【ベトナム 】地球の歩き方と実際を比較!!ダナンの国際線・国内線空港を利用してきたので紹介します!!

カレーはいなば、トリぞーです。

 

初の海外旅行に行ってきました。

 

場所はベトナム 

 

いろんな経験をしてきたので

 

順番に紹介したいと思います。

 

今回は宿泊先である

 

ベトナムはダナン空港を中心にあれこれを紹介します。

 

『地球の歩き方〜ベトナム〜』に紹介されている事と

 

実際を比較しながら紹介します。

 

 

 

福岡空港→ダナン国際空港

 

 

出発は福岡空港国際線。

 

フライト予定時間は朝8時05分

 

ネットで調べると

 

国際線は2時間前には空港に着くことが良いとあったので

 

朝6時には着いときたい。

 

しかし、家から公共交通機関を使うと

 

早くても到着は6時30分

 

前日までは大丈夫だろうと思っていましたが

 

なぜか出発当日の4時に急に不安になり

 

車で行くか、タクシーで行くか迷う

 

不安なスタート…

 

 

 

福岡空港国際線の駐車場

 

 

結局はタクシーで空港まで向かったのですが

 

車で行くとなると駐車場が必要です。

 

当日はお盆休みの初日

 

午前5時00分、福岡空港国際線の駐車場は

 

空きスペースがちらほら程度

 

 

もし満車だったら

 

駐車場探しに焦っていたでしょう。

 

 

福岡空港チェックイン

 

 

福岡空港が開くのは午前5時から。

 

しかし、4時50分に到着しても空いていました。

 

何と3時間前に到着。

 

初めての海外旅行なので念には念をです。

 

空港ではモニターに時刻表が表示されています。

 

チェックインカウンターはアルファベットで別れており

 

時刻表に表示されているカウンターに並びます。

 

私の場合、他の利用者がちらほらしかいなかったので

 

案内所のスタッフに聞いて、所定のカウンターに行き

 

チェックインしました。

 

 

 

航空チケット

 

 

チェックインにはもちろん航空チケットが必要です。

 

しかし、最近はeチケットといい

 

電子化されているみたい。

 

手元に準備するのは

 

eチケットの控え

 

私の場合はチャーター便だったせいか

 

パスポートだけでチェックインできました。

 

 

 

出国審査

 

 

チェックインした後は、出国審査を受けます。

 

手持ちの荷物をX線に通し

 

金属探知機を通ります。

 

特に難しいことはありませんでした。

 

1つ気をつけるなら

 

液体は100ml以上は持ち込めないので

 

飲み物は破棄されます。

 

 

 

出発ロビー

 

 

チェックインすると航空チケットがもらえます。

 

そこに搭乗口のゲート番号が書いてあるので

 

そこから航空機に乗ります。

 

出国審査では手荷物に

 

飲み物があると破棄されますが

 

出発ロビーにはお店がたくさんあるので

 

そこで色々買い物ができます。

 

少し話は逸れますが

 

ここで飲み物を買うことをお勧めします。

 

ベトナムでなかなか水が買えず

 

大変な思いをしました。

 

 

 

搭乗

 

 

あんまり気をつけることもないのですが

 

私が乗ったジェットスターでは

 

シート番号が15以下が前から搭乗し

 

16より後ろは航空機の後ろから搭乗します。

 

 

 

ダナン国際空港

 

 

福岡からベトナムはダナンまで

 

約4時間のフライトです。

 

気温は日本の暑い日とあんまり変わりませんが

 

肌がジリジリする陽射しです。

 

こちらでも日本同様、到着するとバスに乗り

 

 

空港に向かいます。

 

エアコンが効いてなく、すっごく暑い…

 

 

 

入国審査(イミグレーション)

 

 

空港内に入ると最初に入国審査があります。

 

審査のゲートはベトナム人用と

 

外国人用があります。

 

日本人は外国人なので

 

電光掲示板に表示されている

 

『Foreigner(外国人)』

 

に並びます。

 

地球の歩き方では『Aall Passport』

 

に並ぶと紹介されています。

 

ダナンは今注目されているせいか

 

外国人が多く、列はすごく並んでいました。

 

でも、途中で新しいゲートが急に開く場合があるので

 

その場合はさっと新しいゲートに行くと

 

早く入国審査を受けることができます。

 

入国審査ではパスポートを渡すだけで

 

特に会話をすることはありません。

 

地球の歩き方では帰りのeチケットが必要と

 

紹介されていましたが

 

私はパスポートだけで日本からきたので

 

帰りのチケットの提示は求められませんでした。

 

 

 

税関審査

 

 

地球の歩き方では税関審査があると紹介されています。

 

申告が必要なものがあると

 

写真の申告書に記入し

 

提出しなければならないとのこと。

 

私の場合

 

『1000万ドン(5万円)以上を超えるビデオカメラ』

 

当てはまったので

 

申告書を書かないといけないはずが

 

審査するところも分からず

 

外に出てしまいました。

 

滞在中に帰りの空港で

 

 

「申請してないから罰金」

 

 

とか言われたら…

 

と頭によぎりましたが

 

ベトナムから出国の際も

 

何もありませんでした。

 

 

 

ダナン空港 国内線

 

 

今回はダナンから片道1時間20分の

 

ホーチミンも行ってきました。

 

ダナン空港の国内線は

 

国際線の横にあり

 

外に出て5分くらい歩くと到着します。

 

 

 

ジェットスター モバイルチケット

 

 

ベトナムの国内線もジェットスターを使いました。

 

ジェットスターでは

 

オンラインチェックイン

 

というものがあります。

 

フライト予定時刻の48時間前から

 

スマホやパソコンでチェックインをすることができます。

 

今回のフライト予定時刻は9時30分だったのですが

 

チェックインカウンターは長蛇の列

 

しかも中々進まない。

 

私はオンラインチェックインをしていたので

 

並ばずにすみました。

 

 

しかし、事前に問題が発生していました。

 

スマホでオンラインチェックインをすると

 

画面にQRコードが表示されると

 

ジェットスターのホームページに紹介されていましたが

 

そのQRコードが表示されない

 

表示されるのは日程表のみ。

 

このままでは飛行機に乗れないかも…

 

オンラインチェックインは

 

『済み』になっていたのですが

 

早めに国内線に行き

 

ジェットスターのスタッフに聞く

 

 

「オンラインチェックイン オッケー!」

 

「バット、ノーQRコード!!」

 

 

スマホ画面を見せながら

 

ほぼ英語が分からない私は必死なって訴えます。

 

しかし、相手が何を言っているのか分からない…

 

そこでタッチパネルの機械が目に入りました。

 

これは予約番号を入力すると

 

チェックインカウンターに並ばずに

 

チックインをすることが出来るものです。

 

チェックインはオンラインチェックインで済んでいましたが

 

試しにもう1回

 

このタッチパネルの機械でチェックインをしてみます。

 

すると、順調に進み

 

航空チケットが出てきました。

 

そこにはバーコードも印字されています。

 

ですがQRコードじゃない…

 

でも、これで行けるのか!?

 

と思い、またスタッフに尋ねます。

 

航空チケットを見せながら

 

 

「チェックイン オッケー!?」

 

 

スタッフは頷くだけでしたが

 

大丈夫そう。

 

搭乗検査に向かい

 

航空チケットとパスポートを提示すると

 

通過できました。

 

国内線ですが外国人なので

 

パスポートが必要みたいです。

 

 

 

搭乗検査

 

 

国内線の搭乗検査も

 

国際線とあまり変わりはありません。

 

荷物をケースの上に乗せてX線に通し

 

自分は金属探知機を通ります。

 

しかし1つ違うことが。

 

ベトナムの国内線では

 

脱ぎX線を通します。

 

裸足で金属探知機を通って

 

靴を履きます。

 

床は恐らく綺麗です。笑

 

 

 

出発ロビー

 

 

出発ロビーも特に迷うことはありません。

 

 

モニターに映る時刻表とチケットに書いてある

 

搭乗ゲート番号をチェックし

 

航空機に搭乗します。

 

 

 

ホーチミンの空港

 

 

ホーチミンまでは片道1時間20分

 

無事到着し、すぐ外に出れます。

 

今回は日帰りでホーチミンを訪れたので

 

その日にダナンに戻る予定。

 

なので帰りの分もタッチパネルでチェックインをしようと

 

タッチパネルで操作しますが

 

出てきたチケットは行きのチケットとなんか違う…

 

スタッフに確認すると

 

詳しくはわかりませんが

 

チェックインはまだ出来ないと言っている感じ。

 

タッチパネルの機械でのチェックインは

 

48時間前ではないみたいです。

 

そもそもオンラインで

 

すでにチェックインは済んでいるのだが…

 

 

 

ホーチミンの空港→ダナン空港

 

 

予定を済ませn

 

空港に戻ってきて、タッチパネルでチェックイン

 

搭乗検査へ。

 

ホーチミンは大きい街なので

 

ダナン空港より混雑してました。

 

検査を終え、出発ロビーで時刻表を確認すると

 

乗る航空機が2時間の遅延…

 

地球の歩き方でもベトナムでのLCCは

 

遅延が多いと書いてありました。

 

ダナンからホーチミンでは遅延はありませんでしたが

 

ホーチミンからダナン行きでは

 

乗る予定の航空機以外も

 

ベトナム航空を始め

 

全部の航空会社に遅延がありました。

 

でも、ベトナム航空の遅延は1時間もなかった気がします。

 

今回、2時間の遅延で

 

トータル5時間近く空港にいました…

 

しかも途中で搭乗ゲートも変更。

 

疲れました…。

 

 

 

ダナン国際空港→福岡空港

 

 

5日間のベトナム旅行を終え

 

日本に帰国です。

 

フライト予定時刻は深夜0時55分

 

ホテルは昼にチェックアウトだったので

 

半日ダナンで買い物をしました。

 

ホテルの日本人スタッフから

 

 

「荷物は空港に預けることができますよ」

 

 

と教えてもらっていたので

 

空港に向かいましたが

 

預けることは出来ませんでした。

 

 

ダナンで買い物を済ませ

 

チェックインが開始される21時30分には

 

空港に到着。

 

帰りもチャーター便のため

 

列は日本人ばっかり。

 

旅行中いろんなトラブルがあったため

 

日本人に囲まれると

 

安心します。

 

少し遅れてチェックインが始まり

 

続いて出国審査へ。

 

 

 

出国審査

 

出国審査は入国審査と同様

 

Foreignerと書かれている列に並び

 

パスポートを出し通過。

 

心配した税関申告も何にもなし。

 

 

 

X線検査

 

 

無事出国審査を終え

 

最後に荷物をX線でチェックします。

 

そこでまさかの呼び止め

 

言葉は分かりませんが

 

 

「何かバッグに入れてるだろ!?」

 

 

と言っているよう。

 

私には思い当たる節が…

 

 

「ビア…」

 

 

 

ビール好きな私は

 

ベトナムで散々ビールを飲みあかし

 

さらにお土産でビールを2本

 

手荷物に忍ばせていたのです。

 

税関的にはセーフですが

 

手荷物に入っているのでアウト。

 

その場で没収です。

 

 

5日間で外国人と接しまくり

 

陰キャラの私は陽キャラとなり

 

 

「ユー ドリンク!?」

 

 

中学生並みの英語で一発かましてやりました。

 

するとさすが外国

 

 

「当たり前だろ!グッパイ、ジャパニース!!」

 

 

最高の返しです。

 

 

ビールと水は没収されましたが

 

無事、出国審査も通過し

 

出発ロビーへ。

 

 

出発ロビー

 

 

出発ロビーまでも迷いません。

 

しかし、ここでもトラブルが。

 

またもや2時間の遅延。

 

チャーター便でも遅延するんですね…

 

出発ロビーは人でいっぱいなので

 

中々座れませんでした。

 

出国審査が終わり

 

確実に座りたかったら

 

すぐに出発ロビーに行く方がいいかもですね。

 

出発ロビーには小さいお土産の店と

 

ファーストフード店もあります。

 

 

もうこの時はビールを飲む気は無かったのですが

 

没収されたため

 

急に飲みたくなり売店で購入。

 

 

これがベトナム最後のビールとなりました。

 

 

 

福岡空港(入国)

 

無事、福岡空港に着陸し

 

順路に沿って入国審査を受けます。

 

ここでもパスポートを提示

 

次に何とここでようやく

 

税関審査がありました。

 

 

税関審査

 

 

税関審査は日本に入国する

 

全ての人が対象です。

 

難しそうなイメージがありますが

 

例に沿って書くと簡単です。

 

税関申告には

 

ビールは750ml程度が3本までとありましたが

 

ベトナムを出国する際、没収されたので

 

該当せず。

 

というか2本だけだったので

 

預け荷物に入れていたとしても

 

申告は不要です。

 

申告書を書いたら

 

申告所にいるスタッフに渡し

 

少しだけ質問に答え、無事通過。

 

日本語なので楽勝です。

 

これで福岡の地に帰ってきました。

 

しかし、最後のオチで

 

ベトナムでは厳重に荷物管理をしていたですが

 

福岡に着陸した際、乗ってきた航空機に

 

帽子を忘れてしまいました。

 

しかし、ここは日本

 

すぐにスタッフに事情を話し

 

待つこと30分

 

 

スタッフ「探したけどありませんでした」

 

 

無事、無言で帰宅しました。

 

 

 

おわりに

 

今回はベトナムはダナンを中心に

 

国際線・国内線の利用を紹介しました。

 

トラブルも多かったですが

 

英語が話せずとも、何とかなるものです。

 

ただ、日本のスタッフを頭に思い浮かべ

 

現地のスタッフに接すると

 

カルチャーショックがあります。

 

現地スタッフの対応は

 

本当にすげー面倒くさそうです。

 

私が英語が話せないからではなく

 

そもそも客に対応すること自体面倒くさそうでした。

 

笑顔なんてありません。

 

それを頭に入れて必要な時はスタッフに質問して下さい。

 

英語ができなくても

 

グーグル翻訳で短文を入力し

 

それを見せながら質問すると伝わりやすいです。

 

次回もいろんな体験を紹介します!

 

つづく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です