【ベトナム】有名タクシー会社と配車タクシーはどちらがオススメ?実際に乗った感想を紹介します!!

体調が常に気になる、トリぞーです。

 

今回、初めての海外旅行で

 

ベトナムはダナンに行ってきたので

 

その時使用した、移動に便利なタクシー。

 

ベトナムでは有名なタクシー会社と

 

配車タクシーのグラブがありますが

 

この2つに乗った感想を交えて

 

ベトナムのタクシー事情を紹介しましす。

 

 

 

有名タクシー会社

 

 

ベトナムには有名なタクシー会社が3社あります。

 

黄色い車体の

 

『タクシー・ティエンサー』

 

緑色の車体の

 

『マイリン・タクシー』

 

白い車体の

 

『ビナサン・タクシー』

 

の3社です。

 

 

タクシー・ティエンサー

 

黄色い車体

 

タクシー・ティエンサー

 

地球の歩き方には

 

ダナン市内に多いタクシーと紹介されていますが

 

空港前で客待ちをしているタクシーの中で

 

ティエンシーは居なかったと思います。

 

街中で走っているティナンシーは見かけましたが

 

数は少なく感じました。

 

なので乗っていません。

 

 

マイリン・タクシー

 

緑色の車体

 

マイリン・タクシー

 

このタクシーは空港前に

 

多く停車していました。

 

街中でも多く見かけます。

 

私はベトナム旅行中は

 

配車タクシーと

 

このマイリン・タクシーだけに乗りました。

 

 

 

ビナサン・タクシー

 

ベトナム全土に展開すると紹介されている

 

白い車体のビナサン・タクシー

 

マイリン・タクシーの次に多く見かけました。

 

しかし、乗っていません。

 

ダナンに到着後

 

早速ぼったくってきたからです。

 

 

 

配車タクシー グラブ

 

 

ベトナムでは配車タクシーである

 

グラブが営業しています。

 

グラブに加盟している一般の人などが

 

アプリを通じて現在地に迎えにきて

 

目的地まで送るシステムです。

 

上記の3社より割安であり

 

比較的トラブルが少ないと

 

地球の歩き方には紹介されています。

 

アプリの使い方も検索すると

 

簡単ですよって紹介されています。

 

 

 

有名タクシー会社の実際

 

 

実際にタクシーを使用した時のことを紹介します。

 

ダナンに到着し、最初はハン市場

 

行こうと予定していました。

 

空港からハン市場まではタクシーで15分くらい

 

タクシーはグラブタクシーのみを使用する予定でしたが

 

空港を出て1番最初に声をかけてきたタクシーは

 

ビナサン・タクシー

 

私がハン市場に行きたいと伝えると

 

30万ドンでどうだと言ってきました。

 

日本円で約1500円

 

最終日に空港からハン市場まで

 

マイリン・タクシーを使用した際は

 

9万7000ドンでした。

 

こちらは日本円で約485円

 

乗るわけありません。

 

地球の歩き方では

 

最初に金額を提示するタクシーはぼったくりだと紹介してありましたが

 

到着早々まさにそのぼったくりでした。

 

有名タクシー会社でもぼったくるんですね。

 

このビナサン・タクシーからは旅行中

 

3回くらいぼったくり料金を提示されたので

 

1度も使用しませんでした。

 

 

 

 

運転手との思い出

 

 

私が使用した有名タクシー会社は

 

マイリン・タクシーのみ。

 

うまくグラブのアプリが使えない時に

 

声をかけてきたタクシー会社です。

 

最初はビナサン・タクシーの件もあったため

 

警戒しましたが

 

メータータクシー?

 

と聞くと

 

そうだと言われたので

 

乗ることに。

 

メーターもプラスチックのケースに

 

施錠もしてあり

 

車体も本物だと思ったので乗りました。

 

確かに料金は配車タクシーより割高かもしれませんが

 

この後、私はほとんどマイリン・タクシーに乗ることになりました。

 

最終日にまた、ダナン空港からハン市場に行こうとした際

 

マイリン・タクシーがいたので

 

こちらから声をかけると

 

なんと金額を提示してきました。

 

しかもぼったくり料金。

 

ここも信用ならんなと思い

 

断り続けていたら

 

別のマイリン・タクシーの人が声をかけてきて

 

こっちはメータータクシーだと言ってきました。

 

帰国の飛行機まで時間を無駄にしたくなかったので

 

同じマイリン・タクシーのメータータクシーに乗りました。

 

ハン市場に到着して、料金は9万7000ドン

 

10万ドンを出すと、お釣りを渡さない。

 

お釣りを出せと伝えると

 

困った顔で5000ドンを渡してきました。

 

この時は間違ったのかなとしか思いませんでしたが

 

後々その時のことを考えると

 

運転手は細かいお釣りである

 

3000ドンを持っていなかったのだと思います。

 

なので渋々5000ドン札を渡してくれたのです。

 

さらにこの運転手は

 

下車した時にちょうど雨が降りだし

 

困ってた私たちに道を渡る際

 

傘をさしてくれました。

 

これがかなり嬉しくて

 

さっき受け取ったお釣りの5000円札を

 

渡そうとしましたが受け取らず

 

この時、次の移動でも

 

マイリン・タクシーを使おうと思いました。

 

ハン市場で買い物を済ませて

 

次のチョコレートの店に移動しようと

 

タクシーに手をあげると

 

さっきの運転手がこっちに手を振っているではありませんか

 

しかし、なんと良く見ると

 

別人

 

まぁ、同じマイリン・タクシーだし

 

と思っていると

 

横から今度は本当のさっきの運転手が現れました。

 

手を挙げた運転手には申し訳なかったですが

 

最初の運転手のタクシーに乗車

 

次のチョコレート店に向かいました。

 

店に着くと、次の場所にも送るから待っとくよ

 

的な感じで言ってきました。

 

タクシーに乗ることが結構ストレスだったため

 

この運転手ならありがたいなと思い

 

嫁だけチョコレート店に向かわせました。

 

トランクから荷物を取るのが面倒くさく

 

でも、トランクを預けるほどはまだ信用してないので

 

私は運転手と一緒に嫁を待つことに。

 

この時はグーグル翻訳の精度の高さに気づいていたので

 

私にベトナム語で何か言ってくる運転手に

 

スマホを渡し、翻訳してみることに。

 

 

運「お前は行かないのか?」

 

 

荷物が心配だとは言えず

 

 

「嫁と一緒だと疲れる」

 

 

とグーグル翻訳を通して伝えると

 

オー!と良いリアクション。

 

嫁事情は万国共通なのかな。

 

その後、グーグル翻訳を使い

 

会話を楽しみました。

 

印象的だったの会話は

 

ベトナムは交通ルールを守らない人も多いけど

 

事故が少なく

 

日本は大体交通ルールは守るけど

 

事故が多いとの会話です。

 

そんなこんな嫁が帰ってきたので

 

次の目的地に向かおうとしたところで

 

気づきました。

 

チョコレート店までの乗車料払ってないな…

 

メーターに目をやると

 

ハン市場からそのまま。

 

この運転手はメーターを戻さずに

 

そのまま乗せてくれたのです。

 

なので初乗り代はかからず

 

さらに言うとチョコレート店から

 

嫁がこっちに向かう時

 

なかなか道を渡れずにいると

 

運転手が迎えに言ってくれました。

 

この時は既にかなりの信用を寄せていました。

 

次の目的地も待っていてくれ

 

最後にビンコムプラザまで送ってくれました。

 

道中もグーグル翻訳で会話を行い

 

同い年だったりでさらに意気投合。

 

ビンコムプラザまでしか送れないと言われたので

 

残り少ない現金を全て渡しました。

 

最初は受け取りませんでしたが

 

もう現金は使わないと言うと

 

ニコッと笑って受け取ってくれました。

 

最終日に本当にいい運転手と出会うことができました。

 

この後も運転手は違えど

 

同じマイリン・タクシーに乗りました。

 

空港までのタクシー車内では

 

グーグル翻訳は使いませんでしたが

 

何となくで運転手との会話を楽しみ

 

最後のベトナムを気持ちよく終えました。

 

もし、次回ベトナムに来る機会があっても

 

私は必ずマイリン・タクシーを使います。

 

 

 

有名タクシー+α

 

 

さらに有名タクシーを使う際に

 

知っておいた方いい情報を少し。

 

有名タクシー会社でも平気でぼったくろうとしてくるので

 

絶対にメーターで料金を決めるタクシーに乗りましょう。

 

運転手に英語っぽく

 

 

「メーター タクスィー?」

 

 

と言えば確認できます。

 

さらにメーターにしっかりプラスチックが被され

 

鍵がしてあるかも確認した方がいいです。

 

さらに同じタクシー会社でも

 

クレジットカードが使えない場合もあるので

 

現金がない場合は事前に確認した方がいいです。

 

さらに言うとクレジットを使用する際

 

料金を運転手が手で機械に打ち込みます。

 

なので打ち込まれた料金が合ってるいるか

 

確認した方がいいです。

 

私は最後の最後でこれに気づきました。

 

 

 

配車タクシーの実際

 

 

配車タクシーのグラブ

 

ベトナムで最初に乗ったタクシーです。

 

最初はアプリの使い方がよく分からず

 

何となくで使うと

 

グラブの運転手が現れました。

 

アプリ上には運転手の顔写真が出ます。

 

現れた運転手の顔を見ると

 

写真と同じ。

 

ベトナム語で色々言ってくるけど

 

行き先はアプリに打ち込んでいるので

 

わかっているはずです。

 

車内でも何かと話してくるけど

 

さっぱり分からない。

 

しかも次第にイライラしている様子。

 

そして目的地に着いた途端

 

レシート的なものを渡され

 

怒鳴ってきます。

 

料金はクレジットカードを登録しているので

 

その場で払うことはないはず。

 

何を言っているのか分からず

 

でも怒鳴りは止まず。

 

しかし、次第に何となく

 

金を払えと言っているよう。

 

クレジット払いですが

 

緊張と暑さと怒鳴り声で

 

支払ってしまいました。

 

早速ぼったくられた…

 

最悪のベトナム旅行のスタート。

 

と思っていましたが

 

後日気づいたことが

 

空港からタクシーに乗る際は

 

空港乗り入れ料金も払う必要があるとのこと。

 

最終日に空港からハン市場に行った際も

 

タクシー料金とは別に

 

初日に渡されたレシートを渡されました。

 

 

「(何かこのレシート見たことある…)」

 

 

初日に渡されたレシートは

 

空港乗り入れ料金だったのです。

 

1万5000ドンだからぼったくりにしては

 

控えめだなーと思っていたのです。笑

 

でも言葉も通じないのに

 

そんなに怒鳴らなくても。

 

この初日の出来事でタクシーを使うことが

 

かなりのストレスになりました。

 

ですが、初日のこのトラブル後

 

2回利用したグラブタクシーは

 

ほとんど話さない運転手で

 

料金も割安でよかったです。

 

 

 

おわりに

 

今回はベトナムでのタクシー事情を紹介しました。

 

基本はグラブタクシーが割安で

 

トラブルが少ないとあるので

 

おすすめかもしれません。

 

しかし、アプリが使うのがめんどくさかったり

 

運が良いと専属ドライバーみたいになってくれて

 

良い運転手を見つけるストレスも少なく移動できる場合もあります。

 

具体的におすすめの使い方は

 

空港は客引きのタクシーがウザいので

 

すぐ空港を離れることができるマイリン・タクシーを使い

 

街中はアプリで現在地まで迎えにきてくれる

 

グラブタクシーがおすすめです。

 

たまにアプリで目的地がうまく入力できなかったり

 

料金が表示されない場合もあったので

 

その時はマイリン・タクシーを使う感じが良いと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です