【令和】ブラタモリで放送された太宰府を散策!坂本八幡宮が激混み!

コーヒーは超深入り、トリぞーです。

 

お正月にブラタモリで太宰府が放送され

 

ようやくタモリさんと同じルートで散策することが出来ました。

 

そして今回は、新元号令和に伴って話題となっている

 

坂本八幡宮にも行ってきたので紹介します。

 

 

太宰府 右郭一坊

 

ブラタモリでの太宰府散策のスタートは

 

大宰府 右郭一坊

 

古代の太宰府では碁盤目状に道路を走らす都市計画が行われました。

 

東西の道を条路、南北の道を坊路と言います。

 

また、大宰府政庁跡から南につづく道を朱雀大路といい

 

この大路の東側を左郭、西側を右郭と言います。

 

なので右郭一坊とは

 

朱雀大路の1つ西側にある南北に伸びる道です。

 

ここは菅原道真が通ったとされている道でもあります。

 

 

ここから北に進むと大宰府政庁跡があります。

 

榎社

 

右郭一坊を北に進みます。

 

ヤマダ電機の隣の細い道を進み、

 

 

法務局を右手にしてさらに北へ。

 

 

たたらばしを渡ると西鉄大牟田線の踏切があり

 

鳥居が見えてきます。

 

 

これが榎社です。

 

 

ここはあの学問の神様

 

菅原道真が住んでいた場所と言われています。

【菅原道真】学問の神様である菅原道真は3つの顔を持っていた!?

 

菅原道真にゆかりのあるの字が入っている石碑もあります。

 

 

 

朱雀大路

 

榎社をさらに北へ進みます。

 

古代の太宰府では碁盤目状に都市開発されましたが

 

現在はまっすぐな道ではありません。

 

榎社の右側の道を北へ進むと、やや右側へと曲がっています。

 

そのまま進むと朱雀大路交差点の右隣の交差点に出ます。

 

地図を見ると右側へと曲がる所の直線上に朱雀大路交差点があります。

 

 

 

朱雀大路とは古代の都市の中心にある大きな道です。

 

 

大宰府政庁跡

 

朱雀大路交差点を北へ進むと

 

大宰府政庁跡に到着します。

 

 

ここには大陸との外交や貿易を担う大宰府がありました。

 

現在は広い公園のようになっており、花見客や子供連れの家族がたくさん。

 

奥にある平らな山が四王寺山です。

 

四王寺山には日本最古の山城である

 

大野城が建設されました。

 

白村江の戦いに日本が破れ、中国が攻めてくると思われ

 

中国の侵略を防ぐための山城です。

 

大宰府政庁跡の入り口に案内の石碑があるのですが

 

 

本来、古代の物に使用されるダザイフは『大宰府』と表記されるのですが

 

なぜかここは『太宰府』と表記されています。

 

この矛盾はブラタモリの放送内でもタモリさんが指摘していますが

 

太宰府市職員は

 

「そこを責められると…」

 

と返しています。

 

大宰府政庁趾内にある案内には

 

『大宰府跡』と表記されています。

 

 

あまり見所はないかもしれませんが

 

外で弁当を食べたり、昼寝するには最高の場所だと思います。

 

 

 

 

大宰府展示館

 

大宰府政庁跡の右側に

 

大宰府展示館という建物があります。

 

ここは大宰府にまつわる資料が展示されており

 

令和で話題となった大伴旅人が開催したと言われる、

 

お茶会のジオラマがあります。

 

 

青い服を着た人に躍動感があったため、この角度で写真を撮りましたが

 

 

大伴旅人は梅の樹に被ってる黒い服の人でした。

 

このお茶会で読まれた詩の一節から

 

令和という元号が決まりました。

 

 

坂本八幡宮

 

令和という元号の元になった詩を詠んだ

 

大伴旅人

 

この人の住まいがあったとされる場所が

 

今、話題沸騰の神社

 

坂本八幡宮

 

 

人多すぎ…

 

新元号が発表されて最初の週末ということで

 

かなりの参拝者がいました。

 

 

小規模な神社ですが、新元号ブーム恐るべし。

 

境内には大伴旅人の詩が彫られた石がありましたが

 

 

なんのこっちゃ分かりません。

 

神社の隣に梅がありましたが、誰も関心がない様子だったのでパシャり

 

 

場所は大宰府政庁の左側にある坂道を登るとすぐです。

 

駐車場はいくつかあるみたですが、どこも満車に近いです。

 

 

人が多い上に道が少し狭いため、運転には注意が必要です。

 

 

おわりに

 

今回はブラタモリで放送された太宰府散策コースから

 

新元号令和で話題の坂本八幡宮までを紹介しました。

 

坂本八幡宮は平日でも観光客の方が多く

 

混雑が続くと思われますが

 

右郭一坊から榎社まではガラガラでした。

 

せっかく遠方から観光で来られても

 

太宰府天満宮や坂本八幡宮だけで終わるのは勿体無いです。

 

もっと歴史ある太宰府を楽しんで頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です