【海外旅行】初めての海外旅行・ベトナムでのレストラン!ベトナム語で注文!

トリぞーです。

 

初めての海外旅行が決まり

 

今はそれに向け絶賛勉強中です。

 

行き先はベトナム。

 

前回はダナン空港から

 

ダナン中心地までの交通手段を勉強しました。

 

【海外旅行】ベトナム・ダナン空港から市街地への交通アクセスを紹介します!

 

今回はレストランでの注文の仕方などを勉強します!

 

 

ベトナム語

 

 

ベトナムは多くの民族がすむ多民族国家です。

 

公用語はベトナム語となります。

 

しかし、ひと口にベトナム語といっても

 

北部、中部、南部ではそれぞれ発音に違いがあります。

 

北部の発音は濁音が多く

 

南部に行くにつれて、発音は柔らかくなりますが

 

文法や単語にそれほど違いはありません。

 

現在、公用語として一般的に使われているのは

 

ハノイを中心とした北部の言葉です。

 

また、ベトナム語の最大の特徴は

 

前置詞や女性名詞、男性名詞だどによる

 

語形変化がなく

 

動詞や形容詞、時制の変化すらありません。

 

また、日本語のような敬語表現もありません。

 

 

 

基本会話

 

ベトナム語の基本会話といくつか書きます。

 

・こんにちは

 Xin chao.

 シン チャオ

 

・ありがとう

 Cam on

 カム オン

 

・ごめんなさい/すみませんが…

 Xin loi

 シン ローイ

 

・さようなら

 Tam biet

 タム ビェット

 

・はい/いいえ

 Vang/Khong

 ヴァン/ホン

 

 

 

ベトナムでの英語

 

 

基礎中の基礎である

 

ベトナム語をいくつか書きましたが。

 

やっぱり初めての言語は難しい。

 

英語だとなんとなく発音は分かったりしますが

 

ベトナム語はそーわ行きません。

 

とは言っても世界共通語は

 

 

英語 English

 

 

ベトナム語が話せなくても…

 

と思いながらサラッとgoogle先生に聞いてみると

 

 

google「街中は英語通じへんで」

 

google「そもそも自分、英語話せへんやろ?」

 

 

はい、英語はほぼ話せません。

 

パッと思い浮かぶ英語といったら

 

Two beer  ビール2つ

 

 

そして驚いたことに街中では英語が通じない様子。

 

でもよくよく考えると

 

日本でも英語通じませんよね…

 

日本で渋い蕎麦屋に入っても英語が通じない様に

 

ベトナムでも街中のレストランなどは

 

英語が通じないことが多いとのこと。

 

そしてタクシーも通じないことがあるとか。

 

日本のタクシーでも英語は通じなさそうですもんね…

 

 

でも日本人はどうにかして理解しようとする人が多い印象ですが

 

ベトナム人は言葉が通じないとそっぽ向かれるとか。

 

これは最低限のベトナム語を思えないといけない…

 

 

 

ベトナムのレストランにて

 

 

前回の勉強で無事

 

ダナン中心地に到着しました。(妄想)

 

ダナンには現地時間で朝9時には到着している予定なので

 

朝ごはんを食べないといけません。

 

 

朝ごはんはやっぱりパンとコーヒーがいいですね。

 

それっぱい店があったので、入ってみます。(妄想)

 

 

「2 nguoi」(ハイ ングーイ)

「2名です。」

 

 

朝ごはんはやっぱりパンとコーヒーですね。

 

 

「Anh cho toi 2 Banh mi」(アィン チョー トイ ハイ バインミー)

「バインミー2つ下さい。」

 

 

バインミーとはベトナム版サンドイッチです。

 

それとコーヒーも欲しいですね。

 

 

「Anh cho toi 2 ca phe da」(アィン チョー トイ ハイ カフェ ダー)

「アイスコーヒー2つ下さい」

 

 

ここで注意

 

ベトナムでは水の他に

 

氷も食べない方がいいとのことですので

 

 

「Khong da」(コン ダー)

「氷抜きで」

 

これで朝食は食べることが出来ます!

 

多分!

 

支払いをするときは

 

 

「Chi oi, tinha tien gium」(チ オイ,ティン ティエン ズム)

「店員さん、お勘定」

 

 

これで朝食は完璧です!

 

多分。

 

 

おわりに

 

今回はベトナムで朝食をとるところを

 

妄想しました。

 

書きながら気づいたのですが

 

ベトナム語でNoの意味がある

 

Khong 

 

最初はホンという発音だと思ったのですが

 

氷抜きと言う場合は

 

Khong コン

 

との発音になっていました。

 

最初のKhong ホンは単体で使うとき

 

次のKhong コンは名詞がいらないと言う場合

 

Khong da 氷はいらない

 

No ice みたいな。

 

これは私の想像ですので

 

現地で試してみたいと思います!!

 

勉強は続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です