【宗像】福岡県宗像市の道の駅むなかたで夜の一献を揃える旅!!

豆腐はやっぱり木綿、トリぞーです。

 

今回は福岡県宗像市にある

 

道の駅むなかたに行ってきたので紹介します。

 

 

道の駅 むなかた

 

 

道の駅むなかたは福岡県宗像市にある道の駅です。

 

事前情報では福岡県で一番人気がある道の駅

 

だとか

 

魚介類が豊富な道の駅と

 

すごく期待感高まる道の駅です。

 

 

所在地・駐車場

 

 

所在地は福岡県宗像市江口1172番地。

 

釣川という川の河口近くにあります。

 

駐車場は人気の道の駅にしては少し狭いですね。

 

 

日曜日の午前10時に到着したのですが

 

すでにほぼ満車、ギリギリ駐車することができました。

 

 

店内

 

 

店内もそんなに広くはありませんでした。

 

まず最初に目に飛び込んできたのは魚介!

 

ではなく、おそらく地元の方々のハンドメイドコーナー

 

 

道の駅には必ずと言っていいほど、こんなコーナーがあります。

 

私はほとんど買うことはないですが、見るのは好きなので

 

一通り眺めていると

 

 

ハンドメイドルアーがありました。

 

近くに河口があるので、スズキやクロダイとかが釣れるんでしょうね。

 

価格は2000円、B級品もあり、こちらは塗装ムラ等があり1800円です。

 

ちなみに、私もハンドメイドルアーに挑戦したことがあるのですが

 

なかなか難しいので挫折中です。

 

でもいつかは自分のルアーで魚を釣ってみたいですね。

 

 

次に本命の魚介類をチェック

 

 

 

コレはテンションが上がる品揃えですね!

 

鯛がメインでクロダイやヒラメ、ハタなど

 

大きい魚がたくさんです。

 

またその他にもオコゼだったり

 

 

サメの刺身もありました。

 

多分その辺の魚屋よりも種類が多いと思います。

 

また、タコやイカ

 

貝類ではサザエ、ちょっとわからない貝もありました。

 

そしてここの道の駅むなかたでは品切れになっても

 

次から次へと商品が補充されます。

 

実際に来店した時はイカが売り切れでしたが

 

30分くらいすると補充されていました。

 

新鮮の魚介類の他に、加工品も充実しています。

 

 

 

日本酒

 

 

道の駅むなかたには数種類の日本酒が販売されていました。

 

沖ノ島にちなんだ日本酒や宗像の名前が入った日本酒がありました。

 

日本酒好きの私ももちろん購入。

 

 

その他

 

その他には野菜や肉類、豆腐なども販売されていました。

 

魚介類が豊富な分、野菜や肉類は少ない印象です。

 

 

 

レストランおふくろ食堂はまゆう

 

 

道の駅むなかたには食堂も併設されています。

 

ここも人が多く、開店は11時ですが、すぐに行列ができていました。

 

ここの食堂は自分で好きなおかずを取る学食みたいな感じです。

 

メニューもかなり豊富

 

 

刺身を始め

 

 

刺し盛り

 

 

揚げ物や煮つけなどなど

 

 

デザートもあります。

 

そ他にもカレーや海鮮丼もあり、すごく悩んでしまう食堂です。

 

悩みに悩み、選んだメニューは

 

 

イクラ、マグロ、カンパチの海鮮丼

 

コレは奥様です。

 

私はカレイの煮付けにご飯、なぜかエビチリをチョイス。

 

カレイの煮付けは美味しかったですが

 

エビチリの下にキャベツが敷いてあり

 

キャベツからの水分で味が薄く、残念でした…

 

全部で2000円、かなり満足です。

 

 

他の施設

 

 

敷地内には別館でお土産屋さんやパン屋、アイス屋もありました。

 

写真の下にはスポーツ自転車が停めれるスペースもあり

 

海沿いのツーリングも良さそうですね。

 

 

おわりに

 

今回は福岡県宗像市にあります

 

道の駅むなかたに行ってきたので紹介しました。

 

事前情報通り、魚介類が豊富であり

 

食堂のご飯も美味しく、すごく満足できる道の駅となっています。

 

今回はサザエ、イカと鯛の刺身、寄せ豆腐、コーン、豚のタンを購入し

 

夜に日本酒と一緒にいただきました。

 

 

サイコー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です