【ベトナム】ダナン?にあるリゾートホテル・アンサナランコーに宿泊!経験を紹介します!!

涼しくなってきて寂しい、トリぞーです。

 

初めての海外旅行は

 

ベトナムはダナンに行ってきました。

 

ダナンは今注目されている

 

リゾート地らしく

 

外国人観光客もたくさんいました。

 

そんなダナン滞在中に宿泊したホテル

 

アンサナランコーを紹介したいと思います。

 

 

 

アンサナランコー Angsana Lang Co 

 

 

アンサナランコーホテルとは

 

ダナン中心街から車で約1時間ほど離れた

 

リゾートホテルです。

 

ホテルの外には正直何もないと思いますが

 

ホテルの中に全て揃っています!

 

敷地はかなり広いです。

 

 

 

欠点があるとすれば

 

日本人スタッフがいないくらいです。

 

でも、見た感じ2〜3人くらいは

 

日本語が分かるスタッフがいました。

 

 

 

所在地

 

 

ベトナムなので詳しい住所はわかりませんが

 

アンサナランコーはダナン中心街から

 

北に車で約1時間程度離れています。

 

ダナンに行くことが決まり

 

ホテルを探していたところ

 

このアンサナランコーが表示されました。

 

見た目からもすごいリゾート感が出ているなと思い

 

あまり調べもせず

 

アンサナランコーホテルに決めました。

 

その後、ベトナム旅行の参考にした

 

『地球の歩き方』を見ており

 

予約したアンサナランコーは載っているかなと

 

探しました。

 

しかし、いくら探してもない…

 

あんまり有名じゃないのかなと

 

ページをパラパラめくっていくと

 

急に現れましたアンサナランコー。

 

しかし、そのページはフエ

 

ダナンの北部に位置している都市。

 

旅行先はダナン

 

しかし、宿泊先はフエ

 

先が思いやられます…

 

 

 

 

シャトルバス

 

 

アンサナランコーホテルがダナンではなく

 

フエにあることが判明し

 

不安なことが出てきました。

 

それはダナン中心街から

 

どうやってホテルまで行くかです。

 

ダナンを始め、ベトナムで移動するときに

 

最も便利な移動手段はタクシーだと思います。

 

ベトナムの物価は日本の1/5くらいだと言われていますが

 

それでもダナン中心街からホテルまで

 

タクシーに乗ろうとすると

 

恐らく4000円程度かかると思います。

 

そんな時に色な人のブログを眺めていると

 

アンサナランコーに無料送迎バスがありそうな雰囲気。

 

しかしどうやって利用するか分からない…

 

 

 

HISに聞いてみる

 

 

無料送迎バスはどうしても利用したい。

 

まずは航空券とホテルを予約した時に使用した

 

HISのオンラインなんたらに連絡。

 

 

「送迎バスを利用したいんですが…」

 

 

HIS「知らん、直接ホテルに聞いてや〜」
                       ※話を盛っています。

 

 

無理です。英語なんて出来ません。

 

しかし、ブログによるとホテルまでの道は真っ暗で

 

タクシーでは怖いとの文も…

 

 

 

公式ホームページ

 

 

HISは相手にしてくれなかったので

 

アンサナランコーの公式ホームページを見てみます。

 

ホームページはやはり英語

 

言語変換もできましたが

 

ベトナム語にスペイン語、ドイツ語

 

そしてハングルのみ。

 

日本語はありません。

 

仕方なく英語で眺めていると

 

ホーム画面の下に

 

チャットを行う場所がありました。

 

ここにメールアドレス、名前、本文を記入します。

 

営業日が決まっており

 

休日には返信がありませんが

 

営業日だとすぐに返信があると思います。

 

その後は返信がきたホテルのメールアドレスとやり取りをしました。

 

メールの内容作成にはいろんなサイトにある

 

テンプレートやグーグル翻訳などを使用しました。

 

中学生レベルの英語しかできませんが

 

十分やりとができました。

 

 

 

ダナン空港⇄ホテル

 

 

ダナン空港とホテルをつなぐシャトルバスには

 

無料有料があります。

 

有料シャトルバスは詳しくは分かりませんが

 

ダナン空港とホテル間の無料シャトルバスは基本的に

 

チェックイン時とチェックアウト時にしか

 

使用出来ないとのことです。

 

しかし、この事を知らず

 

日帰りでホーチミンに行くために

 

ロビーで直接、ダナン空港往復の

 

無料シャトルバスを予約したところ

 

予約することが出来ました。

 

しかしその後

 

ホイアンに行くために

 

シャトルバスを予約しようとすると

 

出来ないと言われました。

 

 

 

 

無料シャトルバス

 

 

無料シャトルバスはダナン空港とホテル

 

フエ空港とホテルを結ぶ

 

2種類があります。

 

無料シャトルバスを利用するには

 

ホテルに飛行機の到着時間をメールで伝えます。

 

するとホテル側から返信のメールが届きます。

 

内容は

 

『予約を受け付けました。

 

紫のアオザイを着たスタッフが国内線4番ゲートに待っています』

 

と具体的で当日も分かりやすかったです。

 

私の場合はダナンに到着して

 

街で買い物や観光を済ませて

 

ホテルに行きたかったので

 

空港に戻る時間帯で予約をお願いしたのですが

 

問題なく、近い時間帯のシャトルバスに予約をすることが出来ました。

 

シャトルバスには大型のバスと

 

ワゴンがあります。

 

 

利用する人数によって変わるみたいです。

 

 

 

有料シャトルバス

 

 

シャトルバスには有料のものもあります。

 

こちらには時刻表がなく

 

宿泊者が利用したい時間帯に合わせて

 

送迎を行ってくれます。

 

オプションもいくつかあり

 

最大4人が乗車できるSUVだと

 

片道58ドル、往復だと104ドルです。

 

2〜11人乗りのミニバンでは

 

片道69ドル、往復115.5ドルです。

 

最大3人が乗車できるメルセデスE200では

 

片道92.5ドル、往復162ドルで利用できます。

 

有料シャトルバスはあんまり見かけませんでしたが

 

かなり綺麗な車だと思います。

 

 

 

 

ホテル⇄ホイアン

 

 

こちらは有料となりますが

 

ホテルとホイアンを結ぶシャトルバスがあります。

 

14時にホイアンに向けホテルを出発し

 

21時にホイアンからホテルへ出発します。

 

ホイアンの出発地は指定されたバス停です。

 

シャトルバスはこの時間のものしかありません。

 

料金は片道1人200,000ドン

 

前日までに予約が必要です。

 

 

と思ったら9時半発も書いてありますね。

 

詳しくは問い合わせてみて下さい。

 

 

 

ホテル⇄フエ

 

 

こちらは全くノータッチだったので

 

有料か無料か確かではありませんが

 

ホテルとフエを結ぶシャトルバスもあります。

 

ホテルを9時半に出発し

 

16時にフエからホテルへ出発します。

 

 

 

ホテル⇄ダナン

 

 

無料シャトルバスには

 

ホテルとダナン中心街を結ぶものもあります。

 

朝9時にホテルを出発し

 

ダナン国際空港を経由し

 

ダナン中心街のビンコムプラザに到着します。

 

夕方は15時にビンコムプラザを出発し

 

ダナン国際空港を経由(15時30分)

 

ホテルに到着します。

 

同じ経路で15時30分ホテル発

 

21時ビンコムプラザ発があります。

 

 

 

その他

 

その他にもローカルフレッシュマーケットという

 

シャトルバスもあるみたいです。

 

料金は150,000ドン

 

場所はCau Hai Marketとなっています。

 

 

 

時刻表

 

時刻表を頂いたので載せときます。

 

 

 

 

チェックイン

 

 

ホテルに到着すると

 

ロビーに案内され、お茶とお菓子を出してくれます。

 

また、ランコーの文字が入ったミサンガのプレゼントがあります。

 

 

その後、英語で色々説明がありますが

 

2割くらいしか理解できず

 

適当に頷いてました。笑

 

その際にデポジットとして

 

宿泊料とは別に一旦料金を支払います。

 

トータル1万円だったか

 

1日1万だったかは忘れましたが

 

クレジットカードで支払いができました。

 

このお金はチェックアウト時に返ってきます。

 

説明が一通り終わり

 

部屋に案内されます。

 

その道中もスタッフがいろんな話をしてくましたが

 

こちらが理解できていない感じを出すと

 

向こうも気にしていない様子でした。

 

 

 

部屋

 

 

ホテルの部屋にもいろんな種類があります。

 

山側の部屋だったり、オーシャンビューだったり

 

広いプールが付いていたり

 

こじんまりしたプールだったり。

 

私が宿泊した部屋は下のランクだと思いますが

 

寝室とリビングが分かれており

 

 

小さいプールが付いていました。

 

トイレと浴室は一緒になっており

 

バスタブとシャワー室もあります。

 

トイレにウォシュレットは付いていません。

 

シャワーの水圧は特別強い訳ではありませんでしたが

 

十分でした。

 

部屋の清掃は毎日行われる様子で

 

毎回ミネラルウォーターの補充があります。

 

歯を磨く際も水道水ではなく

 

準備されているミネラルウォーターを

 

使用した方がいいです。

 

ホテルで何をするにも

 

大抵ルームナンバーを聞かれます。

 

最初は口で言っていたのですが

 

めんどくさくなって

 

手に書いて見せるようにしました。

 

これが意外とスタッフにウケていた印象でしたが

 

後々考えると

 

こいつは数字も英語で言えないのかという

 

呆れ顔だったかもしれません…

 

部屋のテレビで各レストランのメニューや価格

 

チェックアウト時にかかる

 

別料金の支払い額を確認することが出来ます。

 

 

 

 

プライベートビーチ

 

 

アンサナランコーには目の前に

 

ビーチが広がっています。

 

リゾート地なのでどれくらい綺麗なのかとビーチに行くと

 

 

デンジャー…

 

なんと目の前のビーチは遊泳禁止。

 

波が高く、海に入っている人がわずかでした。

 

なので透明度も分かりません。

 

泳げる場所もあるみたですが

 

無理は禁物です。

 

ビーチには横になれるビーチチェアもあり

 

海には入れずとも

 

ゆっくり過ごすことが出来ます。

 

 

 

 

 

パブリックプール

 

 

アンサナランコーにはホテルの前に

 

約300mの長さのあるプールがあります。

 

ビーチはあんまり泳げる感じじゃないので

 

宿泊客の多くはプールで過ごしていました。

 

プールサイドにもビーチチェアが並んでいます。

 

タオルの貸し出しがプールサイドにあるので

 

そこでタオルを借りて

 

ビーチチェアで横になれます。

 

ビーチチェアに横になっていると

 

スタッフがドリンクメニューやお水

 

フルーツを持ってきてくれます。

 

水は飲みませんでした。

 

憧れだった海外リゾートホテルのプールでビール

 

 

扁平足です。

 

サイコーです。

 

このプールにはプールバーもあり

 

言うことなしです。

 

私はここで将来の夢の1つを叶えました。

 

 

プールバーでビール。

 

サイコーです。

 

こちらの料金は後払いなので

 

現金やカードがなくても大丈夫です。

 

チェックアウトの際に支払います。

 

プールはホテルの裏側にまで続いており

 

部屋によってはロビーを通らずに

 

直接プールに入ることが出来ます。

 

ホテル裏のプールは人が少なく穴場です。

 

 

浮き輪やボールなどはタオルを貸してくれる所で

 

無料で借りることが出来ます。

 

しかし、ちゃんと返す人が少ないみたいで

 

プールに放置してあることが多いです。

 

 

 

 

バギー

 

 

アンサナランコーの敷地は広大ですが

 

ゴルフカートみたいなバギーで移動することが出来ます。

 

ホテルのエントランスに常にスタッフがいるので

 

行き先を伝えると連れて行ってくれます。

 

 

 

コンビニ

 

 

アンサナランコーにはコンビニもあります。

 

日本みたいになんでもある訳じゃありませんが

 

ビールやお菓子類はあります。

 

部屋に小さな冷蔵庫があるので

 

ビールは常にストックしていました。

 

 

 

 

 

朝食

 

 

 

今回の宿泊プランは朝食付きでした。

 

時間は6時から。

 

ビュッフェ形式となります。

 

ベトナム料理ももちろんありますが

 

オーソドックスなものもあります。

 

 

真中はバインミー

 

小さく、軽く食べれるので

 

毎朝食べていました。

 

 

 

 

レストラン

 

 

アンサナランコーにはレストランがいくつかあります。

 

朝食以外に利用したのがイタリアンのレストラン。

 

要所要所では命ポーズで写真を撮ります。

 

ここのレストランは開放的で

 

 

すごく暑かったです。

 

メニューは英語だったですが

 

グーグル翻訳のカメラ入力で訳すると大丈夫です。

 

パスタ2つとピザ、ビール2つ注文

 

 

これで6000円くらいしました。

 

結構高い…

 

この他にタイレストランに行こうとしたのですが

 

タイミングが合わず、行けず終い。

 

タイレストランはもっと高いです。

 

レストランのメニューは部屋のテレビでも

 

確認することが出来ます。

 

 

 

 

スパ

 

 

アンサナランコーにはスパもあります。

 

私は体験していませんが

 

かなり高級スパだと思います。

 

こちらがメニューです。

 

 

前日までにロビーで予約をするといいです。

 

当日だと結構予約が埋まっている印象です。

 

 

 

 

ジム

 

 

こちらは無料で使用することが出来ます。

 

タオルやウォーターサーバーもあります。

 

ウォーターサーバーの水は飲みましたが

 

大丈夫でした。

 

 

 

 

アクティビティ

 

 

アクティビティには様々な種類があります。

 

私は利用しませんでしたが

 

広大な敷地を利用したバギー運転や

 

水上スキーもあるみたいです。

 

有料以外にも無料のものもあります。

 

自転車はスタッフに確認し

 

無料で使用できます。

 

カヤックは敷地内の池で

 

無料で出来るものもあると思いますが

 

事前に受付が必要です。

 

 

 

 

 

ゲーム

 

 

アンサナランコーにはサッカーゲームや卓球

 

ビリヤード、テレビゲーム等の

 

無料で楽しめるものがあります。

 

私は特にサッカーゲームにはまりました。

 

ビールをかけて勝負をすると盛り上がります。

 

 

 

 

チェックアウト

 

 

チェックアウトも日本と同じ感じです。

 

しかし、英語なので言っていることは分かりません。

 

チェックアウト時にはデポジットの返還があります。

 

私の場合は連れがスパをしたので

 

その料金とプールバーでのビール代が引かれていました。

 

 

 

 

おわりに

 

今回はベトナムはダナン(フエ)にある

 

アンサナランコーホテルに宿泊したので紹介しました。

 

ダナン中心街からかなり離れているので

 

不便かもしれませんが

 

とても満足いくホテルでした。

 

他のホテルに宿泊したことがないので

 

比較できませんが

 

アンサナランコーのスタッフの対応は素晴らしかったと思います。

 

色々迷惑かけましたが真摯に対応して頂きました。

 

ホーチミンから帰ってくる際

 

飛行機が3時間くらい遅延し

 

シャトルバスの最終便に20分遅れましたが

 

ずっと待っていてくれました。

 

私の場合、たまたま日本人学生の職場体験の方がいてくれたので

 

通訳をしてもらいました。

 

見た感じだと2〜3人は日本語が分かるスタッフもいました。

 

交通の便は悪いかもしれませんが

 

すごくオススメなホテルです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です