【菅原道真】左遷の背景〜やっぱり嫉妬が原因!藤原時平の嘘で太宰府へ〜

福岡

パンケーキ食べたい♩パンケーキ食べたい♩トリぞーです。

 

前回は菅原道真の周りに蠢いている嫉妬を紹介しました

【菅原道真】出世街道まっしぐらの道真!しかし、それを妬む人多すぎいぃぃ!!

 

今回は菅原道真が実際に太宰府へ左遷されることとなった背景を紹介したいと思います

 

 

藤原時平の陰謀

 

順調に出世していった菅原道真

それと同じくして出世街道にいる藤原時平

 

菅原道真は学者出身としては稀な大臣の位を占めていました。

そして、道真の影響を受けた門下生たちも朝廷内の官人として重要な位置を占めていました

 

時平「オレも出世はしてるけど、道真派多すぎぃ」

 

自分の権力保持に危機感を覚えてきた時平は道真を失脚させようと機会を狙っていました

 

 

道真と時平

 

学者出身でありながら大臣を占めていた道真。

道真は学者としての純粋さがその人格として尊敬されていました。

しかし、政治家としての素質には欠ける人物でした

冷静さを失わず、現実を受け止め、物事や人間に対して客観的に見る力が乏しかったのです。

 

時平は時平で、学問に対する尊敬や人間としての教養の深さは見られません。

藤原家という看板を利用して自分の欲を満たす親の七光り代表でした。

 

 

 

 

昌泰の変

 

朝廷の人間が道真派に傾く中、時平は道真を失脚させようと醍醐天皇にをつきます

 

時平「醍醐さん、道真に娘いるの知ってます?」

醍醐天皇「あー、いい子らしいじゃん」

 

時平「道真って宇多さんと仲よかったじゃないですか?」

醍醐天皇「親父と?そーねー」

Sponsored Links

 

時平「噂なんすけど、醍醐天皇の弟っちと道真の娘っちを結婚させるらしーっすよ」前髪イジリー

醍醐天皇「マジで?!そしたら次期天皇って弟!?」

 

時平「次期とか言ってる暇ないっすよー、道真も娘使ってやるっすねー」前髪クネリ−

醍醐天皇「おのれ道真め、許せん!!」

 

時平「(楽勝っしょー!!)」

時平から話を聞いた醍醐天皇は宣明を出します。

 

『右大臣菅原朝臣は寒門より俄かに大臣にとりたてられたのに、止足の分を知らず、専権の心があり、侫諂の情をもって上皇を欺き、廃立を行なって、父子の慈を離間し、兄弟の愛を破ろうとする。うわべの詞はおだやかであるが、心は逆である。』

 

『道真は貧乏で家柄も良くないところから、たまたま一気に出世しただけなのに、調子に乗ってまだ権力を欲する腹黒野郎です。父である宇多上皇にゴマすりして騙し、娘を使って弟を次期天皇にしようとしています。そんなことしたら家庭崩壊。優男のなりしてクズです。』

 

 

時平「(うひょー!やっちゃったねー醍醐ちゃん!)」

 

 

道真 左遷

 

突然このような宣明が発表され、道真は失脚することになります

昌泰4年(901)1月25日、道真は大宰権師(だざいのごんのそち)に左遷させられました。

 

 

大宰権師とは大宰府の長官代理とされ、中央で失脚した大臣経験者の左遷の受け皿的な官位です。

このことは宇多上皇には全く知らされていませんでした。

 

驚いた宇多上皇は醍醐天皇に処分の停止を訴えるために駆けつけますが、門の所で待機していた藤原菅根が頑として醍醐天皇に取り次ごうとせず、上皇は呆然と門前に立ち尽くしました。

 

時平「サンキューでーす!菅根っち!」

菅根「上司の言うことは絶対ですから」ニヤニヤ

 

 

つづく

 

今回は道真の左遷の背景を紹介しました

こんなことで今まで築き上げてきた信頼や地位が崩壊するんですね。

現実の社会でも起こりそうな出来事ですね

 

次回は左遷された道真がどのような気持ちや方法で、福岡県太宰府に行ったのかを紹介したいと思います。

続きの記事はこちら。

【菅原道真】太宰府へ左遷!その時の心中は?道中は?生活は?紹介します!!

 

つづく!!

Sponsored Links

コメント