【菅原道真】出世街道まっしぐらの道真!しかし、それを妬む人多すぎいぃぃ!!

朝はパン、パンパパン、トリぞーです。

 

前回は京へと凱旋した道真が

 

遣唐使派遣を中止したところまでを紹介しました。

【菅原道真】阿衡の紛議を見事解決!!京に戻った道真は順調に出世の道へ!!

 

遣唐使派遣の中止はズバリ、ナイスな判断でした。

 

そして更に道真は出世して行きます。

 

しかし、周りは面白くありません。

 

道真は嫉妬の渦に巻き込まれます。

 

 

出世街道まっしぐら

 

遣唐使派遣の中止後、道真の出世は飛ぶ鳥を落とす勢い

 

 

寛平6年(894)12月に侍従

 

寛平7年(895)2月に近江守

 

同年10月に中納言

 

次の月には春宮坊(とうぐうぼう)の長官を兼ね

 

寛平9年(897)8月に大納言に任じられました。

 

その際に武官の最高位である、右近衛大将(うこんのえだいしょう)を兼務しました。

 

それぞれの役職を軽く説明します。

 

侍従

侍従(じじゅう)とは天皇のそばに仕える役人です。秘書的な感じでしょう。

 

天皇のお世話をします。

 

 

近江守

1度、讃岐守になったことがある道真

 

菅原家の家柄はそんなに位が高い訳ではなく

 

通常だといくつかの国守を経験して隠居するのが通例でしたが

 

異例の出世を果たしました。

 

 

中納言

中納言とは当時の最高国家機関の官職の1つです。

 

地位としては従三位相当になります。

 

凱旋した道真は左中弁を兼ねており、正五位上だったため出世しています。

 

 

大納言

中納言の更に上の地位です。

 

道真は2年で中納言から大納言へ出世しました。

 

 

春宮坊

春宮坊とは皇太子の生活全般をお世話する役人です。

 

これによって次期天皇への繋がりもできるのかもしれませんね。

 

 

右近衛大将

右近衛大将とは宮中の防衛の最高責任者です。別に左近衛大将もいます。

 

地位としては中納言と同じ従三位となります。

 

 

新政府

 

当時の貴族社会では家柄によって出世には限度がありました。

 

しかし、それを無視してどんどん出世していく道真に対し

 

周りの貴族は恐れをなしたと言われています。

 

そんな貴族社会でもっとも力を持っていた人物が

 

藤原基経

 

その長男である藤原時平(ふじわらのときひら)

 

道真と歩調を合わせるように大納言に昇格し

 

2人で左・右近衛大将を兼務しました。

 

この歳に宇多天皇は皇太子の敦仁(あつひと)親王に譲位しました。

 

道真と時平は新天皇の醍醐(だいご)天皇の下で働き始めます。

 

 

 

暗雲立ち込む新政府

 

天皇の座を譲った宇多天皇ですが

 

この時はまだ31歳、アラサーです。

 

その譲位は危ういものがありました。

 

また、道真の相棒である時平もまだまだ若造であり

 

道真1人で政府を束ねなければいけませんでした。

 

それに対して全く面白くない御三方がいます。

 

権大納言の源光(みなもとのひかる)

 

中納言の藤原高藤(ふじわらたかふじ)

 

同じく中納言の藤原国経(ふじわらのくにつね)です。

 

権大納言の権とは仮の意味があり

 

御三方は家柄は道真より良いものの

 

位は低かったのです。

 

 

高藤「何でアイツだけしゃしゃってるわけー?」

 

国経「タワマンにすら住んだことないヤツが頭だけ高けーんだよ!」

 

 

 

道真 嫉妬されまくり

 

特に道真の出世が気に食わない藤原家からは

 

めちゃくちゃ嫉妬されます。

 

そんな時、こっちにも出世にメラメラ燃えている人物が

 

三好清行(みよしきよつら)です。

 

彼は54歳で文章博士になりましたが

 

その出世も藤原家あってのものでした。

 

 

清行「もっと出世したいけど、藤原家の人たちメッチャ機嫌悪す!」

 

藤原家「道真ウゼー」

 

清行「藤原家の機嫌を取ったら出世できるかも!」

 

 

清行は道真を政界から追い出す方法を考えます。

 

 

清行「道真を追い出す良い方法が思い浮かばない…誰か良い案を…」

 

同僚「道真様〜、道真様〜」

 

清行「ちっ、周りの同僚は皆んなジャンキーで使えねぇ」

 

 

清行を取り巻く文人は道真の門下生が占めていました。

 

その頃の詩宴では

 

 

道真「今日はいい詩が多いですね〜良き良き」

 

清行「道真様、私の詩はどうですか!?」

 

道真「(コイツ確か藤原家の金魚のフンやったな、めんどくせー)」

 

道真「あ、いいんじゃない?はい次ー」

 

清行「…」

 

 

藤原家側であることが理由なのか

 

清行は道真の接し方に冷たさを感じており、限界がきます。

 

 

清行「えーい!もー我慢ならん!直談判だ!」

 

 

清行は道真に手紙を送ります。

 

『明年は辛酉で、革命の年に当たるから運命を慎まれよ、分を知り、職を辞して、風情を烟霞にしてほしい。』

 

『(今までは皆んな、何か心が荒んでましたなー。これからは陽気な年になりそうだし、道真様はノリについて来れないかもですよ?隠居してぼんやりと自然でも見てて下さいな。)』

 

 

 

つづく

 

こんな手紙を送りつけるなんて

 

よっぽど道真が嫌いだったんでしょう。

 

しかし、道真を嫌う人はどんどん多くなります。

 

唯一の味方である宇多天皇も譲位し、上皇になってしまいました。

 

相棒である時平は七光りのバカ息子

 

道真はこれからどうなるのでしょう?

 

つづく!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です