りが出来ました。

 

しかし、青いシャツの制服らしきフタッフがいる店は

 

公認店みたいな感じで

 

基本、値切りは出来ないみたいです。

 

 

 

高島屋

 

 

ベンタン市場の近くに高島屋があります。

 

高島屋って聞くだけど、どこか安心感があります。

 

ここではトイレ休憩と現金の残りの確認で

 

入りました。

 

日本みたいに椅子は多くありませんが

 

地下の食品売り場の階に

 

椅子がありました。

 

8月はかなり暑いので

 

たまにエアコンが効いた場所で

 

休憩するのも大切だと思います。

 

 

 

サイゴン・キッシュ

 

 

サイゴン・キッシュとは

 

『地球の歩き方』でも紹介されている

 

ベトナム雑貨を取り扱っているお店です。

 

高島屋から歩いていける距離にあります。

 

このお店にはおしゃれな食器類などもあり

 

気をつかうお土産はこちらで購入。

 

Tシャツもありましたが

 

ベンタン市場の倍以上の価格でした。

 

こちらはクレジットカードが使えます。

 

 

 

ホーチミンの街並み

 

 

あまりベトナムの歴史に詳しくはありませんが

 

ホーチミンは以前、サイゴンという名前で

 

フランスの領地だったとかで

 

ヨーロッパ風の建物が残っています。

 

 

しかし、路上ではこんな感じでお店があったり

 

 

かと思いきやセブンもあったり。

 

そして、一番目を引いたのが

 

 

サソリ?とコブラ?が酒に漬けられたもの。

 

しかも、月桂冠。

 

ちなみにベンタン市場で買ったものを

 

入れてもらった買い物袋には

 

『道頓堀』と書いてありました。

 

 

 

ビンコムセンター

 

 

お土産を一通り買ったため

 

最後にビンコムセンターへ。

 

ビンコムセンターには日本でも馴染みがある

 

ファストファッションのお店などが入っています。

 

ここにはビンマートも入っているので

 

 

ホテルで飲むビールやカップ麺等を購入。

 

 

少し早いですが疲れもあったため

 

ホーチミン空港へ向かいます。

 

 

 

タクシーに慣れてくる

 

 

ベトナム3日目のこの頃から

 

ようやくタクシーやベトナム自体に慣れてきました。

 

この頃には自分からタクシーの運転手に話しかけたり

 

道路の標識もなんとなく分かってきて

 

運転手に道を指示していました。

 

英単語も覚えたり、発音もなんとなく良くなってきたり

 

留学が語学習得の近道と身を以て実感しました。

 

 

運転手「今からどこに行くんだ?」

 

「ダナン!ダナン!」

 

運転手「オッケー!」ブーン国際線へ。

 

「ノーノー!ドメスティック!」

 

 

発音が悪く、運転手には

 

ベナンと聞こえたみたい…

 

 

 

 

ダナン行き遅延

 

 

早めにホーチミン空港に到着し

 

チェックインもタッチパネルの機械で済ませ

 

搭乗ゲートの近くで待機。

 

すると、2時間以上の遅延。

 

 

ただ遅延するだけではありません。

 

ダナン空港からホテルまでの

 

シャトルバスを予約しているのですが

 

その最終のバスに遅れる可能性が出てきました。

 

シャトルバスに乗り遅れると

 

ホテルまで帰れません。

 

あんな暗い道を1時間もタクシーに乗りたくない。

 

必死にホテルへメールをします。

 

伝わっているか分かりませんが。

 

でも、それ以外出来ることもないので

 

小腹を満たすべく

 

空港内にあるお店でバインミーを食べます。

 

 

空港内で割高ですが

 

ここもパクチーが効いていて美味しかった。

 

 

 

オーマイガーイタリー

 

 

時刻表で遅延状況を確認していると

 

隣にイタリア人がきて

 

私にどの飛行機に乗るんだと聞いてきました。

 

同じ飛行機だと分かると

 

どうなっているんだ?

 

と聞いてくるではありませんか。

 

ただ遅れていることしか分かりませんが

 

必死で伝えます。

 

すると

 

 

イタリー「オーマイガー…」

 

トリぞー「オーマイガー…」

 

 

私も一緒に嘆きました。

 

この他にも色んな国の人から飛行機について

 

なぜか説明を求められました。

 

最初は「ジャパニーズ!」

 

とか言って流してたんですが

 

あまりにも聞かれるので

 

最後らへんは下手な英語で教えていました。

 

いい思い出です。

 

 

 

 

 

ダナン空港内を疾走

 

 

結局5時間くらいホーチミン空港で過ごし

 

ダナン空港に到着したのは

 

23時15分

 

飛行機を降り、空港内を疾走します!

 

シャトルバスの時間は23時30分

 

なんとかその時間に空港の外に出ましたが

 

ホテルのスタッフが見当たらない。

 

もうバスは行ってしまったのか?

 

必死であたりを探します。

 

すると駐車場にホテルのワゴンを発見。

 

 

しかし、運転手の姿がありません。

 

もしかしたら駐車しているだけで

 

翌日のバスかもしれない。

 

不安になりながら

 

空港の出口に目をやると

 

見覚えのある制服が。

 

いました!待っていてくれました!

 

なんと私はその運転手の前を

 

疾走して行ってたみたい。

 

運転手には日本でもしたことないくらいの

 

お辞儀をして、お礼を伝えました。

 

 

 

次の日のシャトルバスの予約

 

 

無事ホテルに着きましたが

 

まだ最後の仕事が残っています。

 

次の日のシャトルバスの予約です。

 

次の日は世界遺産がある

 

ホイアンに行く予定。

 

事前に朝9時ホテル発

 

ダナン中心街行きのバスを予約していましたが

 

疲れが半端なく、お昼の出発に変更してもらいました。

 

しかも、有料ではありますが

 

ホイアン直行便のバス。

 

ラッキーと思いながら

 

その日は部屋でビールを飲み

 

就寝しました。

 

 

 

おわりに

 

長くなりましたが

 

ベトナムはダナン旅行3泊5日の旅

 

3日目を紹介しました。

 

ダナンからホーチミン日帰りは

 

国内線を使えば、なんとか行くことが出来ました。

 

ホーチミンでの買い物は

 

目的地同士が以外と近く

 

徒歩で移動することが出来ました。

 

しかし、買い物が主であり

 

観光スポットは行けず。

 

反省としては

 

前日にホーチミンへ行く方が良かったので

 

3日目は次の日行く予定である

 

ホイアンに行くべきでした。

 

理由は次回分かります。

 

そう、この旅行は

 

3泊5日なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です